軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

運転する際にかかと・鼻緒がないサンダルは違反? 

サンダルや裸足、ハイヒールで運転すると道交法違反?
運転する際の履物に関する法律・罰則

 ■ 夏場に多いサンダル履きの運転
ヒール 運転
靴以外で運転してもいいの?
 夏、暑くなってきたらビーチサンダルやスリッパなどで普段からお出かけするという人も結構多いのではないでしょうか。

 そんな時、車を運転する際はみなさんどうしていますか?

 よく、かかとがついていないとダメとか鼻緒がついていないとダメなんてことを耳にしますが、法律的にはどうなっているのでしょうか…。

 そこで今回は、運転する際に履くのに適当な靴についてまとめてみました。
 ■ 法律的にはどうなってるの?
法律
サンダル履きに関する法律
 さて、そもそも運転中にサンダルを履くのは法律的にどうなっているのでしょうか?

 実は、サンダル履きに関しての特段の法があるわけではありません。

 ハイヒールや厚底靴も同様です。

 しかし、道路交通法では、運転者や同乗者または自動車の管理者などがなす全ての行為を立法することは不可能なこととして、道交法70条「安全運転の義務」に総括して立法しています。

 道交法 第70条(安全運転の義務)

車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

 この法70条は、特定の違反を定めていないため、全体が抽象的な規定となっており、道路交通法に規定しきれない行為全てに対応できるようになっています。

 そのため、サンダルやハイヒール履きは安全運転のためには不適切となり、その義務の違反に問われることになります。

 また、運転の際のサンダルなどの規定は各都道府県の公安委員会が定めており、各都道府県によってその内容も異なります。
 ■ 具体的には何がOKで何がNGなの?
運転 裸足
公安委員会遵守事項違反
 道路交通法とは別に道路交通法・道路交通法施行令の規定に基づき、都道府県によって道路交通法施規則というものが定められています。

 サンダルなどに関してはそこで定められる事になります。

 そこで

  • サンダルは鼻緒がついてなければならない
  • サンダルはかかとがついていて固定されていなければならない
  • サンダルは禁止
  • 裸足は禁止
  • 運転の妨げとなるような履物は禁止

などといった事項が規定されています。

 もし、これに反した場合は、公安委員会遵守事項違反になります。

 この公安委員会遵守事項違反の罰則は違反点数は減点なしですが、大型車7,000円、普通車6,000円の反則金が発生します。
 ■ まとめ
靴 裸足
安全な靴を選ぼう!
 いかがだったでしょうか?

 直接道路交通法に関わることのないグレーゾーンでもあるので、取り締まりは警察次第というようなことになります。

 近年流行しているクロックスのようなかかとのベルトを外したりできるタイプも警察や都道府県の道路交通法施規則次第になるということですね。

 とはいえ、サンダルやヒールのある靴、裸足で運転するのは大変危険です。

 少しでも運転に危険性があるものは違反の有無にかかわらず控えたほうがよいでしょう。
未分類の関連記事

category: 未分類

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 運転  かかと  鼻緒  サンダル  違反 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/438-5f3f7c0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top