軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

軽トラックの維持費は年間でいくらくらい? 

軽トラックの維持費は年間でいくらくらい?
軽トラックのランニングコストについて

千円札
 ■ 軽トラックの支出について
ランニングコストとは?
 ランニングコストとはビジネス用語で設備や機器などを運用する際にかかる費用のことです。

 例えば軽トラックの場合は購入後のガソリン代や各パーツのメンテナンス費用といった物理的なもののほか保険や税金などすべて含めた支出の合計のこととなり、いわゆる維持費に当たるものです。
トラックの代表的な維持費の支出
 軽トラックは軽自動車ということで普通車のトラックと比べても維持費は安いわけですが、そんな軽トラックの維持費といえば主に次のようなものが挙げられます。

  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 自賠責
  • 任意保険
  • ガソリン
  • 車検
  • その他(パーツの交換など)

 ■ 軽トラックの維持費
おおよその支出
 軽トラックの維持費のみに関してはおおよそ十数万円程度と言われていて、その内約は

  • 自動車税 4000円(年)
  • 自動車重量税 8800円(2年)
  • 自賠責 24880円(2年)
  • 任意保険 50000円(年)
  • 駐車場代
  • ガソリン代
  • (修理代)

となっています。
 とはいえ大概の場合は全部込みの車検代として10万円程度でパーツ交換やガソリン代に応じて増えるといった感じのようです。
維持費を浮かせるには
 燃費はアクセル操作の回数に比例して悪くなるので、アクセル操作の回数を減らして一定の速度で走るよう心がけることで維持費を抑えることができます。

 また、パーツの交換を極力抑える場合は過積載状態での走行をしないように心がけることが有効です。
 軽トラックは最大積載量を越えた荷物を積んで走行することで、本来想定していないような負担がパーツにかかるためその分各パーツの痛む速度が何倍も早くなります。
 そのため、ちょっとだけ…と思っても少し抑えて複数回に分けて運ぶ、などの心がけが将来的に維持費を抑えます。
任意保険について
 任意保険は維持費全体の中でも年間5~6万円程度とかなりの割合を占めていますが、万が一の際には保険会社が代理で交渉してくれるので困ることはありません。

 逆に任意保険に加入していない場合は、過失割合や修理費用の交渉などを全て自分1人でやらなくてはならない上に相手の保険会社と戦わなければならないというたちまち厳しい状況に立たされてしまいます。

 もちろん畑など私有地での利用がメインなので100%人身事故を起こす心配がないという人もいると思いますが、そうでない限りは付けておいた方が無難です。
お得な情報の関連記事

category: お得な情報

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: 軽トラック  維持費  年間 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/170-215b9319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top