軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【ハンドルが重い!】軽トラックにパワステを後付けする方法 

軽トラをパワーステアリングに交換
パワステにする方法・費用・保険について

 ■ 軽トラのハンドルが重い!
軽トラ ハンドル
軽トラにパワーステアリングを付けたい
 軽トラックに乗っていて困ることといえば、ハンドルの重さ。

 動いている時は良いですが、駐車など止まっている時にハンドルをきろうとすると重くて大変だったという経験をお持ちの方も結構いるのではないでしょうか。

 そこで、今回は軽トラックのハンドルを軽くするパワステを後付する方法とかかる費用についてまとめてみました。
 ■ パワーステアリングとは?
ハンドル操作
ハンドルに関する規定
 さて、そもそもパワーステアリング(パワステ)とは一体どんなものなのかと言いますと、操舵を補助する機構で、軽い力でハンドル操作をする事ができます。

 パワステには油圧式と電動式があり、油圧式はエンジンの出力を利用したもので、電動式はモーターなどを用いて電気由来の力でハンドル操作を補助するものです。

 それぞれの車種によって用いられている方式が異なります。

 また、パワステが装備されていない車を、ノンパワ、重ステといいます。
 ■ パワステに交換する方法
交換
どこでやってもらえるの?
 さて、パワステを後付けするには条件があります。

 それは…

同一車種でパワステ装備の車があること

 この条件が満たされていれば、パワステを後付けすることは可能です。
 しかし、最近の自動車は電動パワステが多く、その場合は、コンピュータによる制御などが入ってきますので、費用も高く、断る整備工場も多いでしょう。

 一方、油圧式のものだと電動式に比べると変更しやすいですが、やはり難易度の高いもの。

 費用は部品代が10万円ほどで工賃が数万円は見積もった方がよいでしょう。
 ■ 保険とかはどうなるの?
自動車保険
構造変更は必要?
 さて、軽トラックにパワステを付けたとしたら、車検証などの変更はあるのでしょうか。

 基本的には構造変更の届け出は必要ありません。そのため、車検証はそのままになります。

 保険も現在使用しているものをそのまま継続することができます。
 
 パワステをつけることによって便利にはなりますが、費用もかかりますし、中古でパワステ付きの軽トラを購入したほうが良いのかもしれません。
性能・機能・構造の関連記事

category: 性能・機能・構造

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: パワーステアリング  パワステ  後付け 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/399-fc489f65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top