軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【方法・費用】検査標章の再発行・再交付とは? 

検査標章のステッカーを再発行する
検査標章の再発行方法や書類など

 ■ 検査標章を再発行したい
軽の検査標章
無くしたり汚した場合は
 車検証発行時に合わせて発行された、検査標章のステッカーを誤って破ってしまった…。

 実はこの場合、必要な書類を揃えれば、ステッカーを再発行することが可能になります。

 そこで今回は、検査標章の再発行・再交付方法や、必要書類についてまとめてみました。
 ■ 検査標章の再発行方法は
検査標章の貼付け
必要書類があれば可能
 さて、検査標章の再発行・再交付方法は、どのような場合に行なうのでしょうか。

  • 紛失した場合
  • 破ってしまった場合
  • 汚して文字が判断できない場合

 また、自動車の検査標章再発行方法は、必要書類を揃えて最寄りの運輸支局や自動車検査登録事務所へ申請すれば行えます。

  • 必要書類を揃える
  • 運輸支局や検査登録事務所に申請

 さらに、軽自動車の検査標章再発行方法は、必要書類を揃えて軽自動車検査協会ヘ向かえば申請が可能です。

  • 必要書類を揃える
  • 軽自動車検査協会で申請

 ステッカーの再発行が行われたら、車のフロントガラスにステッカーを貼りましょう。
 ■ 再発行に必要な書類は
書類のアイコン
自動車の場合
 さて、検査標章の再発行に必要となる書類は、自動車と軽自動車で異なりますが、自動車の検査標章の再発行に必要な書類とは何でしょうか?

  • 再交付申請書(OCR第3号様式)
  • 手数料納付書
  • 理由書
  • 検査標章(破片があれば)
  • 車検証
  • 印鑑
  • 委任状(代理人の場合)

 検査標章再交付申請書(OCR第3号様式)や手数料納付書と理由書は、手続きを行なう運輸支局や自動車検査登録事務所で入手が可能です。

 また、再交付申請書は印鑑の押印が必要になり、検査標章ステッカーを返納できる場合は手続き時に持参してください。
軽自動車の場合
 一方、軽自動車の検査標章の再発行に必要となる書類は、以下のようになっています。

  • 再交付申請書(OCR軽第3号様式)
  • 検査標章(破片があれば)
  • 車検証
  • 印鑑
  • 委任状(代理人の場合)

 検査標章再交付申請書(OCR軽第3号様式)は、手続きを行なう軽自動車検査協会で入手が可能です。

 また、再交付申請書は印鑑の押印が必要になり、検査標章ステッカーを返納できる場合は手続き時に持参してください。
 ■ 再発行にかかる費用は
小銭のアイコン
安価で再発行できる
 では、検査標章の再発行に必要な費用は、自動車と軽自動車でそれぞれいくらになるのでしょうか?

  • 自動車の場合…400円
  • 軽自動車の場合…300円

 自動車の場合は、印紙代の300円と用紙代100円を合わせた400円となります。

 また、軽自動車の場合は、再発行の手数料300円を支払いが必要です。

 検査標章の再発行が行われたら、紛失や破損する前にステッカーを貼ってしまったほうが良いのではないでしょうか?
免許・資格の関連記事

category: 免許・資格

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 検査標章  再発行  方法  費用 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/651-61156283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top