軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

軽トラックの荷台は6尺×3尺…でもそもそも尺って何? 

軽トラックの荷台寸法で使われる1尺って何cmなの?
1尺=何cm??

尺貫法

 ■ 軽トラックの荷台に使われる"尺"について
軽トラックの荷台サイズは"尺"基準?
 軽トラックというと荷台の寸法は、ほとんどの車種で長さ1940mm×幅1410mmという規格で統一されているということは前にも触れたことがありますが、実はこのサイズはその昔日本で使われていた独自単位である"尺"というものが基準となっていることは知らない人も多いんじゃないでしょうか?

 しかし、1958年制定の計量法で尺を用いるような"尺貫法"という計算方法が公式の単位としては廃止されてからすでに50年以上経っているのに未だに軽トラックで尺を引きずっているのはなぜなのでしょうか?

●各社軽トラックの荷台寸法比較
http://trucktorack.blog.fc2.com/blog-entry-91.html


 ■ 尺という単位について
そもそも尺とは
 まず、尺という単位はどのようなものかというと、これは古代中国の殷の時代よりも前から使われていた単位で「手を広げたときの親指の先から中指の先までの長さ」が由来となっています。
 とはいえ、これは人によって長さが異なるのでその後ルールが統一されたり紆余曲折あって、現在では

  • 1尺=30.3030303cm≒30cm

ということでひとまず収まっています。

日本における尺
 そんな尺という単位、日本でも古来より使われてきたのですが廃止されて以降はメートルやセンチメートルといった新単位を用いる国際単位系という制度に移行しています。

 現在では、逆に取引や証明で尺貫法を用いた場合は、違反者は50万円以下の罰金に処せられるなど尺貫法の使用自体が禁止されているかのような形となっています。


 ■ 軽トラックの荷台はなぜ尺基準?
未だ密かに使われている尺
 では、なぜ軽トラックの荷台が未だに尺が基準となっているのかというと、これは未だ部分的に残っている尺貫法の名残が理由と言われています。

 これはどういうことかというと、商人の世界と違って職人の世界は師匠から弟子へと技術が受け継がれていくという性質上そのような政治的な影響を受けにくかったとされていて、尺という単位がそのまま使われ続けてきたんだそうです。
 現在でも伝統的な分野などでは尺という単位が常用されているほか、映画のセット制作の現場などでは未だに尺が基準となっているそうですよ。

 で、軽トラックの荷台は縦6尺(180cm)×横3尺(90cm)というサイズに若干の余裕を持たせたサイズとなっているのですが、ダンボールをはじめとし建築資材やロール紙、パネル材、農業用コンテナなどなど大きさが尺が基準となっているために軽トラックもそれに合わせた荷台の大きさになっていると収まりが良い、という寸法です。
 
  • 荷台長さ 1940mm(÷30cm≒6尺)
  • 荷台幅 1410mm(÷30cm≒4尺)

となっているのがわかりますね。

豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: 軽トラック    とは  何cm  荷台  寸法  長さ   
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/232-b99c8f7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top