軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【流れ・注意点】他県で中古車を購入する場合は? 

中古車を他県の販売店で購入する際は
県外での購入の流れや注意点など

 ■ 県外の販売店で中古車を購入したい
中古車販売店2
他県で中古車を購入するには
 長年探していた車が、中古車として他県の店で販売されていたけど、どうやって移動させればよいのだろう?

 他県の販売店で中古車を購入する場合は、何を注意して購入すれば良いのでしょうか。

 今回は、他県での中古車購入の流れや注意点などについてまとめてみました。
 ■ 中古車を他県で購入する流れ
ディーラーと客
販売店とのやりとり
 さて、他県で中古車を購入する際は、はじめに実車について直接見にいくか、見に行けない場合は電話やメールなどで状態確認をしっかり行ないましょう。

 状態の確認ができたら車庫証明や印鑑証明を用意して、販売店にこれらの書類を送り、名義変更をやってもらいます。

 名義変更後、現金や実印、住民票や印鑑証明を用意して販売店との契約を行ない、その後に届く車検証のコピーをもらいます。

  • 車庫証明や印鑑証明を送る
  • 名義変更してもらう
  • 販売店と契約する
  • 車検証をもらう

 また、軽自動車を購入する場合は手続きが異なり、購入後に住民票を店側に送れば、管轄の検査協会でナンバーを登録してくれるそうです。

  • 販売店と契約する
  • 住民票を送る
  • 名義変更してもらう
  • 車検証をもらう
 ■ 他県で購入した場合のナンバーは
販売店
陸運局によっては変更
 さて、他県で購入した車が県外のナンバ-のままである場合は、ナンバーを変更する必要があります。

 この場合は、自分が住む地域を管轄する陸運局に赴き、手数料納付書と自動車税・自動車取得税申告書、申請書を購入もしくは受け取ります。

 その後は、以下の手順でナンバー変更手続きを行ないます。

  • 用紙の作成
  • 登録手数料の支払い
  • ナンバーの返却
  • 書類の提出
  • 車検証の交付
  • 税金の申告
  • 新ナンバー交付

 また、ローンを使用して中古車を購入した場合は、ナンバー変更の際にローン会社の委任状が必要です。

 さらに、元から自分が住んでいる県を管轄する陸運局のナンバーである場合は、変更する必要はありません。

  • 管轄の陸運局のナンバーなら変更不要
 ■ 他県で購入する場合の注意点
ひどい中古車
購入時は慎重に
 では、県外で中古車を購入する際の注意点とは何があるのでしょうか?

 中古車を購入するにあたっては、キズや修復歴の確認をした上で、特にキズのつきやすいバンパー部分の確認や、ニオイが無いかなどを、電話やメール、写真で確認しましょう。

 また、陸運局の登録を行って貰えるか、車の輸送を行って貰えるか、修理や点検は販売店側が行なうか、県外ということで別費用が発生しないかも確認した方が良いでしょう。

  • キズや修復歴確認
  • ニオイの確認
  • 陸運局の登録
  • 車の輸送
  • 修理や点検の場所
  • 別費用の発生

 また、業者によっては、同じメーカーでもディーラーによっては取り繋いで貰えないこともあるそうです。

 県外の中古車を購入する際は、実車を確認できない場合もあるので、電話やメールなどで上記の注意点を充分に確認しましょう。

category: 販売・購入

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 他県,中古車,購入,流れ,注意点 
cm 0   tb 0   page top

【値引き】新車の価格交渉時のコツや注意点 

新車購入時の価格交渉術とは?
価格交渉の概要、時期、注意点

 ■ 新車を安く購入したい
新車の運転
ディーラーから安く購入する
 現在乗っている車が古くなってしまったので、新車を購入したい。

 実は、新車の購入時にうまく交渉を行えれば、20万円から30万円程度安く購入する事が出来ます。

 そこで今回は、新車購入時の価格交渉のコツや、注意点についてまとめてみました。
 ■ 新車が値引きされる時期は
新車の契約
交渉のタイミング
 さて、新車が値引きされやすい時期とは、主に以下が挙げられます。

  • 2月~3月
  • 6月~7月
  • 9月
  • 11月~12月

 新車が値引きされやすい時期の中でも、2月から3月の決算前は、ディーラー側が最も車両を売りたい時期なので、特に値引きされやすくなっています。

 また、6月や7月、11月や12月など、ボーナスが支給される時期も販売台数を増やすために、値引きが行われます。

 さらに9月は中間決算が発表される時期であるため、株主に良い結果を報告したいために、新車が安くなる事が多くなっています。
 ■ 価格交渉時の注意点は
新車の交渉
契約は慎重に
 では、価格交渉を行うコツとは何があるのでしょうか?

  • 他の販売店とも商談を進める
  • 中古買取価格を調べておく

 新車を購入しようと思っている販売店と価格交渉を行う前に、同メーカーの他の販売店と商談を進めておいて、見積もりを出して貰いましょう。

 この見積もり価格を元に、本命の販売店と価格交渉を行えば、自分の店で買ってもらうために価格を安くしてくれるはずです。

 また、現在乗っている車の下取りを活用する場合は、事前に中古買取価格を調べておけば、この金額を引き合いに下取り価格を高くして貰う事も可能です。

 これらの見積もりや下取り価格の値上げを利用することにより、新車を20万円から30万円程度、安く購入することが可能になります。
 ■ 価格交渉時の注意点は
新車とキーボード
契約は慎重に
 さて、新車の価格交渉時に注意すべき点とは、以下の3点があります。

  • クーリングオフが効かない
  • 月末の登録を避ける

 実は、新車は契約書に印まで押してしまったら、クーリングオフ(契約解除)が効かないので、慎重に契約する必要があります。

 どうしても契約を破棄したい場合は、新車にナンバーが取り付けられる前までにキャンセルの申し込みを行ないましょう。

 ただし、この際はキャンセル料が発生してしまいます。

 また、ディーラー側に新車の登録をしてもらうのは、月末を避けて月初にして貰ったほうが良いでしょう。

 この理由は、月末に登録してしまうと、1ヶ月分の自動車税の支払いが発生してしまうからです。

 しかし、ディーラー側の都合により月末に登録されてしまった場合は、オプションや諸費用を割引して貰える可能性もあります。

 以上のような時期やコツ、注意点を確認した上で、新車を購入してみてはいかがでしょうか。

category: 販売・購入

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 新車  価格  交渉  コツ  注意点  値引き 
cm 0   tb 0   page top

【軽自動車の売買】予備車検の方法やかかる費用・必要書類について 

自動車の売買で見かける予備車検の意味とは?
予備車検の概要・手順・場所・費用・必要書類

 ■ 予備車検ってなに?
メカニック
個人売買
 自動車を購入する際、ディーラーや中古車販売店だけではなく、ネットオークションなどの個人売買で購入する人もいることでしょう。

 そんなネットオークションなどの個人売買情報を見ると「予備車検(予備検査)済み」「予備車検(予備検査)渡し」などといった言葉を見かけます。

 通常、車検のない車を名義変更するには運輸支局で車検を受ける必要があり、車検に合格しなければ登録手続きをすることができません。

 この予備車検渡しというのは車検に合格させた状態で引渡しという事で、運輸支局で名義変更する時に予備検査証を提出する事によって、新たに車検を受けなくても車検が2年付いた状態で登録手続きができるということになります。

 では、この予備車検とは一体どのようにおこなわれるのか見て行きましょう。
 ■ 予備車検とは?
予備車検
予備車検の概要
 予備車検とは、簡単に言うと、ナンバープレートのない車両(普通車の場合は一時抹消、軽自動車の場合は使用中止の状態)をそのままの状態で車検を受け、車検だけに合格させておく事になります。

 この予備車検でおこなわれる検査は、他の一般的な自動車車検と変わりはありません。

 唯一、違う点はナンバープレートのない車両に対し、あくまでも予備という前提のもとにおこなわれる車検ですので、この予備検査に合格したところで、新しい車検証は交付されず、自動車予備検査証という車検証に似た検査証が交付されることになります。

 また、この予備車検では名義変更などおこなわれていないため、車両を譲り受けられたまたは車両を所有する人は、その予備検査の合格にて交付された予備検査証の有効期間内に、名義変更や登録などの届出の手続きをおこない、新たなナンバープレートと車検証の交付を受ける必要がありますので注意してください。

 ※予備検査証の有効期間は3ヶ月です。

 ちなみに、ユーザー車検において、予備的に受けられる模擬検査のことも予備検査といい、これは、実際の車検で検査・チェックされる項目と同様の検査を行う事で、このような検査をおこなえる設備を持つ民間施設の事を、予備検査場(予備車検場)といいます。
 ■ 予備車検を受ける場合に必要な書類とは?
予備検査
予備車検に必要な書類
 さて、ナンバープレートのない車両(普通車の場合は一時抹消、軽自動車の場合は使用中止の状態)を予備車検する場合は、以下の書類が必要になります。

●予備検査の必要書類

  • 自動車検査証返納証明書(軽自動車)
  • 一時抹消登録証明書(普通車)
  • 譲渡証明書
    (別の名義で予備検査を受ける場合に必要で、旧所有者の印鑑が押印されたものになります。)
  • 委任状(本人以外が検査を受ける場合)
  • 手数料納付書
  • 申請書(OCRシート1号様式)
  • 自動車検査票もしくは保安基準適合証
  • 検査印紙
 ■ 予備車検にかかる費用はどれくらい?
車検費用
予備車検の費用
 さて、この予備車検にかかってくる費用は一体どのくらいになるのでしょうか?

 車検時にかかってくる自動車税、登録印紙代、重量税、自賠責保険料を除いた予備車検にかかる登録印紙代のみの費用は以下のとおりです。

  • 軽自動車…1,400円
  • 小型自動車…2,000円
  • 小型自動車以外の車両(普通車・トラック)…2,100円

 継続検査を目的とした予備検査は民間企業でおこなうため、地域や店舗によって価格は異なりますが、今回の予備車検の場合は、運輸局でおこなうため、価格は一定の値段に定められています。

category: 販売・購入

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 予備車検  費用  必要書類 
cm 0   tb 0   page top

軽トラックのアオリが破損…荷台部分の交換修理って可能なの? 

荷台部分のみのパーツって販売してるの?
中古・新中古などなど、軽トラパーツ事情


 ■ 軽トラのオーナー事情
軽トラの荷台修理
 軽トラックといえば、オフロードを走ることが多いことに加えて軽規格ということで特に荷台部分は凹んだり割れたりと壊れてしまうことが結構多いですよね。

 とはいえ、ちょっと壊れたくらいで修理に出すのも高くつきますし上手いこと荷台だけ交換したいところ…ということで今回は軽トラックの荷台の修理や交換方法についてです。


 ■ 荷台だけ交換ってできるの?
"荷台部分だけ"を手に入れる手段
 まず、軽トラックを修理するためには荷台を手に入れなければなりません。
 その方法には

  • 自動車解体業者、整備工場、板金屋にあたる
  • ネットオークションで探してみる
  • メーカーに直接問い合わせてみる

 といった手段があり公式を除いては価格を見ても意外と安く、中古の荷台はヤフオクなどで見ても数万円程度で出品されていました。

 ちなみに、例えば同じハイゼットにしても年式によって微妙に形状が違うので、このとき事前に車検証で自分の軽トラの型番を確認しておくのが良いでしょう。

荷台パーツを交換する方法
 さて、運良く荷台を手に入れることができたとしても、荷台をボディに搭載しなければならないので本番はここからです。
 
 実は荷台はレゴブロックのように簡単に着脱できるようなものではなく、着脱に溶接が必要だったり配線に注意する必要があったりするので素人にはかなりハードルが高い作業です。

 そのため、慣れない人は先に挙げた自動車解体業者、整備工場、板金屋にお願いしてみる方が良いですが、引き受けてもらえてもその際にはしっかり工賃が発生する点はお忘れなく。
 何事も手間のかかることはお金もかかるということですね…。


 ■ 注意点など
荷台の自作
 ということで、中には「高くつくなら荷台を自作してしまおう!」と考える人もいるかもしれませんが、もしナンバーが交付されている軽トラの場合は車検が通るような作りにしないと違法な車両となってしまいますので注意が必要です。

 せっかく自作したところで車検を通し直すのも手間ですし、作業のクオリティなども考えると高くついても普通に修理に出すのが…やはり一番現実的ですね。

category: 販売・購入

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: 軽トラック  荷台部分のみ  パーツ  販売  中古  新中古 
cm 3   tb 0   page top

軽トラックの新自動車重量税っていくら? 

軽トラックの平成24年度・新自動車重量税について
軽トラックの自動車重量税について

軽トラックの税金あれこれ
 ■ 自動車重量税について
自動車重量税とは?
 自動車重量税とは、自動車に対して課されるいわゆる税金の一種のことです。
 課税の基準が自動車の車両総重量に対応していて、税額が重量区切りで分けられていることから自動車重量税と呼ばれています。
自動車重量税の詳細について
 自動車重量税についてはわかりやすく説明しているページがあったので興味があればぜひそちらをご覧ください。

●平成24年の新自動車重量税が施行、税額早見表もあり。
http://blog.livedoor.jp/gootruck/archives/6838119.html

●平成24年度の新自動車重量税、大型10tトラックの場合はいくら?
http://torack7.blog.fc2blog.net/blog-entry-293.html

 ■ 軽トラックの自動車重量税一覧
車両総重量1t以下の場合
 自動車重量税は重量によって税額が異なっていて、それぞれの重量に応じた税額は次のようになっています。

[2年間自家用]
  • エコカー減税適用
    免税 0円
    75%減 1200円
    50%減 2500円
  • エコカー減税適用なし
    適用なし 6600円
[2年間事業用]
  • エコカー減税適用
    免税 0円
    75%減 1200円
    50%減 2500円
  • エコカー減税適用なし
    適用なし 5200円


[1年間自家用]
  • エコカー減税適用
    50%減 1200円
  • エコカー減税適用なし
    エコカー 2500円
    下記以外 3300円
    13年経過 3800円
    18年経過 4400円
[1年間事業用]
  • エコカー減税適用
    50%減 1200円
  • エコカー減税適用なし
    エコカー 2500円
    下記以外 2600円
    13年経過 2700円
    18年経過 2800円
車両総重量2t以下の場合
 自動車重量税は重量によって税額が異なっていて、それぞれの重量に応じた税額は次のようになっています。

[2年間自家用]
  • エコカー減税適用
    免税 0円
    75%減 2500円
    50%減 5000円
  • エコカー減税適用なし
    適用なし 13200円
[2年間事業用]
  • エコカー減税適用
    免税 0円
    75%減 2500円
    50%減 5000円
  • エコカー減税適用なし
    適用なし 10400円


[1年間自家用]
  • エコカー減税適用
    50%減 2500円
  • エコカー減税適用なし
    エコカー 5000円
    下記以外 6600円
    13年経過 7600円
    18年経過 8800円
[1年間事業用]
  • エコカー減税適用
    50%減 2500円
  • エコカー減税適用なし
    エコカー 5000円
    下記以外 5200円
    13年経過 5400円
    18年経過 5600円

category: 販売・購入

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: 軽トラック  平成24年度  新自動車重量税 
cm 0   tb 0   page top

PR

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ