軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

スタッドレスタイヤの正しい保管方法って? 

スタッドレスタイヤの保管場所はどこがおすすめ?
タイヤの保管方法や保管場所などまとめ

レゴ
 ■ 保管する前にするべきこと
保管前の準備について
 冬の間お世話になったスタッドレスタイヤ。春になり、「気温が高くなってきたからまた来年の冬まで保管しておこう……」と思ったとき、そこら辺に放置していては、タイヤの寿命はがくっと縮まってしまいます。

 そこで今回は、冬タイヤの保管方法についてお話をしますが、まずは事前に準備しておきたい点を確認していきましょう。

  • どの位置のタイヤかわかるように印をつける
  • タイヤの保管場所にビニールシートや段ボールを敷く

 ひとつめのどの位置のタイヤかわかるように印をつけておくとは、タイヤの位置を忘れる人が多いため。外してから約1年も経ってしまうと、フロントタイヤがどれであったか、左右どちらについていたか、などが分からなくなってしまいますからね。

 ふたつめの、タイヤを保管する場所にビニールシートや段ボールを敷いておくとは、汚れを防止するため。タイヤを長期間保管していると、タイヤの油などがにじみ出る可能性があり、床を汚しかねません。

 ■ スタッドレスタイヤの正しい保管方法って?
汚れを落とす
 冬の間使っていたタイヤですから、融雪剤が付着していることも。融雪剤は、タイヤのゴムを劣化させる要因となりますので、洗剤などを使って洗いましょう。また、小石やゴミなどが溝に入っていたら取り除いてください。

 タイヤを洗い終えたら、しっかりと乾燥させてください。濡れたままでは、ゴムの劣化を促進させてしまいます。

空気圧について
 規定の空気圧の状態では、ゴムへ常に圧力がかかり、劣化が進みます。そのため、空気を1/3ほど減らし、負担を減らしてあげましょう。

保管場所について
 タイヤの保管場所は、不適切な場所に置いてしまうと寿命を縮めてしまうため、最も気をつけるべきポイント。保管に適した場所は、次のような点が挙げられます。

  • 直射日光が当たらない
  • 風通しが良い
  • 湿度が低い

 やはり、屋内での保管が好ましいですが、屋外ならあまり雨の当たらない場所にしましょう。

 保管する際は、まず一番下に、すのこや角材を敷き、タイヤが直接地面に触れないようにします。その上に横倒しにした状態のタイヤを乗せます。ひとつ乗せたら、その上に段ボールをはさみ、もう一つ重ねていきます。タイヤとタイヤの間に段ボールが挟んである状態です。

 屋外の場合は、全て重ねたらタイヤ専用の保管シート、もしくは大きなビニール袋に穴を開けたものをタイヤの上からかぶせます。下は若干隙間をつくってください。理想としては月に1度くらい、ビニールを剥がし、タイヤの積んである順番を変えてください。こうすることで、ひとつのタイヤに圧力が集中するのを防げます。

 ■ タイヤを保管できる場所がない!
タイヤ預かりサービスについて
 一部のカーショップや、レンタルスペースなどでは、タイヤの置き場所に困っている人に向けて、タイヤ保管サービスをおこなっています。

 料金は月額で大体1,000~1,500円ほど。地域や店によって違うようなので、近くのショップに確認してみるといいでしょう。また、これらのサービスをおこなっている店の多くは、タイヤ交換や傷点検などをおこなってくれるそうなので、自力での交換が難しい人には、うってつけかもしれませんね。

豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: スタッドレスタイヤ  保管  方法  場所  冬タイヤ 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/317-ef7c3bbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top