軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【原因・対策】エンジンの焼き付きを修理する際の費用は? 

焼き付きを直すための費用は?
焼き付きの修理費用や症状について

 ■ 焼き付きを直したい
エンジンから異音
エンジンから異音が発生
 車のエンジンから、カンカンやガチャガチャといった異音が発生する…。

 このような場合は、エンジンの焼き付きが発生していて、修理が必要になる事が考えられます。

 そこで今回は、このエンジンの焼き付きの症状や修理費用についてまとめてみました。
 ■ 焼き付きの症状とは
焼き付いたエンジン
異音や排気ガスの変色が発生
 さて、エンジンの焼き付きとは、エンジンオイルの不良やエンジン内部のメンテナンス不足から発生します。

  • エンジンオイルの不良
  • メンテナンス不足

 この焼き付きがエンジン内で起こると、エンジン内部からカンカン、ガチャガチャといった異音が聞こえます。

 また、排気ガスが青白くなったり、エンジン内部にスラッジ(汚泥)が溜まるといった症状が現れます。

  • エンジン内部から異音
  • 排気ガスの変色
  • スラッジが溜まる

 さらに、この焼き付きの症状が出た状態で車を乗り続けていると、突然エンジンが動かなくなる事があるので、事故などに繋がる恐れもあります。

  • エンジンが動かなくなる
  • 事故に繋がる恐れ
 ■ 焼き付きの原因は?
オイルのビン
原因や対策など
 さて、焼き付きが起こってしまう原因とは、具体的には何があるのでしょうか?

 主な原因としては、エンジンオイルを長く交換しないことによるオイルの劣化が挙げられます。

 さらに、エンジン内部のメンテナンス不足から発生するオイルの詰まり、オイル漏れなどからも焼き付きが発生します。

  • オイルの劣化
  • オイルの詰まり
  • オイルの漏れ
対処や対策は
 では、焼き付きが起こってしまった際の対処や、防ぐための対策は何があるのでしょうか?

  • 整備工場で修理
  • メンテナンスや修理

 上項のような症状が見られた場合は、車を整備工場に持ち込み、エンジン内部のメンテナンスや修理などを行ないましょう。

  • オイルの定期交換
  • 1万5千キロから1年

 焼き付きを防ぐための対策としては、エンジンオイルを定期交換することが挙げられます。

 この交換の目安は、ガソリン車であれば1万5千キロの走行から1年毎に交換すれば大丈夫ですが、車種ごとに目安が異なるので、説明書を確認しましょう。

 さらに、オイル交換時の2回に1回は、オイルの不純物を取り除くフィルターも合わせて交換してください。
 ■ 焼き付きの修理費用は?
エンジンの修理
症状によって異なる
 さて、焼き付きが起こった際に、整備工場で修理するといくらぐらい費用がかかるのでしょうか?

  • 軽度の場合は1万円程度
  • 重度の場合は30万円から50万円程度

 焼き付きの修理を行う際は、地域の工場によって費用が変わったり、車両の大きさによって金額が異なります。

 焼き付きが軽度の場合は、スラッジの掃除などエンジン内部のメンテナンスだけで済むので、1万円程度で収まります。

 しかし、重度の焼き付きの場合は、エンジン内部のメンテナンスだけでは回復できないので、エンジンの交換が必要となり、30万円から50万円程度の費用がかかります。

 このため、エンジン内部の異音や排気ガスの変色現象が見られたら、早めに整備工場に見て貰った方が良いでしょう。

category: 修理・メンテナンス

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: エンジン  焼き付き  症状    原因  ,修理費用 
cm 0   tb 0   page top