軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【物損事故】当て逃げされた場合の対処・対策方法 

車を当て逃げされた時の対応はどうする?
当て逃げされた・目撃した場合の対処法について

 ■ 当て逃げとは?
軽トラ 当て逃げ
当て逃げ事故
 ぶつけられたのにも関わらず、逃げられた…。

 物損事故の場合、警察へ報告する義務や被害者に損害賠償金を支払う必要があるのですが、そのまま何もなかったかのように逃げてしまう行為が頻繁に起きており、問題となっています。
 意外と身近に起きているので、実際に当て逃げされた事がある人も少なくはないでしょう。

 ですが、もし当て逃げされた場合、どのような対応をとれば良いのでしょうか?

 実は、逃げられていたとしてもまだ加害者を捕まえる事はできるかもしれません。

 そこで今回は、当て逃げをされた場合の対処法についてまとめてみました。
 ■ 当て逃げされた場合の対処方法
当て逃げ逮捕
当て逃げの対応
 さて、当て逃げされるケースとしては、走行中や信号待ちしていた時、駐車場などに駐車していた時など様々な状況が考えられますが、この時どのようにして対処すればよいのでしょうか?

●目の前でぶつけられた場合

自分の目の前で当て逃げされた場合は、相手の車のナンバーや車種、色、運転手や同乗者の特徴などを覚えてメモをとっておきましょう。

携帯電話やスマホで写真を撮るというのも有効的です。

その後、警察へ通報して報告をしましょう。

より明確な手がかりがあれば、犯人の早期発見につながるでしょう。

●駐車している時にぶつけられた場合

駐車場に車を停めている時にぶつけられた場合は、証拠が必要になります。

コインパーキングや商業施設などの駐車場では監視カメラがついている事もあるので、管理している人に事情を説明し、監視カメラを見せてもらいましょう。

この監視カメラの情報で手がかりが見つかれば、警察に被害届を出して、加害者に損害賠償を請求することができます。

監視カメラの映像は中々見せてもらえないと思うので、先に警察に相談して同行してもらうと良いでしょう。

 このように、何かしらの手がかりがないと、どんな大きい凹みやキズが残っていても、ケガ人が出ていない限り、警察も動きようがありません。

 警察に通報しなかったり、被害届を出したにも関わらず警察から連絡がなかった場合は、残念ながら全て自費や保険で修理するしかありません。

 後日、加害者が出頭する事もあるみたいなので、手がかりがないという場合でも警察へは通報するようにしましょう。
 ■ 当て逃げされないための対策とは?
監視カメラ
当て逃げ予防
 さて、当て逃げは発生頻度が高く、さらには確実に加害者が見つかるわけでもないので、できるだけ当て逃げされないために対策をしておく必要があります。

●当て逃げされないための対策方法

  • 駐車する際は、なるべく見える所に駐車する
  • 隣の車が出やすいように駐車する
  • 監視カメラの設置されている所に駐車する
  • 狭い道ですれ違う際は、停車する

 このように当て逃げは、日頃から注意を払うことであらかじめ予防する事ができます。
 ■ 当て逃げをもし目撃したら…
目撃
当て逃げを見た時の対処
 さて、もし当て逃げを目の前で目撃した場合、他人ごとではありますが、何らかの対処をしてあげましょう。

  • 商業施設の駐車場であれば、サービスカウンターなどに届け出る
  • 警察に通報する
  • 加害者の情報をメモして、ぶつけられた車のワイパーなどに挟んでおく

 見て見ぬふりをするのは罪悪感がありますし、被害者と自分のためにも親切に何らかの対処を行うのが賢明でしょう。
豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 当て逃げ  対処  対策  方法  物損事故 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/566-4ab2cc8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top