軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【使い方や違反性】シートベルトストッパーとは? 

シートベルトストッパーで圧迫感をなくす
シートベルトストッパーの使い方や違反性について

 ■ シートベルトを緩くしたい
ミッキーのストッパー
シートベルトの締め付け調整
 身体が大きいために、シートベルトの締め付けがキツイ…。

 このシートベルトの締め付けは、シートベルトストッパーというアクセサリーで調整できます。

 そこで今回は、シートベルトストッパーの使い方や、違反性などについてまとめました。
 ■ シートベルトストッパーとは
ストッパーの写真
締め付けを緩める
 さて、シートベルトストッパーとは、べルトの根本に取り付け、締め付けを緩めるアクセサリーのことを指します。

  • べルトの根本に取り付ける
  • 締め付けを緩められる

 このシートベルトストッパーは、主に販売されているカー用品店以外に、100円均一の店舗でも販売されています。

 また、子供の使用を考えた、キャラクターをあしらったシートベルトストッパーも販売されていたりします。

  • 100円均一でも購入可
  • キャラクター物もあり
 ■ シートベルトストッパーの使い方
ストッパーの取り付け
圧迫感からの開放
 では、シートベルトストッパーは、どのように使用すれば良いのでしょうか?

  • カバーを開ける
  • シートベルトの収納口付近に挟む
  • シートベルトと体の隙間を3cm以下に

 シートベルトストッパーは、使用の際にカバーを開き、シートベルト収納口付近に挟むことによって、緩い状態にすることができます。

 このシートベルトストッパーの使用時は、シートベルトを緩めすぎると事故などの際に危険なので、シートベルトと体の隙間は3cm以上緩めないように促されています。

 また、シートベルトストッパーの使用対象となる人は、以下のような人や場合が挙げられます。

  • 妊婦さん
  • 太った人
  • 体調が悪い人
  • チャイルドシート使用時

 このように、シートべルトの着用が難しい人が使用対象者となり、ストッパーを使うことにより、息苦しさや圧迫感から開放されます。
 ■ シートベルトストッパーの違反性は
ストッパーの取り付け2
違反性はない
 さて、シートべルトの締め付けを調整できるシートべルトストッパーですが、使用した際に違反性はないのでしょうか?

  • 現時点では違法性はない

 シートべルトストッパーは、道路交通法第71条3号の、シートベルト着用義務が免除された人が使用対象となっています。

 また、現時点では運転に際する使用に関しては、違法性がありません。

 しかし、ストッパーを誤った方法で使用すると、道路交通法71条3号のシートベルトの着用義務違反に見なされる事も考えられます。

 さらに、締め付けを和らげたいという理由だけでストッパーを使用していると、事故を起こしてケガをしても保険が適用されない可能性もあります。

  • シートベルト着用義務違反の可能性も
  • 保険適用外の場合も

 また、シートベルトストッパーを使用していると、急ブレーキ時にシートベルトが作用しないこともあるので、事故時などはケガや死亡する恐れもあります。

 このような理由から、シートベルトストッパーは用途に則って使用したほうが良いと言えるでしょう。
改造・パーツの関連記事

category: 改造・パーツ

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: シートベルトストッパー  とは  使い方  違反性 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/681-00625bc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top