軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【PHVとは?】プラグインハイブリッドカーのメリット・デメリット 

プラグインハイブリッドカーの特徴とは?
PHV車の仕組みや良し悪しについて

 ■ プラグインハイブリッドカー(PHV)とは?
PHV
ガソリンと電気で走る自動車
 最近、プリウスPHVの発売などで話題になっているプラグインハイブリッドカー(PHV)。

 ガソリンと電気を使い分け、直接コンセントから充電できるという画期的な自動車になります。

 そんな話題性のあるプラグインハイブリッドカーですが、そもそもどのような仕組みで、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 そこで今回は、このプラグインハイブリッドカーの特徴についてまとめてみました。
 ■ プラグインハイブリッドカー(PHV)の仕組み
プラグインハイブリッド仕組み
プラグインハイブリッドカーって何?
 さて、そもそもプラグインハイブリッドカーとはどのようなものなのかといいますと、直接コンセントから充電できるタイプのハイブリッドカーのことです。

 プラグインというのは、電化製品と同様、家庭用電源からプラグを利用して直接電力を供給し充電できるもので、一般的なハイブリッドカーに比べ電池を多く搭載しているため、電気のみのものより長距離を走行することができます。

 さらに、走行時にCO2や排気ガスを出さない電気自動車のメリットとガソリンエンジンとモーターの併用で遠距離走行ができるハイブリッド自動車の長所を併せ持ちあわせています。

 PHVというのは、「Plug-in Hybrid Vehicle」の略で、日本語でプラグインハイブリッド自動車と言います。
 ■ プラグインハイブリッドカーのメリット
メリット
PHV車の利点
 さて、このプラグインハイブリットが良いとされる理由はいくつかあります。

 PHV車のメリット

  • バッテリーで走行可能な範囲では、電気自動車(EV車)としての使用が可能となっています。
  • ガソリン(燃料)走行と併用することで、ガソリンエンジンと同等の距離を走行することが可能となっています。
  • 電気自動車(EV車)に比べ、電池が少ない分コストや重量が少なく済みます。
 ■ プラグインハイブリッドカーのデメリット
デメリット
PHV車の欠点
 一方、プラグインハイブリッドカーには、デメリットも存在します。

 PHV車のデメリット

  • 一般的なハイブリッドカーと比べ、電池容量が多いため、バッテリー容量が大きいほど電池コストや重量がかさむ。
  • バッテリーに加え、エンジンと駆動系が必要なため、コストや重量がかさむほか、居住スペースが狭くなる。
  • 共同住宅などでは充電設備の設置が難しい。。
 ■ 充電用コンセント
充電スタンド
設置工事が必要
 現在、充電スタンドも徐々に増えてきていますが、面は自宅での充電になってくることになります。

 しかし、普通の家庭用コンセントでは容量が持ちませんのでPHV・EV車用の充電コンセントを設置する必要がでてきます。

 その場合、電気工事業者に依頼する必要があります。

 その際にかかってくる費用は最低でもおよそ5万円~かかってくる事が多いようです。

 燃費は非常によいですが、車両価格に加え、この設置工事の費用と初期費用が色々とかかってくることになるようですね。
性能・機能・構造の関連記事

category: 性能・機能・構造

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: プラグインハイブリッドカー  PHV  メリット  デメリット 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/472-d6754023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top