軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【度数やフレーム】運転用メガネの選び方とは? 

運転用にメガネを用意する
運転用メガネの選び方や度数など

 ■ 運転用にメガネを欲しい
目の疲れ
メガネの選び方や度数
 仕事やプライベートで運転をすることが多く、目が疲れてしまう…。

 この場合は、運転用のメガネを新たに作れば、長時間疲れず運転することも可能になります。

 そこで今回は、運転用メガネの選び方や、レンズの度数についてまとめてみました。
 ■ 運転用メガネとは?
集中して見る
長時間運転でも疲れず
 さて、運転用メガネとは、日中・夜間にかけると運転中の目の疲れを抑えられるメガネの事を指します。

 この運転用メガネは、遮光性のレンズを備えているため、対向車のヘッドライトやハイビームの光を和らげる事ができ、特に夜間の長時間運転などに効果があります。

  • 遮光性レンズを備えている
  • 運転中の目の疲れを抑えられる

 また、運転用メガネは有名メガネメーカーからも様々なモデルが発売されいるので、用途や好みにあった物を選ぶことも可能です。

 ちなみに、運転中にサングラスをかけた際の効果などについては、以下の記事に詳しくまとまっています。

○【運転中のサングラスに関する法律】偏光レンズって効果あるの?
http://trucktorack.blog.fc2.com/blog-entry-437.html
 ■ 運転用メガネの選び方
メガネをかけて運転
用途によって度数を変える
 さて、運転用メガネを選ぶ際のポイントとはなんでしょうか?

  • 遮光性レンズを備えている
  • 遠方の文字がはっきり見える
  • 矯正視力を0.8から1.0にする

 運転用メガネを選ぶ際は、まず専用の遮光レンズが使用されているタイプを探しましょう。

 その中でも気に入ったモデルがあれば実際にかけてみて、5m以上先の看板の文字がはっきり見えるかを確認します。

 また、メガネの矯正視力は、昼間運転する事が多い場合は両目で0.8~0.9程度に、夜間の運転が多い場合は1.0にすると適切な度数となり、長時間疲れず運転が出来るようです。

 ちなみに、遠近両用メガネも運転に効果的ですが、人によっては横側を見ると歪みを感じることもあるそうです。

 この場合は、アゴを引いて横側を見たり、普段よりも大きく左右に顔を動かすと、見る位置が内側に入り、見え方も安定するみたいです。
 ■ メガネのフレームは邪魔になる?
黒縁メガネ
顔を動かせば大丈夫
 では、運転用メガネのフレームは、ノンフレームの方が見え方がよいのでしょうか?

 この答えは、人によって感じ方が異なりますが、運転中は基本的に顔を動かして周りの状況を確認することが多いので、フレームは邪魔にならないという意見が挙げられています。

  • フレームは邪魔にならない
  • 顔を動かして状況を確認するため

 つまり、運転中はメガネのフレームを気にするよりも、顔を動かして状況確認に集中した方が良いと言えますね。
豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 運転用  メガネ  選び方  度数  フレーム 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/650-eb6531d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top