軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

ジャパネットたかたテレビショッピングで三菱のEVを70台実売  

ジャパネットたかたテレビショッピングで三菱のEVを70台実売
車も通販の時代。

ジャパネットたかたの方々
 ■ 三菱MiEVをテレビショッピングで販売
ジャパネットたかたでのMiEV販売回

ジャパネットたかた、テレビショッピングで三菱のEV70台を紹介販売

売れるものなのかと訝っていましたが、思ったより好調な売れ行きのようです。
車も家で買う時代ですかね。

ジャパネットたかたの高田明社長は9日、三菱自動車が都内の本社で開いた製品発表会で、テレビショッピングを通じて三菱の電気自動車70台を販売したことを明らかにした。

高田社長は「昨年から3回、テレビショッピングで日本で初めて(EVの紹介販売を)やったが、70台の実売につながった」と述べた。

三菱自動車とたかたは昨年12月、テレビショッピング番組での『i-MiEV』および『ミニキャブMiEV』の商品説明および紹介販売で提携。これまでに3回、テレビで実際に放送された。紹介販売した70台のうちi-MiEVとミニキャブMiEVの比率は明らかにしていない。三菱自動車によると昨年4月から今年2月末までのi-MiEVとミニキャブMiEVの国内販売台数は4400台。

(レスポンス 2012/3/9)



ビックカメラの店頭で販売されるi-MiEV

EVは「家電」扱い?

100%電気で走るEVは家電という認識もあり、ビックカメラやヤマダ電機ではすでに店内に販売コーナーを設けて販売しています。
実際、三菱のMiEVは蓄電した電力を家電に供給する装置もあるので、ある意味では蓄電池として見ることも可能です。無理矢理ではありますが。

 三菱自動車は家電量販店を通じて電気自動車(EV)「i-MiEV(アイ・ミーブ)」の販売に乗り出す。家電量販大手ビックカメラとは、EV販売などの連携協定に合意しており、9日に両社の社長が記者会見して発表する。
 家電最大手ヤマダ電機とも交渉を進めており、自動車大手メーカーが家電量販店で新車を販売するのは初めて。三菱自は太陽光発電システムなど環境対応製品とEVを組み合わせ、販路を広げることで、普及に弾みをつけたい考えだ。

 ビックカメラでは9日から東京・有楽町店でアイ・ミーブを展示する。販売促進キャンペーンを展開し、顧客を三菱の正規ディーラーに紹介する方針。ヤマダ電機とは中古車を扱う同社子会社を通じて、展示や紹介だけでなく、販売も行う方向で交渉を進めているとみられる。納車や整備、修理は三菱自のディーラーが担当する方向だ。

 また、三菱自は4日、アイ・ミーブの一部改良を発表。歩行者などの接近を知らせる通報装置を採用したほか、これまでメンテナンスリースのみだった販売方法に、現金での購入を加えた。現金購入者については、系列販売店でのメンテナンスパックを勧めるなどする。アイ・ミーブは今年4月から個人向けに発売されており、2010年度は4000台の国内販売を目指している。

(共同通信 2010/11/4)



ただし、売上については明言されていないものの、先に紹介したジャパネットたかたでの通信販売がはるかに良い売上げだとのことで、まだまだ世間ではEVを家電として受け入れているわけではなく、あくまで自動車だと認識していることが原因だと思います。
「集客力の高い家電量販店に販路を広げて」とのことですが、客層が明らかに違いますからね。
家電を買いに行った人が車買って帰ってくるなんて想像もつかないですよね。
ただし、実際の売れ行きはともかくとしてもMiEVの存在を知らせるという意味ではかなりの効果を上げているかもしれませんし、認知されたものをジャパネットたかたの通販で購入しているという人もいるかも知れません。
これからEVが普及していくための足がかりとなっていくであろうことを象徴するニュースだと思います。



ニュース・コラムの関連記事

category: ニュース・コラム

thread: 電気自動車 - janre: 車・バイク

tag: i-MiEV  ミニキャブMiEV  ジャパネットたかた  ビックカメラ  ヤマダ電機  通販 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://trucktorack.blog.fc2.com/tb.php/105-0188edbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top