軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【無灯火運転違反の基準】ヘッドライトを点灯するタイミングは? 

夏・冬のヘッドライトを点灯する目安について
何時くらいから無灯火運転になるの?

 ■ 時期によって点灯時間は違う
つけま
前照灯を付けるタイミングとは?
 夜間の運転には必要不可欠なヘッドライト。

 薄暗くなってきたらつけるという人がほとんどだと思いますが、法律では何時くらいから点灯することが義務付けられているのでしょうか。

 そこで今回は、自動車のライトを点灯する時間についてまとめてみました。
 ■ 道路交通法におけるライトの点灯
法律
無灯火運転は交通違反です
 視野・視界の悪い夜間に前方の進行方向を照らして安全な運転をサポートをするほか自車の存在を示すという役割のあるヘッドライトですが、道路交通法では点灯していなけば無灯火運転として交通違反で摘発されることになります。

 道路交通法第52条第1項によると…

車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間をいう。)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあつても、同様とする。

車両等が、夜間(前項後段の場合を含む。)、他の車両等と行き違う場合又は他の車両等の直後を進行する場合において、他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、車両等の運転者は、政令で定めるところにより、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない。

 つまり、日没から日の出の時間帯、もしくはトンネルなどの暗く視界の悪い場所では前照灯つける事が義務付けられています。
 ただし、周りの車の運転を妨げるようであれば、消灯するか、ライトの光度を落とさなければなりません。

 もし、この法律に反した場合は罰則として5万円以下の罰金が科せられることになります。
 ■ 点灯するタイミングは?
点灯時間
点灯する目安
 では、次にどれくらいの時間に点灯し始めるのが良いのか、目安をまとめてみました。

1月 2月 3月 4月 5月 6月
16:30 17:00 17:30 18:00 18:30 18:30

7月 8月 9月 10月 11月 12月
18:30 18:00 17:00 16:30 16:00 16:00

 点灯する時間の目安はだいたい日没の1時間前くらいが良いとされています。
 7月ぐらいの日が長い夏は17時半頃に点灯し、12月ぐらいの日が短い冬は15時頃に点灯するのが ひとつの目安になるのではないでしょうか。

 また、夕暮れ時(薄暮時)は事故が多発しやすいという統計もあります。
 早めにライトを点灯して自車の存在を他車に知らせることが交通事故の対策にもなります。
 ■ 夜間以外でも点灯
前照灯
昼間点灯
 夜間の点灯については説明しましたが、雨の日や曇の日に点灯するのも効果的です。

 というのも、ヘッドライトを点灯することは他車に存在を示すだけではなく、歩行者にも大きく影響を及ぼします。
 視界が良くなるというわけではありませんが、フォグランプ(スモールライト)でもよいので点灯するのが思いやりになってきます。

 さらに、最近ではタクシーやトラックといった事業用車などが昼間点灯をおこなっており、 対向車や歩行者などに対して積極的に存在をアピールしています。

 事故を未然に防ぎ、周囲への安全意識という意味ではとても良い活動なので、やってみるのもアリかもしれませんね。
豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: ヘッドライト  点灯  目安 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/376-64846a57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top