軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【保安基準や誤差】スピードメーターの故障した時の対策 

【保証基準や誤差】スピードメーターの故障した時の対策
スピードメーターが壊れたら

 ■ スピードメーターが故障したら
壊れたスピードメーター
スピードメーターがおかしい場合
 ある日突然、軽トラックのスピードメーターが動かなくなってしまい、走っていてもスピードメーターが反応しない…。もっとスピードが出ているはずなのに…。

 このように、突然動かなくなったメーターの故障の原因や、対策などは事前に知っておきたいですよね。

 そこで今回は、軽トラックのスピードメーターが故障した際の対策などについて要約してみました。
 ■ スピードメーターが動かない場合は?
外れたスピードメーター
スピードメーターが動かなくなったら
 さて、スピードメーターが動かなくなった場合は、どのような部分が故障しているのでしょうか?

  • センサー
  • メーター
  • ワイヤー

 スピードメーターが動かなくなった場合は、センサー部分の不良やワイヤー部分の断裂などが原因に考えられます。

 これらの部分を修理する際は、専門的な知識や設備が必要になるので、ディーラーや整備工場に修理を依頼してください。

 また、新車で保証期間が残っている場合などは、無料で交換して貰えることもあります。
 ■ スピードメーターの仕組みは
セーフティファースト
スピードメーターの保安基準
 さて、スピードメーターはどのような仕組みの元に、作られているのでしょうか?

 実はスピードメーターは、「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示」の148条によって定められています。

○道路運送車両の保安基準の細目を定める告示148条(抜粋)
道路運送車両の保安基準

速度計の取付位置、精度等に関し、保安基準第46条第1項の告示 で定める基準は、次の各号に掲げる基準とする。

一 運転者が容易に走行時における速度を確認できるものである こと。この場合において、次に掲げるものは、この基準に適合 しないものとする。

イ.速度がkm/hで表示されないもの

ロ.照明装置を備えたもの、自発光式のもの若しくは文字板及び 指示針に自発光塗料を塗ったもののいずれにも該当しないもの (保安基準第56条第1項の自動車であって昼間のみ運行する ものを除く。)、又は運転者をげん惑させるおそれのあるもの
スピードメーターの誤差
 さて、軽トラックを運転している際に、スピードメーターに表示されているスピードと実際のスピードに、差を感じたことはないでしょうか?

 実はこの差は、安全面の考慮から実際のスピードよりも速度が低めに設定されているために生じるもので、メータのスピードは以下の式によって定められています。

平成19年以降に制作された自動車
10(V1-6)/11≦V2≦(100/94)V1

 また、スピードメーターと実際のスピードの差の例は、以下のようになっています。

スピードメーター 40キロ
実際のスピード 31キロ~40キロ

 さらに、スピードメーターの誤差をどうしても修正したい場合は、上記の保安基準内であれば修正することが可能です。

 どうしても実際のスピードにメーターの値を近づけたい場合は、整備工場に相談してみてはいかがでしょうか?
改造・パーツの関連記事

category: 改造・パーツ

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: スピードメーター  故障  対策  保安基準  誤差 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/614-f60d79fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top