軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

飲酒運転による事故でも自動車保険は適用されるの? 

飲酒運転の場合でも保険の支払いは受けられる?
飲酒運転で事故をした場合、巻き込まれた場合の補償や保険金について

 ■ 飲酒運転とは?
酒酔い運転
犯罪
 近年、飲酒運転に対する罰則が厳しくなった事で、事故件数や死亡事故件数は減少傾向にありますが、検挙数は多く、飲酒運転をする人がまだまだいるというのが現状です。

 そのため、たとえ自身が飲酒運転をしていなくても、事故に巻き込まれてしまう危険性は少なからずあります。

 しかし、飲酒運転の場合は保険が効かないとも言われてますから、実際に事故に巻き込まれた場合はどうなるのか心配になることでしょう。

 実際のところ、飲酒運転の事故に関する保険はどのようになっているのでしょうか?

 そこで今回は、飲酒運転で事故を起こした場合、巻き込まれた場合の保険の補償についてまとめてみました。
 ■ 飲酒運転の加害者に対する保険
酒気帯び運転
免責事由
 さて、そもそも自動車保険(任意保険)には、免責事由というものがあり、該当する場合は保険が効きません。

 飲酒運転の場合は、この免責事由に該当しますので、保険の補償対象外になります。

 つまり、飲酒運転をした運転者が事故によってケガを負ったり、命を落としたとしても搭乗者傷害保険や人身傷害補償保険の支払いを受けることができません。

 さらに、当然ですが、車両に対する保険も補償の対象外となりますので、修理代は自分で支払う事になります。

 もちろん、同乗者など飲酒運転に関わる人も保険金を受け取ることはできません。
 ■ 飲酒運転に巻き込まれた場合は?
飲酒運転被害
対人・対物補償
 飲酒運転で事故を起こした人は、保険を受ける事が出来ませんが、被害者への補償はどうなるのでしょうか?

 実は、飲酒運転による事故であっても、対人・対物賠償責任保険については、保険金が支払われます。

 というのも、運転者の罪に係わらず、事故に巻込まれた人は被害者です。

 この場合、保険が持つ被害者救済の観点から、免責にはならず、保険金が支払われるということですね。
 ■ 飲酒運転を起こした加害者の負担や罰則は?
飲酒事故
まとめ
 さて、被害者には保険金が支払われるので、飲酒運転による事故の加害者に対する負担額は少なくなるのかというとそうではありません。

 飲酒運転による事故の被害者の損害については救済されますが、事故を起こした本人が被ったケガなどの損害については、自動車保険だけでなく、医療保険などからも保険金を受けることができません。

 また、飲酒運転といった法令違反を起こした場合は、加入している保険会社の契約継続もできない可能性があります。

 さらに、飲酒運転には道路交通法における罰則や行政処分があり、事故を起こした場合はさらに罰則や処分がおもくなります。

●道路交通法

酒酔い運転は5年以下の懲役、又は100万円以下の罰金。
さらに、他人を死傷させてしまうと、刑法に定められている危険運転致死傷罪が適用されます(危険運転致死傷罪:飲酒運転等でケガを負わせた場合、20年以下の懲役)。

●行政処分

酒酔い運転は免許取消、欠格期間は3年。
さらに、死亡事故を起こした場合は、欠格期間は7年になります。

 このように、飲酒運転をすると自身に損害を与えるのはもちろん、被害者や周りの人達に迷惑をかける事になります。

 絶対に飲酒してからの運転はしないようにしましょう。
ニュース・コラムの関連記事

category: ニュース・コラム

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 飲酒運転  事故  保険 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/568-155dd7ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top