軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

新型キャリイの性能や価格を知りたい! 

待望のフルモデルチェンジ! 果たしてその性能は?
新型キャリイの性能や内装、価格などのまとめ

新型キャリイ1
 ■ スズキ・キャリイがモデルチェンジ!
新型キャリイについて
 1961年に登場して以来、世の中のニーズに合わせて、幾度となくモデルチェンジを重ねてきたスズキ・キャリイ。2013年9月20日、およそ14年ぶりとなるモデルチェンジがおこなわれ、12代目のキャリイが発売されることとなりました。

 国内軽トラシェア率をダイハツに抜かれて以来、2位という立場で奮闘してきたスズキ・キャリイ。果たして、このモデルチェンジにより、再び王座に君臨できるのでしょうか。

 ■ どういう性能が進化したの?
室内幅の拡大
 新型キャリイでは、室内空間が大幅に改善されました。
例えば、運転席を15mm後方に配置させることで、シートのスライド幅を90mmから140mmに変更。それにより、ドライバーの体格に合わせ、快適な運転姿勢がとれるようになりました。

 また、ガラス間室内幅は1,370mmという軽トラ業界でもトップクラスの広さとなっているため、開放感を感じることができそうです。

小回りが効くようになった
 新型キャリイでは、車体レイアウトを見直し、ホイールベース(前輪軸と後輪軸の距離)を短くし、最小回転半径を3.8mから3.6mへ縮小させたことに評価が集まっているようです。

 やはり、軽トラというと悪路や狭い道などを走ることが多いため、小回りが効くにこしたことはない、というのがリアルなユーザーの声なのでしょう。ちなみに、ライバル車であるダイハツ・ハイゼットの最小回転半径は3.7m。この100㎝の差がどれだけ響いてくるかが楽しみですね。

低燃費の実現
 さて、気になる燃費ですが、新型キャリイでは新型エンジン「RO6A型エンジン」を搭載。それにより、2WD5MTで、18.6/Lを実現しました。先代モデルで最も燃費が良かったものでも17.2/Lですから、およそ1.4/L分のコストダウンに繋がります。

KXモデルの登場
 今回のモデルチェンジでは、4WD+3ATの最上グレード「KX」が登場します。
その駆動力はさることながら、設備の充実も嬉しいところ。
そこで、KXに搭載されている機能をまとめてみました。

  • 荷台作業灯
  • リアゲートチェーン
  • パワーウィンドウ
  • パワードアロック
  • CDプレイヤー
  • 電波式キーレスエントリー

 ■ 新型キャリイの値段はいくら?
新型キャリイの価格に関して
 最後に、キャリイの新型モデルと先代モデルをグレード別価格帯別にまとめてみました。


KX
2WD・5MT
2WD・3AT
4WD・5MT
4WD・3AT

KC
2WD・5MT
4WD・5MT

KC パワステ
4WD・5MT

KC エアコン・パワステ
2WD・5MT
2WD・3AT
4WD・5MT
4WD・3AT
先代モデル







640,500円
785,400円


822,150円


759,150円
848,400円
904,050円
993,300円
新型モデル

910,350円
990,150円
1,055,250円
1,135,050円


665,700円
810,600円


847,350円


784,350円
864,150円
929,250円
1,009,050円

豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: 新型  キャリイ  性能  価格  画像  2013  フルモデルチェンジ  荷台 
cm 0   tb 0   page top