軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

雪道は危険!スリップの対応やコツについて 

スリップを防止する運転方法は?
すべらないためのコツやスリップ時の対応について

冬の道
 ■ スリップの危険性について
冬の交通事故発生原因について
 冬の道路は怖いもので、凍結路や雪道の事故が多数発生します。北海道警察から発表された2012年11月~2013年3月の間に北海道で起きた交通事故の原因は、次のような割合となっています。

スリップ
視界不良
わだち
その他
88.4%
9.7%
1.6%
0.2%

 驚くべきことに、事故原因の約9割がスリップによる事故という結果が出ています。雪に慣れている北海道の方ですら上記の結果となるのですから、あまり雪の降らない地域の人間が雪に見舞われた場合にどのような事態が起きるかは、火を見るより明らかですね。

 では、事故を起こさないために、ドライバーは一体どんな対策ができるのでしょうか。予防法と、スリップしてしまった場合の対応をまとめてみました。

 ■ 雪道を走る前の準備について
タイヤの変更とチェーンの装着について
 まずは、足から用意しておくといいでしょう。夏用タイヤで雪道を走るのは、あまりに無謀な行動なので、事前にスタッドレスタイヤに替えることが大切です。また、チェーンをつけておくと安心ですね。

 チェーンというと着けるのが難しかったり面倒だというイメージがありますが、最近はゴム性のワンタッチで装着できる手軽なタイプも増えています。かさばるものでもないので、いざというときに備え、車に積んでおくことをおすすめまします。

 ただ、手軽なゴム製チェーンのお値段は15,000~30,000円。金属チェーンは大体5,000~10,000円程度ですから、それに比べると若干お高いシロモノですが、命はお金に替えられませんよね。

車間距離について
 雪道では車間距離をいつもより広めにとることが大切です。

 なぜなら……
  • ブレーキが効きづらい
  • 視界が悪い
  • 道路にかいてある標示が見えづらい

 といった理由があげられます。また、ブレーキの効きづらさは特に顕著。例えば、時速40kmで走行している場合、乾燥路面だとブレーキをかけてから20mで停止するのに対し、雪道の場合はなんと73mも進んで停止します。このことが頭に入っていれば、車間距離を詰める気はなくなりそうですね。

「急」のつく運転には要注意
 急ハンドル、急ブレーキがスリップを引き起こすのは、もはや周知の事実ですが、急発進・急加速・急なシフトチェンジも思わぬ事故を引き起こす原因となります。

 ■ スリップ時の正しい対応って?
スリップしたときの正しい対処法について
 FF車、4WD車の後輪(リアタイヤ)がスリップした場合は、スリップした方向にハンドルを切ります
この際、タイヤに駆動力が伝わっている必要があるため、アクセルを離してはいけません。スピンがおさまる兆しを感じたら、すぐにハンドルを元の位置に戻してください。

 また、前輪が滑った場合はアクセルやブレーキから足を離し、ハンドルをしっかり握って駆動力が復活するのを待ってください。

 ちなみにFR車の場合は雪道ではまず走行できません。雪が降ったらFF車もしくは4WD車に変えた方がいいでしょう。

 ■ 他に気をつけることってある?
雪が降った日はゆとりを持ったスケジュールで
 雪が降ると、バスやタクシーを利用する人が増え、道路が混雑しがちです。さらに、普段よりスピードを出せないので、車の流れもあまりよくありません。

 もしどこかで事故が起こったら、交通止めになり、渋滞が予想されますね。全然進まないとなると、焦りを生みスピードを出してしまうのが人間の心理。そのため、雪が降った日は時間に余裕をもったスケジュールを組んでくださいね。

 また、スタッドレスタイヤやチェーンをしているからといって油断し、無茶な運転をしないように気をつけましょう。

豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: 雪道  スリップ  対処  対応  コツ  予防  運転 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/336-5c8a3d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top