軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

ホンダ 「N360」の復刻版を3月に発売  

ホンダ 「N360」の復刻版を3月に発売
ホンダ初の本格的量産型乗用車「Nコロ」が復刻

N360-1.jpg
 ■ 「N360」の復刻
N360-2.jpg

軽自動車巻き返しのシンボル

ホンダが、1960年代に一世を風靡(ふうび)した同社初の軽自動車「N360」の復刻版を来年3月に発売することが、3日わかった。
同社は今後、エンジンや車台を一新した新型の軽自動車を「N」シリーズとして展開することを決めている。N360を復活させ、軽自動車巻き返しのシンボルに位置づける。

N360復刻版は、2009年の東京モーターショーで電気自動車「EV-N」として出展したが、今回新たにガソリンエンジン車としてデザインなども変更して発売する。車名は現在検討中だが、N360の当時の愛称の「『Nコロ』も候補のひとつ」(ホンダ幹部)という。

新たに発売するNシリーズは、N360からNの車名を踏襲することで、軽自動車を一から作り直そうという強い意気込みが込められている。
第1弾として、12月中旬にワゴンタイプ「N BOX」を発売。これに続くN360復刻版はセダンタイプで、車種の幅を広げるとともに、シリーズのシンボルとして前面に押し出す。

超円高で輸出採算が悪化する中、自動車各社は国内販売の強化を迫られている。ホンダは軽自動車、小型車分野を強化しており、全体の販売金額の7割超えを目指している。
(MSN産経ニュース 2011.11.4)


N360-3.jpg

「N360」とはどういう車か

ホンダ・N360(エヌさんびゃくろくじゅう)は、本田技研工業が1967年から1972年まで製造した軽自動車である。愛称は「Nコロ」。

前輪駆動(FF)方式を採用して広い車室スペースを確保するとともに、この時代としては異例の高出力エンジンを搭載し、当時の軽自動車業界における「馬力競争」の火付け役ともなった。
(wikipedia-N360)

見た目もいま見てもかっこいいし、性能も申し分ないとなると、当時の若者がほうっておくはずもないと感じます。
発売から2年足らずで65万台の生産台数となった「Nコロ」はユーザーユニオン事件でイメージダウン、本田宗一郎氏は冤罪で告訴されることとなり、人気の低迷で1974年には呑んだは軽乗用車の分野から一時撤退することとなったそうです。
しかし、1984年には本田宗一郎氏は不起訴となり、逆にユーザーユニオンを恐喝で告訴。代表者2名は逮捕されます。

何時の時代も怪しい市民団体は妙な難癖をつけて正当な評価の足を引っ張ります。全てとは言いませんが。。。



 ■ 「N360」と「T360」
N360-4.jpg

ホンダ初の4輪自動車「T360」

軽トラック史上初の4連キャブレター4気筒DOHCエンジンを搭載したピックアップトラック。
1963年から1967年の間生産された。




N360-5.jpg

N360とT360が融合

1967年にN360のエンジンを搭載したキャブオーバータイプの「TN360」がT360の後継機として登場し、T360は生産を終了。
T360はその役目を終える。

今でもレストアして動かせるようにしていたり、公道に復帰させようとする人までいるようで、その当時の人気を伺うことができます。





ニュース・コラムの関連記事

category: ニュース・コラム

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: N360  T360  TN360  Nコロ  復刻 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/84-1195bbf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top