軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【効果や価格】ホイールをコーティングする方法は? 

ホイールコーティングは効果があるの?
ホイールコーティングの価格やdiyのやり方など

 ■ ホイールをコーティングする理由
単体のホイール
コーティングの意味
 車の油汚れやブレーキカスの付着を防ぐホイールコーティング。

 このホイールコーティングには、どういった効果があるのでしょうか?

 そこで今回は、ホイールコーティングの効果や価格などについてまとめてみました。
 ■ コーティングの効果とは?
タイヤとホイール
コーティングの効き目
 さて、ホイールコーティングは、どんな効果があるのでしょうか?

 車のホイールは走行距離によって経年劣化しやすい部分であるため、傷や汚れが付きやすくなっています。

  • 走行距離によって経年劣化しやすい
  • 傷や汚れが付きやすい

 このため、少しでもホイールの寿命を延ばすために表面にコーティングを施します。

 このコーティングはホイールの表面をコーティング剤などで加工し、保護する目的があります。

  • ホイールの寿命を延ばす
  • 表面にコーティングを施す

 また、コーティングの効果としては以下が挙げられます。

  • 見た目が綺麗になる
  • ブレーキカスや鉄粉の付着を軽減
  • 油汚れや水垢が付きにくい

 このコーティングの効果はホイールの見た目が綺麗になることであり、光沢感のあるツヤが出てきます。

 また、コーティングを行うことでホイールの表面が加工され、摩擦を減らしてブレーキカスや鉄粉の付着を軽減させることができます。

 さらに、別の効果としてはホイール表面の加工による薄い膜ができるため、油汚れや水垢が付きにくくなります。
 ■ コーティングに掛かる価格は?
4つのホイール
価格の違い
 では、ホイールコーティングの価格はどれくらい掛かるのでしょうか?

 このホイールコーティングの価格は、カーショップや整備工場に依頼する場合と自分で行う場合で異なります。

  • カーショップや整備工場に依頼する場合
  • 自分で行う場合

 カーショップや整備工場に依頼する場合の工賃としては、ホイール4本で15,000円~30,000円程度となります。

 また、ホイールのインチや汚れ具合によって価格に差が出てきます。

 さらに、カーショップや整備工場に依頼する場合は価格が高くなりますが、撥水性や耐久性が向上し、自分で行うよりもコーティングが長持ちします。

  • 15,000円~30,000円程度
  • 撥水性や耐久性が向上して長持ち

 一方、自分で行う場合はコーティング剤などの費用込みで、3,000円~5,000円程度が必要となります。

 さらに、自分で行う場合は費用が安く抑えられますが、ホイールを4本コーディングしなければいけないので手間や時間が掛かります。

  • 3,000円~5,000円程
  • 手間や時間が掛かる

 ここまではコーティングに掛かる価格について説明してきましたが、次の項目ではdiyのやり方などについて詳しく触れていきます。
 ■ diyの方法は?
インパクトレンチでホイールを取る
コーティングに必要な道具
 さて、ホイールのコーティングをdiyで行う場合は、どうすれば良いのでしょうか?

 ホイールコーティングをdiyで行う場合に必要な道具は、以下のようになります。

  • コーティング剤
  • ジャッキ
  • トルクレンチ
  • 雑巾やスポンジ
  • ブラシ

 この道具には、コーティングの元となるコーティング剤があり、タイヤを取り外す際に必要な道具としてはジャッキやトルクレンチなどがあります。

 また、別の道具としてホイールの汚れを落とす雑巾やスポンジ、コーティング剤を塗るための道具はブラシなどが挙げられます。
ジャッキで車体を持ち上げる
1.タイヤを外す
 コーティングを行う流れは、始めに車両をジャッキで持ち上げます。

 これはタイヤを外しやすくするためであり、地面から3cmから5cm程度浮かせます。

  • タイヤを外しやすくする
  • 地面から3cmから5cm程度浮かせる

 また、車両が浮いたらホイールを止めているボルトを外していき、タイヤを外していきます。

 この時にトルクレンチを使用するため、事前に用意しておきましょう。

 ちなみに、電動でボルトを締めれるインパクトレンチがあると、作業時間を短縮することができます。
コーティング剤で磨く
2.コーティング剤を塗る
 タイヤを外した場合はホイールの汚れを落とすために、雑巾やスポンジで磨いていきます。

 この磨く際は雑巾やスポンジを水で濡らし、ホコリや細かい汚れを落としていきます。

 また、汚れをある程度落としたらブラシでコーティング剤を塗っていく作業に入りますが、数回に分けて塗るように心掛けましょう。

 この目安としては3回から4回に分けて塗り、一度塗り終わったら10分程度乾かすことを繰り返します。

  • 3回から4回に分けて塗る
  • 一度塗り終わったら10分程度乾かす

 また、ホイールにコーティングが施されたら、最後に1時間から2時間程度乾かして完了となります。

 上記のようなコーティングのやり方や効果について覚えておけば、ホイールをコーティングする際に役立つのではないでしょうか?

category: 修理・メンテナンス

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: ホイール  コーティング  効果  価格  工賃  diy 
cm 0   tb 0   page top