軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【タイミングベルトが切れたら…】交換時期や費用について教えて! 

タイミングベルトが切れるとどうなるの?
タイミングベルトの役割や仕組み等まとめ

タイミングベルト
 ■ タイミングベルトとは?
タイミングベルトの役割について
 エンジンを組織する部品のなかには、吸気・排気バルブ、カムシャフト、クランクシャフトと呼ばれるものがあります。吸気・排気バルブの開閉により、吸気→圧縮→点火・爆発→排気という工程を繰り返し、エンジンを動かします。

 この際バルブが開閉するタイミングを決めているのが、エンジン上部にあるカムシャフトとよばれる部品。さらに、カムシャフトを動かすためその上部に位置しているのがクランクシャフトとよばれる部品です。

 このカムシャフトとクランクシャフトをつないでいるのがタイミングベルトで、エンジンが動くためのバルブの開閉を、的確なタイミングでおこなう役割を果たしています。

 さらに詳しく知りたい方は、下記のサイトで丁寧に解説していますので、ご覧になってみてください。

○カーライフサポート 「タイミングベルトとは」
http://www.carlifesupport.net/engine%20kiso_timingbelt.html


 ■ タイミングベルトの交換時期は?
年数、距離、どちらでみればいい?
 タイミングベルトの交換時期は、一般的に「10万キロ・10年走ったら」と言われていますが、本当なのでしょうか?

 調べてみたところ、冷却水やクランクシールの故障などでエンジンオイルがベルトに付着すると、寿命は短くなるようです。また、運転の仕方や積載する荷物量によっては、ゴムの劣化スピードは早くになります。さらに、年数の経過につれて、タイミングベルトの主素材であるゴムが劣化して切れたり、摩擦により表面の凹凸がなくなり、役割を果たせなくなってしまうこともあります。

 そのため、10万キロ、10年というのはあくまで目安にして、普段の使用状況から、「そろそろかな?」と思ったら、整備士に相談するのがよいでしょう。

 ■ タイミングベルトが切れたらどうなるの?
タイミングベルトが切れた際に起こりうること
 タイミングベルトはエンジンが動くため部品ですから、それが切れてしまうと当然エンジンが止まります。そればかりでなく、ブレーキが効きづらくなったり、ハンドルが重くなったりするため、とりあえず端に停車しようとするのもひと苦労。

 また、タイミングベルトが切れたとしても、バルブの動きは惰性で続くため、エンジン内ピストンと ぶつかり、ぐにゃりと曲がってしまうこともあるようです。

交換費用はいくらかかるの?
 タイミングベルトの交換はその工程の複雑さゆえに、業者に頼むのが一般的。また、交換の際はタイミングベルト本体だけでなく、その周辺の劣化が進んでいる部品も替えるのがほとんどです。そのため、個々の車の使用頻度・走行距離・使用目的により劣化度合いが変わり、交換費用も変化します。ただ、交換した人の話を聞いてみると、大体5万~8万円程度かかっているケースが多いようですね。

 また、万が一切れてしまった後に交換となると、前述のようにバルブが歪んでしまったら取り替える必要がありますし、最悪エンジンまで交換しなければならないことも。その場合、修理費用は数十万まで跳ね上がってしまうのです(車種によって前後します)。となるとやはり、切れる前に交換した方がはるかに経済的。そういえばしばらく交換していない……という車がありましたら、整備士に見てもらうことをオススメします。

豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: タイミングベルト  交換  時期  費用  とは  切れた 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/300-ec9a53fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top