軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

ラジアルタイヤとバイアスタイヤの違いとは? 

タイヤのラジアル構造とバイアス構造の違い
ラジアルタイヤとバイアスタイヤの特徴まとめ

 ■ タイヤの構造の違い
ラジアルタイヤ
ラジアルorバイアス
 自動車を使用する人は「ラジアルタイヤ」「バイアスタイヤ」といった言葉を耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

 最近では一般的な乗用車はラジアルタイヤが主流なので、あまりバイアスタイヤという言葉を聞かなくなりましたが、まだまだトラックやバス、小型トラック用のタイヤとして活躍しています。

 では、その違いは一体何なのか?それぞれの特徴をまとめてみました。
 ■ ラジアル構造の特徴
ラジアル構造
ラジアル構造とは
 ラジアル構造は、左図のようにカーカスがトレッドと直角になるような構造になっており、タイヤの中心から放射状(RADIATION)にカーカスが配置され、それをベルトで締め付けています。

 ラジアルタイヤの素材は以下のようになっています。

●カーチス
  • 乗用車用タイヤ…主にポリエステル
  • トラック・バス用タイヤ…主にスチール
  • 小型トラック用タイヤ…スチールまたは、ナイロンまたは、ポリエステル

●ベルト
  • 乗用車用タイヤ…スチールやアラミド
  • トラック・バス用タイヤ…主にスチール
  • 小型トラック用タイヤ…主にスチール
ラジアル構造のメリット
 ラジアル構造の良い所は、柔軟性があり、乗り心地が良いことでしょう。他にも、走行安定性やトラクションの工場、軽量化、トレッド面の長寿命化など多くの利点を持ち揃えています。

 しかし、サイドからの耐衝撃性能はバイアスタイヤに比べると弱く、損傷に弱いというデメリットがあります。

●ラジアルのメリット
  • 耐摩擦性に優れている
  • 高速耐久性に優れている
  • グリップ力に優れている
  • 操縦安定性に優れている
  • 転がり抵抗が小さく、燃費性能に優れている
  • 発熱が少ない
 ■ バイアス構造の特徴
バイアス構造
バイアス構造とは
 バイアス構造は、左図のようにカーカスと呼ばれるゴムの繊維を、斜めに配置し、逆方向にクロスして重ねていく構造になっています。それをブレーカーで締め付けているのがバイアス構造になります。

 バイアスタイヤの素材は以下のようになっています。

●カーチス
  • 主にナイロン
●ベルト
  • 主にナイロン
バイアス構造のメリット
 バイアス構造の良い所は、タイヤ全体が屈曲するので、乗り心地が良く、外部の衝撃に対する強度が高い頑丈なタイヤという点です。
 しかし、タイヤ自体が重く、高速時の転がり抵抗が大きいため、高速時のコントロール性やトラクション性能はあまり良くないというデメリットがあります。

●ラジアルのメリット
  • 製造工程が単純なため価格が安価
  • 乗り心地に優れている
  • 耐衝撃性に優れている
 ■ 結局のところどっちがいいの?
タイヤ 高速回転
時代はラジアルタイヤ?
 さて、ラジアルタイヤとバイアスタイヤの違いについて説明しましたがいかがだったでしょうか。

 それぞれ良し悪しがありますが、最近ではバイアスタイヤだった車両もラジアルタイヤに移行しつつあります。

 ラジアルタイヤはバイアスタイヤが誕生した60年後に発明されたものなので、性能が良いのは当然ですね。

 しかし、バイアスタイヤは比較的製造方法が容易というメリットがあるため、コストを重視する車や緊急時のスペアタイヤなどには適しており、まだまだ需要はあるのではないでしょうか。

 また、バイアスタイヤからラジアルタイヤに変えたいという人も中にはいると思いますが、車体自体がもともとのタイヤがバイアスならバイアスのラジアルならラジアルに合わせたサスペンションやフレーム構造で設計されているため、特に理由のない限りは上のような交換はパーツに無駄な負担を与えないためにも避けた方が良いでしょう。
性能・機能・構造の関連記事

category: 性能・機能・構造

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: ラジアルタイヤ  バイアスタイヤ  違い  構造 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/428-6a70eba0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top