軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【手順・注意点】車の磨き方・研磨方法 

車を磨く時の道具や費用はどれくらい?
車を研磨するメリット・デメリットなどの効果について

 ■ 車磨きって効果はあるの?
車磨き
車磨きの意味
 洗車した後にいきなりワックスやコーティングの施工をおこなっても充分な効果は得られません。

 というのも、車のボディは常に大気中の排気ガスや酸性雨などの有害物質などにさらされ、劣化しつづけているため、問題は汚れだけにはとどまらないのです。

 そのため、本来の効果を引き出すためにも車磨き(研磨)による下地作りが必要不可欠となります。

 そこで今回は、車磨きの方法や手順についてまとめてみました。
 ■ 車磨き(研磨)をおこなうために必要な道具
車 研磨剤
準備する用品
 さて、車磨きをおこなうにあたり、必要となってくる道具や工具が幾つかありますので、準備しておきましょう。

 まず、あれば効率的に車磨きができるのは以下の3つの道具になります。

  • ポリッシャー
  • バフ
  • コンパウンド

 この3点はバフ研磨には必要な主要用品で、プロも使用する道具になります。

 さらに加えて、マスキングテープや脚立、コードリール(延長コード)などがあるとスムーズに作業を進められるでしょう。

 また、これらの道具を使用せずに手磨きする場合は、コンパウンドと研磨パッドを用意しましょう。

 当然ですが、機械で磨くよりも仕上げが難しく時間と根気が必要になってきます。

 強く加圧するほど研磨剤の粒子が塗装を深く研磨しますので注意して作業するようにしましょう。
 ■ 車磨き(研磨)をおこなう方法・手順
車磨きの準備
 さて、車磨きをおこなう前の下準備ですが、まずは洗車をして汚れを落としておきましょう。

●軽トラを洗車するときの方法やコツを教えて!
http://trucktorack.blog.fc2.com/blog-entry-296.html

 研磨作業は洗車と同様、上部からおこなっていきます。

1. ルーフ
2. 各ピラーなど
3. ボンネット
4. トランク・ハッチバック
5. クォーターパネル・フェンダー
6. 各ドアパネル
7. バンパー
ポリッシャー
車磨きの手順
 車磨きは素人にはとても難しい作業になります。

 そのため、目の荒いコンパウンドを使用するのは危険なので、極細目コンパウンドか超粒子コンパウンドを使用するようにしてください。

●【車磨きの必需品】コンパウンドの種類や特徴は?
http://trucktorack.blog.fc2.com/blog-entry-493.html

 また、ポリッシャーもダブルアクションポリッシャーを使用するのが良いでしょう。

●【車磨きの必需品】ポリッシャーの種類や特徴は?
http://trucktorack.blog.fc2.com/blog-entry-492.html

 作業はコンパウンドをバフに適量つけ、ボディーに軽く塗りこんでからポリッシャーのスイッチを入れます。

 コンパウンドの付けすぎやボディに接触させないでスイッチを入れたりすると、コンパウンドが飛び散ってしまうので注意してください。

 ポリッシャーの動きは一定速で横方向にゆっくりと1往復、前から後ろへ縦方向にゆっくりと1往復と動きを止めずに磨きこんでいき、コンパウンドが乾燥するまで全体的に磨きます。

 ポリッシャーは強く押し付けると超微粒子であっても、バフ目が深く付いてしまいますので注意してください。

 また、ポリッシャーは全開ではなく回転を落としてコントロールしながら使用するのが良いでしょう。

 コンパウンドが乾燥して拭き取れる状態になったら、拭き取り用のネルクロスで拭き取り、塗装面の状態を確認します。

 この時、放置して次のパネルの作業に移らず、パネルごとにおこなうようにしましょう。

 状態によって研磨作業を繰り返してください。

 繰り返しおこなう場合も、付着したコンパウンドを放置せず完全に拭き取ってから研磨をおこなうようにしてください。
手磨き
手で車を磨く時の方法・手順
 さて、次に手作業で磨く場合ですが、機会作業に比べ、重労働かつムラの発生しやすい高難易度の作業になってきます。

 この時に使用するコンパウンドは超微粒子コンパウンドなどの目の細かいコンパウンドを使用するようにしてください。

 手作業の場合、集中的に磨きこんでしまいがちですが、上手におこなうポイントとしては、規則的に横方向・縦方向に作業を進めていくことになります。

 力加減も、強くなり過ぎないように注意してください。

 どうしても取れない汚れなどを集中的に磨きこみたい時は、円を描くように磨きこまず、全体を磨く時と同じように横方向・縦方向の研磨方法で磨きたい範囲を大きめに取って磨きこむようにするとムラが出にくくなります。
 ■ まとめ
車 ピカピカ
ピカピカに!
 いかがだったでしょうか?

 素人がDIYで車磨きをするというのは難しいことですが、注意点を押さえて作業することで、綺麗に仕上げることができます。

 この作業により、ワックスやコーティングの乗りも良くなり、製品の性能も引き出すことができるでしょう。

 自分でおこなうと費用も節約できますし、大切な愛車を自分の手で綺麗にするというのもアリなのではないでしょうか。
修理・メンテナンスの関連記事

category: 修理・メンテナンス

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag:   磨き方  研磨  方法  注意点 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/494-e5fa5405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top