軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

軽トラックが事故を起こした時の安全性は? 

軽トラックが事故…乗員の安全性は確保されてるの?
軽トラックの衝突安全装備や車体の性能など

軽トラックの安全性

 ■ 軽トラックの安全性能について
最近の軽トラックの安全事情
 軽トラックというと、最近はかなり高性能化が進んでいて普通自動車顔負けの性能を持っていて機能も多彩ですね。

 特に高速道路での走行速度が80km/h→100km/hに緩和されてからは軽トラックを高速上で見ることも多くなりましたが、そんな中やはり小さくて客室がコンパクトだからか安全性が気になっている人が多いみたいなので調べてみました。

●軽トラックで高速道路は走行できる?料金はいくら?
http://trucktorack.blog.fc2.com/blog-entry-216.html


 ■ 軽トラックの規格
軽トラックの安全性の歴史
 軽トラックは、軽自動車の規格に合わせて作られたトラックで日本の自動車の分類の中で、最も小さい規格に当てはまる自動車の一種となります。
 1960年頃にはじめて登場した軽トラックは発売以来50年以上に渡って販売されている人気車種である一方で、昔から安全性には問題があるとされていて「ぶつかったらすぐ死ぬ」「ボディがペコペコ」と結構な言われようでした。

 そんな状況を改善するためか、1998年には現在の規格となる新基準の軽トラックが作られることとなり50km/h同士で正面衝突しても生存できるくらいの安全性が確保されました。

新企画と旧規格
 ちなみに、旧規格と新規格では安全性を確保するために新規格の方が旧規格より全長が10cm・全幅が8cm広げられているので購入の際には注意が必要です。

 また、では新規格だから安全安心なのかと言われるとそういうわけではなく、旧規格から比べれば遥かに進歩したとはいえ普通車と比べるとまだまだなので過信は禁物ですね。


 ■ 軽トラックのいろいろな安全装備
まとめ
 正面衝突で50km/hというと、物損事故の場合は100km/hくらいまでなら大丈夫?ということで前から何かが突っ込んでくるなんていう状況じゃない限りは高速道路でも一応安全(というか生き残れる)ということになるんでしょうか。

 まあ、軽トラックの技術は日進月歩で現在いろいろな装備がメーカーによって提供されているので気になる人はそういった装備面重視で選んでみるのもありだと思いますよ。
豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: 軽トラック  安全性  事故  破損  50km/h 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/233-5f6094f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top