軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【違いや比較】インチアップとリフトアップのメリットやデメリット 

インチアップとリフトアップの違いやメリットなど
それぞれの違いや特徴

 ■ インチアップとリフトアップの違いは?
リフトアップしたトラック
インチアップとリフトアップの特徴
 車には、使い道や楽しみ方によって人それぞれのこだわりが出せるという魅力があるのではないでしょうか?

 インチアップとリフトアップは、乗っている車を好きな形へと変えていく事で、日々の楽しみを深めてくれるものです。

 見た目として、改造することによって違いがでてくるのは分かると思いますが、どんな良さがあるかというと、分からない方も多いと思います。

 そこで、今回はインチアップとリフトアップのメリットやデメリットについてまとめてみました。
 ■ インチアップの特徴やメリットって?
タイヤのホイール
インチアップとは?
 まず、インチアップとは自動車に装着しているホイールのリム径をより大きなものに交換することを言います。

 リム径とは、ホイールの直径であるタイヤが組み込まれる部分の事です。

 また、ホイールは車とタイヤをつなぐ重要な部品で、走る、曲がる、などの車の走りに影響を与えます。
インチアップのメリット
 さて、ホイールをインチアップするメリットとして挙げられるのは以下の通りです。

  • ファッション性を高める
  • 性能を高める

 ファッション性を高め、車の足回りを好みのデザインに変える事ができるので、自分の服装を整えるようにカッコイイ感じにしたり可愛くしたり、好みに合わせたカスタマイズが可能になります。

 また、ホイールを変える事により性能面でも違いが出てきます。

 ホイールは車の走行に対して影響が出るので、その車に合わせた大きさを選ぶ事で、カーブの走行が安定するといった、より走りやすくなるというのもメリットの1つです。
インチアップのデメリット
 一方、インチアップのデメリットとして挙げられるのは以下の通りです。

  • タイヤの内側が薄くなり、幅が広くなる
  • ホイールの値段だけでなくタイヤの値段がかかる

 ホイールを大きなものに交換する事によりタイヤの内側が薄くなり、幅が広くなります。

 タイヤサイズが広がる事により接地面が大きくなり、ゴツゴツとした道路の感覚が車体に伝わりやすくなってしまい、乗り心地が悪くなるということが起きます。

 また、デザイン性を高めるものなのでホイールの値段が高額なのと、タイヤもホイールに合わせて新しいものに変えるので、相対的にコストがかかるというのがデメリットです。
 ■ リフトアップの特徴やメリットって?
リフトアップした自動車
リフトアップとは?
 リフトアップとは、主に自動車を改造して車高を上げることや、車高を上げた車の状態を言います。

 車高とは、タイヤの接地面から屋根などの最上部までの自動車の高さの事を指します。

 車のタイヤを大きくする事で、リフトアップを行う方法が一般的です。
リフトアップのメリット
 さて、リフトアップするメリットとして挙げられるのは以下の通りです。

  • 障害が多い道の走行がラク
  • 力強さや迫力がある

 車高が上がる事により、地面と車底との距離が長くなるので、オフロードや林道、雪道などの障害が多い道の走行がラクになります。

 また、見た目として力強さや迫力のある車を演出できる事がメリットの1つです。
リフトアップのデメリット
 一方、リフトアップのデメリットとして挙げられるのは以下の通りです。

  • 風の抵抗を受けやすい
  • 車高の制限に外出先で困ることがある
  • 視点が上がるので死角が増える

 高速で走行する際、車高を高めた事により横風の影響を通常の場合よりも受けやすく横転の危険性が出てきてしまい、走行する際の安定性が悪くなります。

 また、極端に高くしてしまうと鉄道や高架、トンネルなどの通過が難しくなり場所にもよりますが、屋内にある駐車場によっては車高の制限により駐車できないといった事も起きてしまいます…。

 リフトアップによって視点が上がるので死角が広がり、街なかを走行する際には注意が必要になりますが、普段とは違う視点で走行が行えるという新鮮さもあるので、安全運転を心がけていきましょう。
 ■ インチアップとリフトアップの使い方は?
インチアップした自動車
使われる場面や機能は?
 インチアップとリフトアップの違いを説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

  • インチアップ…デザインや機能面を考えてホイールを交換すること。
  • リフトアップ…見た目の迫力を増し、障害物の多い道に対応するためにタイヤを大きくすること。

 この違いを踏まえたうえで、自分のこだわりを実現してみてはいかがでしょう。

 ちなみに、インチアップする際の費用は、次のようになっています。

  • ホイール…約3万円~10万円
  • 取り付け工賃…約5千円~1万円
  • その他部品…約1万円~2万円

 また、リフトアップを行なう際の、タイヤ代を含めた工費は30万円くらいが相場のようです。

 どちらも業者によって、専用の工具や部品を注文してから作るという事になるので、素材や見た目により金額が変わってきます。

 また、より詳しいリフトアップについてはこちらの記事に書かれているので、参考にして下さい。
○【方法・費用etc...】軽トラックのリフトアップはどうやればいいの?
http://trucktorack.blog.fc2.com/blog-entry-342.html

 車の個性や、見た目のカッコ良さにこだわりたい!と言う方におすすめのインチアップやリフトアップといった改造、出来栄えを考えながらイメージを膨らませてみてはいかかでしょう。
性能・機能・構造の関連記事

category: 性能・機能・構造

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: インチアップ  リフトアップ  違い 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/597-5f80c4b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top