軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【Uターン禁止】転回禁止違反の罰金・罰則・点数は? 

転回禁止の場所でUターンした場合の違反点数や反則金
Uターン禁止違反に課せられる違反点数や罰金・罰則は?

 ■ Uターンをしてしまった場合の罰則は?
Uターン禁止標識
転回禁止
 道路には様々なルールが決められており、これに違反した場合は罰金や罰則といった処罰が課せられる事になります。

 このルールの中に、Uターン禁止の標識や表示のがあるのですが、これに違反した場合はどのような処罰が下されることになるのでしょうか?

 そこで今回は、Uターン禁止の場所でUターンを行った場合に課せられる罰金や罰則についてまとめてみました。
 ■ Uターン(転回)禁止違反とは?
Uターン禁止ポール
道路交通法
 さて、そもそもUターン(転回)禁止違反とはどのような行為かといいますと、その名のとおり、Uターン禁止の標識や表示がある場所でUターンを行う事です。

 この違反は正確には「横断等禁止違反」と呼ばれ、さらにこの横断など禁止違反は、指定横断等禁止違反と法定横断等禁止違反にというものに分けられます。

 Uターン禁止の標識や表示がある場所でUターンを行った場合は指定横断等禁止違反になります。

 一方、法定横断等禁止違反はUターン禁止の標識や表示に関わらず、歩行者や他の車の交通を妨害するようなおそれがある場合に、Uターンや右左折、後退した時の事です。
 ■ 指定横断等禁止違反と法定横断等禁止違反
道路交通法
それぞれの違い
 さて、では次にこの指定横断等禁止違反と法定横断等禁止違反の違いについて詳しく見て行きましょう。

 道路交通法によると、指定横断等禁止違反と法定横断等禁止違反について以下のように定義されています。

●指定横断等禁止違反(第25条の2の2項)
車両は、道路標識等により横断、転回又は後退が禁止されている道路の部分においては、当該禁止された行為をしてはならない。

●法定横断等禁止違反(第25条の2の1項)
車両は、歩行者又は他の車両等の正常な交通を妨害するおそれがあるときは、道路外の施設若しくは場所に出入するための左折若しくは右折をし、横断し、転回し、又は後退してはならない。

 このように指定横断等禁止違反と法定横断等禁止違反のどちらも道路交通法で定められており、これに反した場合は、罰則が課せられます。

 とはいえ、法定横断等禁止違反は指定横断等禁止違反に比べると、歩行者に対する危険性が高いので、処分の内容は重くなります。
 ■ 転回禁止違反の違反点数と反則金
逮捕
点数・反則金
 さて、転回禁止であるのにも関わらず、違反してしまった場合の処罰に関しては、以下の違反点数と反則金が課せられます。

  違反点数 反則金
法定横断等禁止違反 2点 7,000円
指定横断等禁止違反 1点 6,000円

 さらに、この反則金を支払わなかった場合は以下の罰則が課せられることになります。

●法定横断等禁止違反
3月以下の懲役又は5万円以下の罰金

●指定横断等禁止違反
5万円以下の罰金

 当然、転回禁止の標識や表示のある所ではUターンを行ってはいけませんが、それ以外の所でも危険を伴うUターンは行ってはいけません。

 もし、これにより取り締まりを受けた場合も、すみやかに罪を認め、反則金を支払うようにしましょう。
豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 転回  禁止  違反  罰金  罰則  点数 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/569-3cfa0554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top