軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【事故しても大丈夫?】軽トラの衝突安全性・耐久性について 

軽トラックの衝突安全性・耐久性ってどうなの?
衝突事故を起こした場合に軽トラは安全なのか


 ■ 軽トラの安全性について
どういう自動車の安全性が高いのか
 「交通事故は2人の愚者が出会うと起こる」と、交通事故に関しては自分さえ気をつけていれば避ける事ができると言われますが、いくら気をつけていても避けられない事故が起こることも事実です。

 近年の自動車にはエアバッグやABSといった安全対策が標準的に装備されるようになりましたが、それでも自動車自身の堅牢さがなければ衝突事故の不安が残ります。
 軽トラにおいては一体どれほどの安全性や耐久性があるのでしょうか。

自動車衝突実験
 自動車事故対策機構では市販車の安全性評価実験を行なっています。

 こちらでは自動車アセスメントとして、市販されている自動車の衝突実験をいくつかの項目ごとに評価、結果を公表しています。
 実験の結果は数値化されているので、安全性や耐久性を比較するには持って来いだと思っていたのですが、残念ながらトラックはこちらでは実験してなさそうでした。


 ■ 軽トラの衝突安全性について考えてみる
軽トラの構造による安全性の違い
 軽トラというか、自動車の構造の問題なんですが、前輪がシートの真下に乗っているフルキャブと車体の前方に配置されているセミキャブに大きく分けられます。

 こちらのオフセット衝突の動画を見てみましょう。





もし事故を起こすとしてセミキャブ車とフルキャブ車のどちらに乗っていたいでしょうか。
 私はセミキャブの方がいいですね。

そもそも軽自動車の規格では耐久性は高くできない?
 先ほど軽バンのオフセット衝突の動画を紹介しましたが、他の軽自動車の衝突実験も見てみましょう。



フルキャブ車のようなゾッとする感じではありませんが、やっぱり心もとないですね・・・。
軽自動車という時点で、十分な安全性・耐久性は確保できないんでしょうか。


 ■ 軽トラの安全性・耐久性の基準
フルラップ前面衝突試験で50km/hが基準
 日本国内では前面フルラップ衝突試験で50km/hをクリアできるかが基準になっているそうです。

 前面フルラップ衝突試験では、車体にかかった衝撃が逃げにくく、搭乗者に対してどれほどのダメージがあるのかどうかを見ることができます。
 50km/hという基準については、反対側からも同車種が50km/hで走ってくることを想定しており、単独事故ではなくいわゆる正面衝突時の安全性を測っています。
まあ、どの衝突実験の映像を見ても無事ではいられないと感じますが・・・。

クラッシャブルゾーンが狭い軽自動車は安全性・耐久性で不利
 車体の堅牢さと安全性は別物です。
 衝突時に潰れる車を見ると大丈夫なのかと心配になってしまいますが、実は自動車の設計ではあえて潰れるように作っている部分があります。
 クラッシャブルゾーンといわれる空間は、衝突時に潰れることでエネルギーを吸収して搭乗者へのダメージを軽減することを目的として設けられています。

 軽自動車は基準に収めるためにこのクラッシャブルゾーンを狭くせざるを得ません。
 安全性・耐久性は軽自動車に乗る以上は多少諦めなければいけなさそうです。

性能・機能・構造の関連記事

category: 性能・機能・構造

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: 軽トラ  事故  衝突  耐久性  安全性 
cm 2   tb 0   page top

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
投資 #- [2013/04/12 13:06] edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
# [2016/08/11 17:43] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/269-155218ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top