軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【メリット・デメリット】ディスクブレーキとドラムブレーキの特徴や違いは? 

ディスクブレーキとドラムブレーキは何が違うの?
ディスクブレーキ・ドラムブレーキの比較

 ■ 車のブレーキシステム
フットブレーキ
2つのブレーキシステム
 車のパーツで絶対に欠かせない装置「ブレーキ」。

 減速したり、停止する際に必要な制動装置であるブレーキなしでは現在の自動車社会は成り立ちません。

 そんな車のブレーキシステムは「ディスクブレーキ」と「ドラムブレーキ」という2つの種類が存在するのですが、それぞれどのような特徴があり、どんな車に装備されているのでしょうか?

 そこで今回は、このディスクブレーキとドラムブレーキの特徴や違いについてまとめてみました。
 ■ ディスクブレーキとドラムブレーキの特徴
ディスクブレーキ
ディスクブレーキとは?
 ディスクブレーキは、外側にディスクローターと呼ばれる円盤状のディスクが装備されており、車輪と一体となって回転します。

 この回転するディスクローターをブレーキパッドと呼ばれるもので挟み、その際に発生する摩擦力によって制動力を発生させるという仕組みになっています。

 ディスクブレーキの特徴としては、繰り返しブレーキを使用しても放熱性に優れているので、熱による制動力の変化が少ない傾向にあります。

 しかし、単純にディスクを挟み込むという構造になっているので、ドラムブレーキに比べるブレーキ力が劣ります。

 とはいえ、前に進む力を熱に変えるというのがブレーキの原理なので、熱に強いとされるディスクブレーキは理想的なブレーキ装置といわれています。
ドラムブレーキ
ドラムブレーキとは?
 ドラムブレーキは、車輪の内側にドラムが設置されており、さらにその内部にブレーキシューが装着されています。

 このブレーキシューがドラムへ(内側から外側へ)圧着させることで制動力を発揮するという仕組みになっています。

 ドラムブレーキの特徴としては、ドラム内部に密封されたブレーキ装置のため、放熱性が悪く、繰り返しブレーキを使用すると制動力が低下してきます。

 しかし、タイヤの回転力に応じてブレーキが食い込むという構造になっているため、非常にブレーキ力が強い傾向にあります。
 ■ ディスクブレーキとドラムブレーキの使われ方
車 種類
どのような車に適しているの?
 さて、ディスクブレーキとドラムブレーキはそれぞれどのような車に使用されているのかといいますと、乗用車では一般的に前輪はディスクブレーキ、後輪は高級車・スポーツカーはディスクブレーキ、大衆車・軽自動車はドラムブレーキが使用されています。

 大型トラックやバスでは、前輪ドラムブレーキが主流となっており、その理由としては、ドラムブレーキは駐車ブレーキにも向いているとされているためです。

 実は、4輪ディスクブレーキを採用する車であっても、駐車ブレーキだけは小型のドラムブレーキを採用するという車も多いようです。

 ドラムブレーキは高い速度からの急ブレーキや、長い下り坂などで連続して作動させると、ブレーキの効きが悪くなってしまうというデメリットがありますが、フロントに重いエンジンやミッションを搭載しているFFの小型車の場合は、前輪ブレーキへの依存性が高く、後輪ブレーキの負担は小さいので、後輪はドラムブレーキであっても問題ありません。

 さらに、ドラムブレーキはコストが安いという理由もあるので、広く使用されているというわけですね。

 ディスクブレーキとドラムブレーキにはそれぞれメリット・デメリットがありますが、それを考慮した上でその車にあったブレーキが搭載されているんです。
性能・機能・構造の関連記事

category: 性能・機能・構造

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: ディスクブレーキ  ドラムブレーキ  違い  メリット  デメリット 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/528-7ae98488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top