軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【バッテリー上がりの最終手段】押しがけでエンジンを始動する方法とは 

バッテリートラブル対策の最終手段、押しがけとは
軽トラックなどMT車限定ですが…

 ■ MT限定、バッテリー切れでもエンジン復活!
エンジンがかからない!そんな時…
 ライトの消し忘れや劣化など、意外と簡単なことで上がってしまうバッテリー。

 近くに車が通るところならまだしも、車通りの少ない場所ではブースターケーブルで電気を分けてもらうことさえ望み薄です。

 そんな絶望的な状況でも、MT車であれば押しがけという方法でエンジンを始動させることができるかもしれません。
 今回は、そんな"もしものトラブル"の際に役立つ押しがけの方法についてまとめてみました。
 ■ 押しがけでエンジンをかけよう
押しがけにとりかかる前の注意点
 押しがけとは、その名の通り「押しながらエンジンをかける」方法です。
 …と聞くと結構簡単そうなイメージがありますが、実は注意しなければいけないポイントも多いので、まず先に確認しておきましょう。

  • マニュアル車限定の始動方法です。
  • シフトレバー操作時にガクッと大きな負荷がかかるので、押す人は注意が必要です。
  • 下り坂を利用する場合はスピードの出しすぎにならないよう気をつけましょう。
  • 雪道や凍結路面ではスリップするので十分に注意しましょう。
押しがけのやり方
 さて、では押しがけの手順について確認していきます。
 イメージ的には「タイヤが動いている時にニュートラルから2速に入れる」。これだけです。

●手順1
キーをONにして、パーキングブレーキを解除したらギアを2速に入れます。

●手順2
クラッチを踏み、後ろから押しながら10~15km/h(小走りくらい)のスピードが出ているタイミングでクラッチを離します。

●手順3
エンジンが始動し始めたら、クラッチを切るのと同時にアクセルを踏み、エンストを起こさないようにします。

●手順4
上手くいったら、その後しばらくエンジンは切らずにアイドリングさせます。(できれば高い回転数を維持してバッテリーへの充電をおこないます)。

 コツとして、押す人がシフトレバー操作時の負荷(エンジンブレーキ)に負けず可能な限り押し続ける!の一点に尽きます。
 念のため、上記の手順を動画でも確認してみましょう。
 ■ バッテリートラブルを起こさないために…
押しがけのデメリット
 このように、とても便利な押しがけですが、これも万能というわけではありません。

 というのも、押しがけは車に大きな負荷をかける手法なので、多用しすぎると故障にもつながりかねません。
 なので、押しがけの使用はあくまで最終手段と考えた方が良いでしょう。
考えられる原因と対策
 それよりも、このようなバッテリートラブルを事前に回避する方が大切です。
 バッテリー上がりの原因はちょっとした不注意や劣化がほとんどで、前者の中でも特に多いのがライトの消し忘れ

 良くやってしまう人は毎回こまめにチェックするしかありませんが、押しがけで大変な思いをするよりかはマシですね。
豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: 押しがけ  やり方  方法  軽トラック 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/359-e668fd62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top