軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

政府が超小型車普及の指針を発表 

政府がセグウェイ等の超小型車普及を推進
政府が超小型車の普及を推進するとのこと

超小型車が普及したら
 ■ 政府が普及させる超小型車とは
超小型車の普及に向けてガイドライン制定
 政府が超小型車の普及に向けてのガイドライン(指針)をまとめたとのことです。
 このガイドラインで定義されている超小型車とは以下のとおりです。
  1. 自動車より小さく取り回しやすい
  2. 環境性能に優れる
  3. 1~2人乗り程度
従来の自動車とは一線を画した乗り物
(国土交通省 自動車局)
 こういった定義になるそうですが、排気量は125cc程度になるそうで、軽トラックよりも燃費や維持費が割安になるとの事。
高齢者がターゲット
新たな需要の創出
 今回政府が超小型車の普及を推進するのは、新たな需要の創出による経済活動の促進が目的ではないかと思われます。
 地方では少子化による過疎化で路線バスや電車の路線廃止などが進んでいる地域も少なくないようで、そういった地域での移動に使われるようになることを想定していると思われます。
 高齢者にも手軽に運転できる自動車として普及させ、近年消費の冷え込んでいる自動車業界の活性化を狙うという思惑もありそうです。
 また、昨年にはTPP参加に関連してアメリカから軽自動車の規格を廃止するよう要求があったことに関しての対応という意味合いもあるかも知れません。結局参加は見送りましたが。
 

 ■ 国内で開発中の超小型車
各社の開発している超小型車

ウイングレット
トヨタ:ウイングレット

ニューモビリティコンセプト
日産:ニューモビリティコンセプト

マイクロコミューターコンセプト
ホンダ:マイクロコミューターコンセプト

ピコ
ダイハツ:ピコ

Qコンセプト
スズキ:Qコンセプト

コムス
トヨタ車体:コムス
 ■ 超小型車普及で懸念される問題
大型車による巻き込み事故
 通常の自動車と比べるとかなり小型になる超小型車は、公道で走行する場合には大型トラックなどの死角に入り込み、巻き込み事故を引き起こすのではないかとの懸念があります。  また、明らかに耐衝撃性が弱そう(セグウェイにいたってはほぼ生身)なので、事故を起こした場合の乗員のダメージが懸念されます。
無免許運転
 原付も抱えている問題ですが、手軽に運転できるということは、無免許での運転が増加する可能性があります。
 自転車でさえ死亡事故を起こしてしまう可能性があることを考えると、原動機が付いている乗り物を無免許で運転することは非常に危険です。
 「超小型自動車を無免許運転の高校生 児童の列に突っ込み6名死傷」という新聞の見出しが出るかも知れません。
ニュース・コラムの関連記事

category: ニュース・コラム

thread: 自動車、バイク - janre: 車・バイク

tag: 超小型車  ガイドライン  指針 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/190-09c525f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top