軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【方法や位置】検査標章の貼り方とは? 

検査標章のステッカーを正しく貼るには
検査標章を貼る方法や位置など

 ■ 検査標章のステッカーを貼りたい
前面に貼られた検査標章
正しく貼るには
 車検時に発行された検査標章のステッカーを、正しく貼る位置がわからない…。

 このような場合は、検査標章の正しい貼り方や、貼る場所を知っておく必要があります。

 そこで今回は、検査標章の貼り方や、貼る位置についてまとめてみました。
 ■ 検査標章の貼り方は
検査標章を貼る
ゆっくり慎重に
 さて、検査標章のステッカーの正しい貼り方とは、以下のような順番になります。

  • 1.検査標章のシールを貼る際は、説明が記入されている部分から半分ずつ慎重に剥がしてください。

  • 2.シールが剥がれたら、透明なシールに上部部分を貼りつけて、下部の部分も同様に貼ります。

  • 3.透明なシールに貼り終えたら台紙からステッカーを剥がして、フロントガラスに貼ってください。

 また、ステッカーを貼る際の注意点としては、車線逸脱警報装置や衝突被害軽減制動装置等が装備されている場合は、センサの認識部分を避けないといけないので、車両の説明書を確認してから貼りましょう。

 ■ 検査標章の貼る位置は
軽の検査標章
自動車の場合
 さて、検査標章を貼る位置は、自動車と軽自動車で異なります。

  • ルームミラーがある場合は中央上部
  • 他の場合は運転者から最も遠い部分
  • 着色されている場合は中央下部

 ルームミラーがある場合は、前面のガラス中央上部に貼ってください。

 また、ルームミラーの周辺にセンサーなどがある場合は、運転者から最も遠いガラス前面上部の右端、左端などに貼りましょう。

 さらに、ガラス上部が着色されている場合は、着色部分を避けて中央下部にステッカーを貼ってください。
軽自動車の場合
 また、軽自動車の場合は以下のようになります。

  • ルームミラーがある場合は中央上部
  • 着色されている場合は中央下部

 軽自動車も自動車同様に、ルームミラーがある場合は前面のガラス中央上部に貼ります。

 また、ガラス上部が着色されている場合も同様に、着色部分を避けて貼ってください。
 ■ 検査標章の剥がし方は
検査標章を剥がす
ガラスを傷つけないように
 さらに、検査標章の剥がす際の手順は以下のようになります。

  • 透明シールを剥がす
  • 粘着部分を濡らす
  • スクレーパーで剥がす
  • 粘着部分をこすり落とす

 検査標章を剥がす場合は、はじめに表面の透明シールを爪で剥がしてください。

 透明シールを剥がしたあとに残る粘着部分は、霧吹きなどで濡らしておき、しばらく放置します。

 粘着部分に水分が浸透したら、スクレーバーを使いガラスを傷つけないように粘着部分を落とします。

 スクレーパーでも落とせなかった部分は、ウェットティッシュなどでこすり落とすことができます。

 また、剥がす際の注意点としては、スクレーパーを強く擦るとガラスが傷つくので、慎重に動かす必要があります。

 ちなみに、検査標章を車の前面に貼ることは、道路運送車両法の109条によって定められていますので、ステッカーを貰ったら必ず貼るようにしましょう。
豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 検査標章  貼り方  方法  位置 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/653-66587d7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top