軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【軽トラックの高所作業車】そのスペック・諸元って? 

軽トラックにも高所作業車があった!
知られざる性能や価格を徹底解析


 ■ 軽トラックがここまで出来るように!
軽トラックがついに高所作業車に
 現場でもコストの削減が重要視されるようになった昨今。
 最近は維持費や税金を安く済ませるためか、冷凍車やダンプなど軽トラック型の特装車を街で目にする機会も多くなってきました。

 中には、高所作業車なんて珍しい形状もあったりするのですが、スペックが分からず手を出せないという人もいるみたいですね。

 電設、造園界隈では購入を検討している人も多いと思うので、今回はそんな軽トラの高所作業車について寸法や性能などのスペックから価格までを簡単にまとめてみました。
 ■ 各メーカー製品のスペックは?
各販売メーカーについて
 国内で製造・販売を行っているメーカーは主に以下の2社になります。

  • 株式会社ロードテック
    2010年に、世界で初となる軽トラックでの高所作業車を開発・販売。その他の特殊車両の製造・販売も行っています。
  • 株式会社アイチコーポレーション
    普通トラックの高所作業車でおなじみの大手販売業者・アイチコーポレーション。
    他にも穴掘建柱車を取り扱っていることでも有名。

 では、実際にこの2社が販売している高所作業車のスペックを見てみましょう。

高所mini(ロードテック)
 高所miniは、軽自動車をベースにした世界初のブーム式高所作業車です。ブーム駆動専用のバッテリーが搭載されているのが特徴で、作業中のアイドリングが不要です。

対応車種

【スズキ キャリィ】

バケット最大地上高
定員
旋回角度



5.2m
1名(100Kg)
左90度-右90度 (180度)

バケット搭載前
全長 3.395m
全幅 1.475m
全高 1.790m




バケット搭載後
3.395m
1.475m
1.995m

タウンマスターSC(アイチコーポレーション)
 通信工事における高所作業が想定されているモデルです。
 作業床面の最大地上高が5.4mとなっていたり、作業半径の広い屈折ブームが採用されていたりと、ケーブルへのアプローチしやすい特徴があります。

対応車種

【スズキ キャリィ】
【ダイハツ ハイゼット】

バケット最大地上高
定員
旋回角度



5.4m
1名(100Kg)
左190度-右90度 (270度)

バケット搭載前
全長 3.395m
全幅 1.475m
全高 1.790m




バケット搭載後
3.395m
1.475m
2.100m

 高所miniの方は、動画もあったので載せておきます。参考までにどうぞ。
 ■ 費用や免許など、その他のあれこれ
費用はどのくらいなの?
 価格は、どちらのメーカーからも公表されていなかったのですが、軽トラックの高所作業車は、通常よく使われる2t車に比べて半分ほどのコストを抑えることが出来るそうです。
 興味のある方は、メーカーに問い合わせてみると良いでしょう。

 また、維持費に関しては、燃費の良さや、重量税の安さなどで、年間約185,000円も2t車ベースよりお得になる様です。

運転に資格は必要なの?
 高所作業車を操作するには「高所作業車運転技能講習」または、「高所作業車運転特別教育」という講習を受講している必要があります。

 資格の違いは、操作する車両の

  • 作業床の高さが地上から10メートル以上の場合
    →「高所作業車運転技能講習修了者」が必要
  • 作業床の高さが地上から10メートル未満の場合
    →「高所作業車運転特別教育修了者」が必要

という形で区分されています。

 高所miniとタウンマスターは、いずれも作業床の高さ10m未満なので、この場合は高所作業車運転特別教育を修了していれば、操作が可能ということになります。
 なお、言うまでもありませんが、軽トラの運転自体には普通自動車免許が必要なので気をつけてください。
性能・機能・構造の関連記事

category: 性能・機能・構造

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: 軽トラック  高所作業車  高所mini  タウンマスター  スペック  性能 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/344-f0a0dc57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top