軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

高齢者が免許を更新するにはどうすればいいの? 

高齢者が免許を更新する際の手順など
高齢者講習?シニア運転者講習?運転免許取得者教育ってなに?

もみじマーク

 ■ 高齢者の免許証の更新
更新の期間など
 軽トラックといえば、70歳を過ぎたようなおじいちゃん・おばあちゃんが運転していることも多いですが、つい最近自動車免許の更新の方法が変わったのは知らない人も多いんじゃないでしょうか?

 ということで、高齢者が免許を新たに更新するためにはどのような作業が必要になるのかまとめてみました。


 ■ 高齢者の免許更新の事前準備について
道路交通法の改正
 新たに更新された道路交通法では、70歳以上の人が運転免許を更新しようとする場合は「高齢者講習」「シニア運転者講習」「運転免許取得社教育」「チャレンジ講習と特定任意運転者講習」という4種類の講習のいずれか1つを行うことが必要となっています。

 これらは、誕生日の1ヶ月前まで指定の自動車教習所などで予約して行うことができます。
(※75歳以上の人の場合はこれに加えて事前に「講習予備検査の受検」というものが必要となっています。)

講習の内容や必要な書類などについて
 講習にかかる時間はおおよそ2~3時間ほどで、金額は地域によって若干異なるようなのですが、どこもおおよそ6千円前後で1万円も持っていけば十分かと思われます。

 講習の内容は座学だけでなく実技もあるので注意が必要です。実技の内容は「運転適性検査器材による診断」「運転行動の診断と指導」「運転適性検査器材による診断と指導」といった項目が行われているようです。
 ちなみに所持品は

  • 運転免許証
  • 高齢者講習のはがき(案内?)
  • 筆記具
  • 印鑑

といったものがあると良いようです。


 ■ ようやく更新
更新手続きへ
 ということで、これらの試験に合格して講習終了証明書を免許センターへ持参することによってはじめて運転免許証の更新手続きが行われます。

 「これはとても無理だ…」という人も中にはいるかも知れませんが、そんな人は免許を敢えて返還することによっていろいろな優遇措置が受けられるようになるので、選択肢としてはこちらを取るのもありといえばありですね。
 その場合は、自分の自治体が免許を返納した人にどういったサービスを行なっているのかを調べてから返納することをおすすめしますよ。

豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: 高齢者  免許  更新  方法  料金 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/240-89cb0256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top