軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

トルクコンバーターとは?仕組みやCVTなど 

AT車の変速機、トルクコンバーターとは
トルクコンバーターの特徴や仕組み

 ■ トルクコンバーターの機能って?
組み合わさったトルコン
AT車に欠かせない
 現在、ほとんどのAT車に採用されているトルクコンバーター(トルコン)。

 このトルクコンバーターはよく耳にしますが、仕組みがどうなっているのか気になりますよね。

 また、トルクコンバーターと併用されるCVTとは、一体何でしょうか?

 そこで今回は、トルクコンバーターの仕組みやCVTについてまとめてみました。
 ■ そもそもトルクコンバーターとは?
トルコンの詳細
AT車の変速機
 さて、トルクコンバーターとはAT車に搭載される変速機であり、トルコンとも呼ばれています。

 このトルクコンバーターにオイルを流すと、エンジンの動力を伝えることができます。

  • AT車に搭載される変速機
  • トルコンとも呼ばれる
  • オイルを流すと、エンジン動力を伝える
  • 安定したらチョークを全て戻す

 また、トルクコンバーターはMT車のクラッチとミッションの働きの一部を同時に行っています。

 では、このトルクコンバーターの仕組みはどうなっているのでしょうか?

 次の項目で確認して行きましょう。
 ■ トルクコンバーターの仕組みは
トルコン分解図
主に3つのパーツに分かれる
 さて、トルクコンバーターの内部は、主にタービン、ステータ、ポンプに分かれています。

  • タービン
  • ステータ
  • ポンプ

 この3つのパーツの働きは、タービンはオイルを通じて動力をトランスミッションに伝えて、ステータはエンジン回転が早くなると回転して、トルクを増幅させることが出来ます。

 また、ポンプはエンジン動力を受けて常に回転しており、車のアイドリング時はタービンも低回転を行ないます。

 これにより、動力がトランスミッションに伝わり車輪が回転するAT車特有の現象である、クリープ現象が発生します。

  • ポンプは常に回転
  • タービンも低回転
  • クリープ現象が発生

 では、トルクコンバーターとも組み合わせて使われるCVTとは何でしょうか?
 ■ CVTとは
CVTのベルト
ギアを使わず変速できる
 さて、CVTとは無断階変速機のことを指し、ギアを使わずに変速することができるトランスミッションです。

 このCVTはトルクコンバーターとも組み合わせて使用されています。

  • 無断階変速機
  • ギアを使わずに変速可
  • トルクコンバーターとも併用

 また、CVTの構造は2つのプーリー(滑車)にベルトを通し、プーリーの径を変化させる事により、連続的な変速を可能にしています。

 このため、ギアを使った車のような変速ショックがなく、スムーズな加速を行え、回転効率も良いために燃費も良いといった利点があります。

  • 変速ショックが無い
  • 加速がスムーズ
  • 燃費も良い

 しかし、油圧ポンプを常に動かす必要があるため、エンジンのパワーを失ってしまうという欠点があり、専用のオイルも必要であるといった欠点もあります。

  • エンジンパワーを失う
  • 専用のオイルが必要

 以上のような仕組みやCVTについて知れば、車の内部構造についてより詳しくなれるのではないでしょうか?

category: 性能・機能・構造

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: トルクコンバーター  とは  at  仕組み  cvt 
cm 0   tb 0   page top

【解除や押しがけ】車のクラッチスタートシステムとは? 

クラッチスタートシステムとはどんな機能?
クラッチスタートシステムの特徴や押しがけについて

 ■ クラッチスタートシステムって?
クラッチスタートシステムのボタン2
クラッチスタートシステムの使い方は
 MT車の機能について調べていたら、クラッチスタートシステムという聞き慣れない用語を聞いた。

 このクラッチスタートシステムとは、一体どのような機能なのでしょうか?

 そこで今回は、クラッチスタートシステムの機能や注意点などについてまとめてみました。
 ■ クラッチスタートシステムとは
駐車場のMT車
MT車の誤作動防止
 クラッチスタートシステムとは、エンジン始動時にクラッチペダルを床まで踏み込まないと、エンジンが機動しないMT車の機能です。

 このクラッチペダルは床まで踏み込みを行わないと、キーを回してもモーターが動かず、エンジンが始動しない仕組みになっています。

  • クラッチペダルを床まで踏み込まない
  • キーを回しても、エンジンが始動しない

 また、クラッチスタートシステムは1999年(平成11年)より、積載量2トン以上のトラックや、特殊自動車を除いたMT車の新車に、取り付けが義務化されました。

 この義務化の背景は、駐車時にギアが入ったままサイドブレーキを引いて誤作動が起こってしまい、事故が起こる事が多かったために、誤作動防止のために取り付けられました。

  • 1999年より一部を除き義務化
  • 誤作動が元に事故が起きていた
  • 誤作動防止のために取り付け
 ■ システム解除や踏切での注意点
ボタンを押す
スイッチや車検について
 さて、このクラッチスタートシステムは、必要で無い場合に解除することが出来るのでしょうか?

 このクラッチスタートシステムは、一部のSUVなどでは急な坂道でエンストした場合の対策として、一定時間システムが解除できるスイッチが備えられています。

 また、整備工場にシステム解除スイッチ作成の依頼を行えば、解除スイッチを後付けできますが、条件によっては車検に通らないことも考えられます。

  • 一部車両には解除スイッチあり
  • 解除スイッチの後付けも可能
  • 条件によっては車検に通らない

 ちなみに、クラッチスタートシステムを備えた車は、踏切内でエンジンが始動しない状況に利用する、スターターモーターが使えません。

 このため、踏切内で立ち往生してしまった場合は、車からすぐに出て踏切の非常ボタンを押したり、発煙筒を焚いて、車が動かない事を知らせる必要があります。

  • 非常ボタンを押す
  • 発煙筒を焚く
 ■ 押しがけとは
押しがけ
始動時の裏ワザ
 では、クラッチスタートシステムがついているMT車でも利用できる、押しがけとはどんな手段でしょうか?

 押しがけとは、MT車のバッテリーが弱ってる際や、エンジンがかからない緊急時に、その名の通り車を押してエンジンをかける事を指します。

  • エンジンがかからない際に行う
  • 車を押してエンジンをかける

 また、この押しがけを行う際は、以下のような順番でエンジンを始動させます。

  • キーをオンにする
  • パーキングブレーキ解除
  • ギア2速に入れる
  • クラッチ踏み続ける
  • 車を後から押す
  • クラッチを離す

 押しがけの順番は、はじめにキーをオンの状態にしておいて、パーキングブレーキを解除して、ギアを2速に入れます。

 この際は、クラッチを踏み続けることを忘れないようにしましょう。

 次に、車を後ろから押してもらい、10キロから15キロのスピードが出た所で、クラッチを勢い良く離します。

 この後エンジンが始動するのでアクセルを踏んで、エンストを防ぎましょう。

 以上のような特徴や注意点を知ることができれば、クラッチスタートシステムについてより詳しくなれるのではないでしょうか?

category: 性能・機能・構造

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: クラッチスタートシステム  とは  解除  押しがけ 
cm 0   tb 0   page top

【仕組みや使い方】車のチョークとは? 

エンジンの調整機能、チョークとは?
チョークの特徴や使い方など

 ■ 古い車についているチョークとは
チョークのノブ
チョークの使い方は
 古い車に乗ってみると、ハンドルの下などに見慣れないノブがある…。

 このノブは「チョーク」と呼ばれていますが、一体何のために使用するのでしょうか?

 そこで今回は、チョークの特徴や、使い方についてまとめてみました。
 ■ そもそもチョークとは?
チョークのノブ2
エンジンの始動調整ノブ
 さて、チョーク(弁)とは、古い車や軽トラックに備えられる、エンジンの始動時に空気量を手動で調整し、エンジンの回転を安定させるノブです。

 このチョークのノブがついた自動車はガソリン車を中心に1990年代初頭まで発売され、軽トラックではスバルのサンバーや、ホンダのアクティトラックなどに付けられていました。

 このチョークを使うことにより、寒い時期などエンジンが始動しにくい時に場合に回転数を安定させて、エンジンの磨耗を防いでいました。

  • エンジンの始動調整ノブ
  • 1990年代初頭まで使用された
  • 寒い時期に使われる

 また、現在はチョークの機能を自動的に調整を行なえる、オートチョークが主流となっています。

 ちなみに、このチョークを含んだエンジンのパーツの一つにキャブレターがあり、以下の記事に構造などが詳しくまとめられています。

○【調整・清掃】キャブレターの構造とは
http://trucktorack.blog.fc2.com/blog-entry-629.html
 ■ チョークの仕組みは
チョークのノブ3
手動と自動の仕組み
 では、エンジンの始動調整を行える、チョークの仕組みとはどうなっているのでしょうか?

 上項でも触れた通り、チョークには手動タイプと自動タイプがあり、この中でもチョーク弁式とスタータ式の2種類に分かれます。

  • 手動と自動がある
  • 更にチョーク弁式とスタータ式がある

 チョーク弁式のタイプは、キャブレターを持つ車に採用され、チョークのノブを動かすことによって、キャブレター内の吸気経路を締め、ガソリンの吸入量を増やすことができます。

 また、スタータ式のタイプは、チョークのノブを引くことによって、通常の燃料供給経路とは別に設けられた燃料供給経路から、ガソリンを供給させることができます。

 自動式の場合は、これらのチョーク弁式とスタータ式の動きを、センサーなどでコントロールして制御することが可能です。
 ■ チョークの仕組みは
チョークの操作
手動チョークの調整
 さて、実際にチョークを使ってエンジンの回転を安定させるには、どういう操作が必要なんでしょうか?

  • チョークを一杯まで引く
  • エンジンを動かす
  • チョークを半分位戻す
  • 安定したらチョークを全て戻す

 チョークを使う際は、冬場は目一杯、夏場は半分程度チョークを引きます。

 その後アクセルを踏まずにエンジンを始動させます。

 エンジンが始動したら、チョークを半分程度の位置に戻します。

 すると、エンジンの回転数が安定しだすので、完全に安定したらノブを完全に戻します。

 手動タイプはあまり一般的な機能ではなくなっていますが、いざという時に役立つかも知れませんね…。

category: 性能・機能・構造

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: チョーク  とは  仕組み  使い方 
cm 0   tb 0   page top

【調整・清掃】キャブレターの構造とは 

エンジンの混合気器、キャブレターとは?
キャブレターの調整や清掃について

 ■ 古い車のエンジンが不調に
キャブレターの確認
アイドリングの不調
 古い車の運転時に、アイドリングが不安定になることはありませんか?

 このような状態時は、キャブレターの清掃が必要な場合も考えられます。

 そこで今回は、今回はキャブレターの構造や、調整や清掃方法についてまとめてみました。
 ■ キャブレターの構造とは
キャブレターの構造
仕組み・構造
 さて、キャブレターとはどういったものかと言うと、主に古い車のエンジンに含まれるパーツで、エンジンの爆発に必要な混合気を作る、混合気器の事を指します。

 このキャブレターは様々な種類があり、空気の通路であるベンチュリーの数や方向、機能に加え、燃焼チェンバーの種類により分けられます。

  • ベンチュリーの数
  • ベンチュリーの方向
  • ベンチュリーの機能
  • 燃焼チェンバーの種類

 また、キャブレターの基本構成はエンジン内で負圧を生じさせるベンチュリー部、燃料が噴出するジェットノズル、燃料液を一定に保つフロート室、混合気量を制御して出力調整を行うスロットル弁、車の始発時に濃い混合気を供給するチョーク弁、急加速時に燃料不足を補う加速ポンプに分類されます。

  • ベンチュリー部
  • ジェットノズル
  • フロート室
  • スロットル弁
  • チョーク弁
  • 加速ポンプ
 ■ キャブレターの調整方法とは
色が違うキャブレター
点火プラグの調整
 さて、キャブレターの調整とは、エンジンが吹くなどの症状を起こし不調になった際に、キャブレター内の空気とガソリンの割合を整えるために行ないます。

 このキャブレターの調整は、キャブレター内の点火プラグの焼け具合が目安となり、色合いによって以下のような判断が出来ます。

  • 白い場合 調整が足りない状態
  • 灰色の場合 理想的な状態
  • 黒い場合 通常の状態

 また、点火プラグが白い状態であれば、車を80分程度走行すれば、中間色の灰色となり、エンジンの状態もちょうど良くなると言われています。

 しかし、この調整具合は車種や個人の感覚によって異なるため、あくまでも目安としてお考えください。

 ちなみに、この燃焼調整は最寄りのディーラーや整備工場でも行こなうことが可能なので、個人で行うのが難しい場合は相談してみましょう。
 ■ キャブレターの清掃手順
キャブレターの清掃
クリーナーによる清掃
 では、古い車のアイドリングが不調の際は、どのような対策を取れば良いのでしょうか?

  • キャブレターの清掃

 古い車のアイドリングが不調な場合は、エンジン内部にあるキャブレターを清掃すれば、アイドリングが安定します。

 この際の清掃方法は、以下のような手順になり、市販のキャブクリーナーを用意すれば行えます。

  • エンジンを開ける
  • エアクリーナーを外す
  • クリーナー内のパーツを外す
  • キャブレターにクリーナーを吹く

 キャブレターの清掃時は、エンジンを開けてから、エアクリーナーのボックスを開いて、エアクリーナーを外して取り出します。

 エアクリーナーを取り出したらキャブレターが現れますので、中央部分にある鉄のパーツを外し、更に内側のゴムのパーツも取り外します。

 キャブレターのゴムパーツまで取り外したら、内部にゴミなどが無いか確認して、誰かにアクセルの回転数を保ちながらアクセルを踏んでもらい、クリーナーを少量ずつ断続的に吹きかけます。

 また、キャブレターが汚れている場合にクリーナーを吹き付けると、マフラーから白煙が出るので、人に迷惑にならない場所で清掃を行ないましょう。

 ちなみに、この清掃でかかる費用は、クリーナーの代金である2,000円から3,000円だけで済みますので、エンジンの内部構造に詳しい方は試してみてはいかがでしょうか?

category: 性能・機能・構造

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: キャブレター  構造  調整  清掃 
cm 0   tb 0   page top

【違いや比較】インチアップとリフトアップのメリットやデメリット 

インチアップとリフトアップの違いやメリットなど
それぞれの違いや特徴

 ■ インチアップとリフトアップの違いは?
リフトアップしたトラック
インチアップとリフトアップの特徴
 車には、使い道や楽しみ方によって人それぞれのこだわりが出せるという魅力があるのではないでしょうか?

 インチアップとリフトアップは、乗っている車を好きな形へと変えていく事で、日々の楽しみを深めてくれるものです。

 見た目として、改造することによって違いがでてくるのは分かると思いますが、どんな良さがあるかというと、分からない方も多いと思います。

 そこで、今回はインチアップとリフトアップのメリットやデメリットについてまとめてみました。
 ■ インチアップの特徴やメリットって?
タイヤのホイール
インチアップとは?
 まず、インチアップとは自動車に装着しているホイールのリム径をより大きなものに交換することを言います。

 リム径とは、ホイールの直径であるタイヤが組み込まれる部分の事です。

 また、ホイールは車とタイヤをつなぐ重要な部品で、走る、曲がる、などの車の走りに影響を与えます。
インチアップのメリット
 さて、ホイールをインチアップするメリットとして挙げられるのは以下の通りです。

  • ファッション性を高める
  • 性能を高める

 ファッション性を高め、車の足回りを好みのデザインに変える事ができるので、自分の服装を整えるようにカッコイイ感じにしたり可愛くしたり、好みに合わせたカスタマイズが可能になります。

 また、ホイールを変える事により性能面でも違いが出てきます。

 ホイールは車の走行に対して影響が出るので、その車に合わせた大きさを選ぶ事で、カーブの走行が安定するといった、より走りやすくなるというのもメリットの1つです。
インチアップのデメリット
 一方、インチアップのデメリットとして挙げられるのは以下の通りです。

  • タイヤの内側が薄くなり、幅が広くなる
  • ホイールの値段だけでなくタイヤの値段がかかる

 ホイールを大きなものに交換する事によりタイヤの内側が薄くなり、幅が広くなります。

 タイヤサイズが広がる事により接地面が大きくなり、ゴツゴツとした道路の感覚が車体に伝わりやすくなってしまい、乗り心地が悪くなるということが起きます。

 また、デザイン性を高めるものなのでホイールの値段が高額なのと、タイヤもホイールに合わせて新しいものに変えるので、相対的にコストがかかるというのがデメリットです。
 ■ リフトアップの特徴やメリットって?
リフトアップした自動車
リフトアップとは?
 リフトアップとは、主に自動車を改造して車高を上げることや、車高を上げた車の状態を言います。

 車高とは、タイヤの接地面から屋根などの最上部までの自動車の高さの事を指します。

 車のタイヤを大きくする事で、リフトアップを行う方法が一般的です。
リフトアップのメリット
 さて、リフトアップするメリットとして挙げられるのは以下の通りです。

  • 障害が多い道の走行がラク
  • 力強さや迫力がある

 車高が上がる事により、地面と車底との距離が長くなるので、オフロードや林道、雪道などの障害が多い道の走行がラクになります。

 また、見た目として力強さや迫力のある車を演出できる事がメリットの1つです。
リフトアップのデメリット
 一方、リフトアップのデメリットとして挙げられるのは以下の通りです。

  • 風の抵抗を受けやすい
  • 車高の制限に外出先で困ることがある
  • 視点が上がるので死角が増える

 高速で走行する際、車高を高めた事により横風の影響を通常の場合よりも受けやすく横転の危険性が出てきてしまい、走行する際の安定性が悪くなります。

 また、極端に高くしてしまうと鉄道や高架、トンネルなどの通過が難しくなり場所にもよりますが、屋内にある駐車場によっては車高の制限により駐車できないといった事も起きてしまいます…。

 リフトアップによって視点が上がるので死角が広がり、街なかを走行する際には注意が必要になりますが、普段とは違う視点で走行が行えるという新鮮さもあるので、安全運転を心がけていきましょう。
 ■ インチアップとリフトアップの使い方は?
インチアップした自動車
使われる場面や機能は?
 インチアップとリフトアップの違いを説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

  • インチアップ…デザインや機能面を考えてホイールを交換すること。
  • リフトアップ…見た目の迫力を増し、障害物の多い道に対応するためにタイヤを大きくすること。

 この違いを踏まえたうえで、自分のこだわりを実現してみてはいかがでしょう。

 ちなみに、インチアップする際の費用は、次のようになっています。

  • ホイール…約3万円~10万円
  • 取り付け工賃…約5千円~1万円
  • その他部品…約1万円~2万円

 また、リフトアップを行なう際の、タイヤ代を含めた工費は30万円くらいが相場のようです。

 どちらも業者によって、専用の工具や部品を注文してから作るという事になるので、素材や見た目により金額が変わってきます。

 また、より詳しいリフトアップについてはこちらの記事に書かれているので、参考にして下さい。
○【方法・費用etc...】軽トラックのリフトアップはどうやればいいの?
http://trucktorack.blog.fc2.com/blog-entry-342.html

 車の個性や、見た目のカッコ良さにこだわりたい!と言う方におすすめのインチアップやリフトアップといった改造、出来栄えを考えながらイメージを膨らませてみてはいかかでしょう。

category: 性能・機能・構造

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: インチアップ  リフトアップ  違い 
cm 0   tb 0   page top

PR

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ