軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

都市部近郊でハイエースの盗難被害が続出中 


相次ぐハイエースの盗難について

ハイエースの盗難
 ■ なぜハイエースばかりが盗難?
ハイエースと車上荒らし
 車上荒らしといえばハイエースとまで認識されているほど犯罪被害が多いハイエース、警察の統計によるとハイエースに乗っているというだけで実に他の車に比べて10倍以上も盗難率が高くなるという結果もあるくらいです。
人気の理由
 実はハイエースが窃盗団などに狙われやすい理由は他の商用車に比べて汎用性が高く(使い回しが効く)、丈夫で長持ちな上にセキュリティが甘いという点があります。

 2012年の5月7日から発売される機種からようやくイモビライザーが標準装備されるようになりましたが、現在の窃盗団はイモビライザーすらも解除する特殊な装置を使用しているのでやはりハイエースの盗難対策は他に遅れを取っているといっても過言ではないでしょう。

 ■ 盗まれたハイエースの行方
盗まれた車はどうなるのか?
 ハイエースにかぎらず、国内で盗まれた車がどのように処理されるかというとまずどこかの秘密工場でバラバラに解体され「くず鉄」という扱いで海外へと輸出されます。

 その後、現地で車は元通りに組み立てられて第三者の手へと渡るのですが最近はバラバラにした複数の車を混ぜこぜにして輸出したりと手口が巧妙化しているのでこの時点での摘発はとても難しいとのことで、ハイエースの場合はおおよそ15~20万円程度で取引されるとのことです。
ちなみに
 ちなみに、車の窃盗は警察でも検挙率が20%台ととても逮捕するのが難しい犯罪の1つで被害者のほとんどが泣き寝入りしている現状があるのでハイエースのオーナーに限らず盗難被害に合う前に対策はできる限りしておいたほうが良いでしょう。

 ■ 盗難に合いやすい車ランキング
2011年11月時点の盗難状況
 ちなみに警察から発表されている盗難被害の件数を割合でまとめると次のようなランキングになります。
 TOP5の車種は例年の盗難被害上位常連ですが、その中でもハイエースは特に群を抜いていることがわかると思います。

ハイエース 17.1%
セルシオ 10.1%
ランドクルーザー 9.2%
クラウン 7.0%
プリウス 4.7%
ワゴンR 2.8%
カムリ 2.6%
ハリヤー 2.2%
インプレッサ 1.9%
フォワード 1.9%
マークX 1.9%
カローラ 1.5%
レンジャー 1.3%
レガシィ 1.3%
インテグラ 1.2%
キャンター 1.2%
フォレスター 1.2%
RAV4 1.0%
アルフォード 1.0%
ヴィッツ 1.0%
ヴォクシー 1.0%
スカイライン 1.0%
ベンツ 1.0%
ニュース・コラムの関連記事

category: ニュース・コラム

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: ハイエース  セルシオ  ランドクルーザー  クラウン  プリウス  盗難 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/161-7108ff67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top