軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

スバルサンバーにオープンデッキが登場 

スバルサンバーにオープンデッキが登場
サンバーにオープンデッキ仕様がデビュー

サンバーオープンデッキ
 ■ スバル・サンバーに初のオープンデッキ仕様
サンバーのオープンデッキ仕様がデビュー
 富士重工業は2012年7月4日、軽商用車「スバル・サンバー」シリーズに新グレード「オープンデッキ」を追加し、発売しました。

 「サンバー」の「オープンデッキ」は、ワンボックスタイプの「バン」をベースに、そのCピラーから後ろをオープンスペースの荷台としたもの。 リアエンドには、ダンプやトラックなどに見られる下ヒンジの扉が備わり、ワンボックスカーでは積み込みにくい背の高い荷物などにも対応します。
価格は112万8900円から。

オープンデッキとは?
 今回スバルから発売されたサンバーバン・オープンデッキはバンをべーすにして、4シーターでありながら版の荷室に積みにくい、例えばアウトドアで使用するようなクーラーボックスや釣竿、テントなどの荷物を積み込めるレジャー向けのモデルになります。
 スペックとしてはサンバーバンと近いものになりますが、3気筒DOHCエンジンと5MTもしくは4ATのトランスミッションを備えています。

 若者からファミリー、商用まで、幅広く需要がありそうですね。

 ■ サンバーの最近
ダイハツからのOEM供給
 ここ数年はスバルが軽自動車の生産をやめるとのことで、サンバーファンからは惜しまれる声が多数ありました。

●スバル・サンバー生産終了-50年の歴史に幕-

 特に赤帽の組合員の方々は業務にダイレクトに影響を与えるため、大規模な署名活動なども行なっていたようで、軽トラック界ではかなり大きな大事件として扱われていましたね。
新型の赤帽サンバーに関しても、まだまだ否定的な人も多いようで、ダイハツからのOEMはまだまだ未知数の領域です。

●新型赤帽サンバーについて

 私事ではありますが、先日赤帽さんを利用させていただきました。
 まだ旧サンバーを使っておられて、何か感慨深いものを感じさせていただきました。

あれ?これってハイゼット?
 ダイハツのOEM供給で生産しているということは中身はハイゼットということになりますが、ハイゼットにもハイゼットデッキバンというモデルがあります。

●ダイハツ ハイゼット デッキバン

 うーん。そうなると、サンバーバンをベースにしたと言うよりも、ハイゼットデッキバンの名前をサンバーに変えただけなのではないかと・・・。
 実際、現在のサンバーは元々持ち味として持っていたRRという駆動方式が変更されており、加えてスーパーチャージャーも搭載されていないため、そもそもの特徴は残っていないとも言えます。

 少し様子を見て、レビューなどが見れるようになったら乗り心地などを確認してみたいですね。
ニュース・コラムの関連記事

category: ニュース・コラム

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: スバル  サンバー  サンバーオープンデッキ  ハイゼット 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/217-7a3d355a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top