軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

JC08モード燃費と10・15モード燃費の違いってなに? 

JC08モード燃費、10・15モード燃費とは?
JC08モードと10・15モードのメリット・デメリットと比較

 ■ 燃費の測定方法について
燃費計算
重要視される車の燃費
 日本の自動車性能は世界最高水準と言われていますが、ガソリンが高騰し続けている近年、その中でも特に「燃費」がとても重要視されています。

 ドライバーも自動車を購入する際、燃費に関してはとても気にすることだと思います。

 燃費の表記には「JC08モード」と「10・15モード」という2種類がありますが、これらはそれぞれどのような意味があるのでしょうか?

 そこで今回は、このJC08モードと10・15モードの違いについてまとめてみました。
低燃費
燃費の表記
 さて、そもそも表記される燃費はどのような数値なのかといいますと、ガソリンや軽油などの燃料1リットルあたり、どれくらいの距離を走行するのかを示す指標になります。

 JC08モードと10・15モード燃費は測定方法が異なり、10・15モード燃費は従来の燃費の測定方法でJC08モードは2011年の4月から取り入れられた燃費の測定方法になります。

 JC08モードが義務付けられたのは、ここ数年のことなので、現在は10・15モードでの燃費も表示されつつJC08モードでの表示もされており、2つの表記が混在しているというわけです。
 なぜ、JC08モードになったのかといいますと、10・15モード燃費は、実際の走行時の燃費とはかけ離れていると言われ、60km/hで15分暖機した後での測定である点や電装品が全てOFF状態の計測である点、実際の走行よりも加速に掛ける時間が極めて長く、測定する速度が一般の公道の平均速度よりも低い点などの問題が挙げられていたためです。

 つまり実走行燃費との差も大きい為、JC08モード燃費という新しい測定方法に変更されたというわけですね。
 ■ 10・15モードとは?
10・15モード
10・15モードの測定方法
 10・15モード走行燃費とは、かつて日本の自動車で表記されていた燃費の指標で、自動車の使用状況を配慮して決定する燃費測定方法のことです。

 国土交通省認可時の10・15モードの測定条件は

  • 3,000km走行後の車両
  • 完全暖気状態60km/h 15分暖気後モード測定
  • 走行抵抗設定 車両状態(空車)+110kg(2名乗車分)
  • 搭載電気機器 OFF状態
  • エアコン OFF状態

となっており、10モードの走行パターンは都心部、15モードは郊外での走行パターンをモデルにしたとされています。

 測定方法は、以下のとおりです。

●10モード燃費測定

1. アイドリング状態(20秒)
2. 20km/hまで加速する (7秒)
3. 20km/hをキープして走行(15秒)
4. 20km/hから減速して停止(7秒)
5. アイドリング状態(16秒)
6. 40km/hまで加速する(14秒)
7. 40km/hをキープして走行(15秒)
8. 40km/hから20km/hまで減速(10秒)
9. 20km/hから40km/hまで加速(12秒)
10. 40km/hから減速して停止(17秒)

●15モード燃費測定

1. アイドリング状態(65秒)
2. 50km/hまで加速する(18秒)
3. 50km/hをキープして走行(12秒)
4. 40km/hに減速して走行(4秒)
5. アクセルをオフにした状態(4秒)
6. 40km/hから60km/hまで加速(16秒)
7. 60km/hをキープして走行(10秒)
8. 60km/hから70km/hまで加速(11秒)
9. 70km/hをキープして走行(10秒)
10. 70km/hから50km/hまで減速(10秒)
11. 50km/hをキープして走行(4秒)
12. 50km/hから70km/hまで加速(22秒)
13. 70km/hをキープして走行(5秒)
14. 70km/hから減速して停止(30秒)
15. アイドリング状態(10秒)

 10モードでの測定3回、15モードでの測定1回の結果から算出します。
 ■ JC08モードとは?
JC08モード
JC08モードの測定方法
 JC08モード走行燃費とは、実際の道路走行時の燃費に近いような、いくつかの走行パターンから測定する燃費測定方法の一つで、日本の行政機関が規定し、日本国内で型式認定を受ける車両全てに対して2011年4月より適用されている測定方法です。

 10・15モードは、エンジンが温まった状態による測定のみですが、JC08モードでは排気ガスが濃く、燃料も多く使用される暖気前のコールドスタート時の測定も全体の25%程度加えられ、排ガスの測定も厳しいものとなっています。

 JC08モードの測定で用いられる走行パターンは…

  • エンジンが冷めた状態から測定
  • 平均速度が引き上げ
  • 最高速度が引き上げ
  • 車の測定時間が2倍

 より精密な燃費値が算出されるようになったことにより、JC08モードと10・15モードを比較すると平均して1割くらい燃費が低くなるようです。
 ■ JC08モードと10・15モードとの燃費比較
比較
車種別比較
 さて、ではJC08モードと10・15モードとではどれだけの違いがあるのかハイブリッドカー、ガソリン軽自動車、ガソリンワゴン車、ディーゼル車の同一車種で比較してみましょう。

車種名 JC08モード 10・15モード
トヨタ・アクア 35.4km/L 40.0km/L
ダイハツ・ムーヴ 27.0km/L 30.0km/L
日産・セレナ 14.6km/L 15.4km/L
日産・エクストレイル 13.8km/L 14.2km/L

 グレードや装備などの相違により燃費は多少異なりますが、JC08モードと10・15モードではこんなにも違いがでるんですね。
豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: JC08モード  10・15モード  燃費  違い 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/455-bbd9f1d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top