軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

軽トラックの人気機能、デフロックの構造 

デフロック機能の構造について
ぬかるみからの脱出に便利なデフロック

スーパーデフロック
 ■ デフロックとは?
デフロック機能の概要
 デフロック(Diff-Lock)とは、自動車の差動装置一つでデフロックは左右の車輪の駆動状態に関係なく常に同じ回転速度で双方の車輪を回転させ続けることができます。
主に駆動軸の左右車輪の差動を固定する為に用いられるほか、四輪駆動(4WD)や全輪駆動(AWD)の車両では各車軸間の差動(センターデフ)を固定する目的で装着される場合もあります。
具体的には
 悪路を走る際やぬかるみにはまってしまった際に大きな効果を発揮する機能です。
 デフは構造上空回りするようなタイヤを回転させようとしてグリップしてる方を回転させないようにするので、デフロックをONにすることでグリップしてようが空回りしてようが同じ比率で回転するようになります。
 そのためグリップしてるタイヤが回るので車が前に進むようになる、という寸法です。

 ■ デフロックが有効な場面
沼地
 沼地ではタイヤが空転すればするほど状況を悪化するので、自力での脱出が困難な場合は無理せず早々に救援を呼ぶのが無難です。
砂地
 スタックした時用のラダーなどがあるとさらに便利で、ない場合は毛布・カーペットなどで代用できるほか小石や砂利をタイヤにかませるのも有効です。
雪道
 スタッドレスタイヤやタイヤチェーンのほかスコップや軍手などがあると便利です。
 ただ、もし亀の子状態になってしまった場合はおとなしくロードサービスを呼びましょう。
性能・機能・構造の関連記事

category: 性能・機能・構造

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: 軽トラック  デフロック  とは  構造  意味 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/155-c7c32565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top