軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【修理や方法】サイドミラーの塗装に掛かる料金は? 

サイドミラーの塗装に掛かる料金
サイドミラーを塗装する場合の修理や方法など

 ■ サイドミラーの塗装に掛かる料金はいくら
単体のサイドミラー
サイドミラーを塗装する場合は
 車を運転している際、後方を確認するために付いているサイドミラー。

 このサイドミラーを障害物などに接触させて傷を付けてしまった場合は、塗装して修理することが可能です。

 そこで今回は、サイドミラーの塗装に掛かる料金や修理する方法などについてまとめてみました。
 ■ 塗装に掛かる料金は?
塗装している作業員
塗装の費用
 車を運転している際は、電柱などの障害物と接触してしまい、サイドミラーに傷が付いてしまうことがあります。

  • 電柱などの障害物と接触
  • サイドミラーに傷が付く

 このサイドミラーの傷が付いた場合に、直す方法として塗装する方法があります。

 また、塗装は自分で行う場合とカーショップに依頼する場合があります。

  • 自分で行う場合
  • カーショップに依頼する場合

 塗装に掛かる料金は自分で行う場合と、カーショップに依頼する場合によって異なります。

 自分で塗装する場合の料金は、道具の代金込みで3千円から5千円程度で塗装が行えます。

  • 自分で塗装する料金
  • 3,000円~5,000円程度

 また、カーショップに依頼する場合の料金は、工費込みで1万円から1万5千円程度が掛かります。

  • カーショップに依頼する料金
  • 10,000円~15,000円程度
 ■ 修理方法は?
割れているサイドミラー
傷の深さなど
 では、サイドミラーの修理方法は、何があるのでしょうか?

 この修理方法はサイドミラーの傷によって修理方法が異なり、修理が必要な状態は擦り傷やへこみ、ひび割れなどがあります。

  • 擦り傷
  • へこみ
  • ひび割れ

 この擦り傷の場合は、車体の色に合った塗装をすることで傷を修正できます。

 また、へこみの場合は塗装しても形が変形してしまっているため、サイドミラーを交換しなければいけません。

 さらに、ひび割れの場合もミラーの交換が必要となり、カーショップなどに依頼することが可能です。

  • 擦り傷の場合… 塗装
  • へこみの場合… 交換
  • ひび割れの場合… 交換

 ここまでは修理方法について説明してきましたが、次の項目では自分で塗装する方法について詳しく触れていきます。
 ■ diyの方法は?
傷のあるサイドミラー
自分で塗装する
 さて、diyで塗装する方法はどのように行うのでしょうか?

 この塗装の際に必要な道具としては、以下が挙げられます。

  • マスキングテープ
  • 下地用スプレー
  • 塗装用スプレー

 このマスキングテープは塗装する前に塗る場所以外の部分を隠し、色が入らないようにします。

 また、下地用スプレーは車体の色が入りやすいように白色に塗装するスプレーで、塗装用スプレーは車体に色を付けるスプレーとなります。
下地用のスプレーでサイドミラーを塗装
1.下地用のスプレーを塗る
 マスキングテープを貼った後に、下地用のスプレーを塗ってサイドミラーの色を白くします。

 この時の塗り方としては、下地の色にむらが出来ないように3回から5回に分けて塗っていき、1回塗装したら5分乾かすことを繰り返します。

 また、色のむらが出来ないようにスプレーの距離を近づけ過ぎないように注意しましょう。

  • スプレーの距離を近づけ過ぎない

下地用スプレーで塗装されたサイドミラー
2.塗装用スプレーで塗る
 サイドミラーの下地を塗り終えたら、車体の色に近い塗装用スプレーを吹きかけていきます。

 この場合も色にむらが出来ないように3回から5回に分けて塗っていき、塗装後は5分乾かしましょう。

 このような作業工程を終えたら、塗装したサイドミラーを2時間から3時間程度乾かして完成です。

  • 2時間~3時間程度乾かす

 ちなみに、乾かす際にドライヤーを当てることで時間を短縮することができます。

 上記のような塗装に掛かる料金や修理方法ついて覚えておけば、サイドミラーを塗装する際に役立つのではないでしょうか?

category: 修理・メンテナンス

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: サイドミラー  塗装  料金  価格  修理  方法  diy 
cm 0   tb 0   page top