軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

 【構造やチョークとの違い】ティクラーとは? 

ティクラーってなに?
ティクラーの構造やチョークとの違いなど

 ■ ティクラーについて
イラストのティクラー
ティクラーの意味は
 ティクラーとは、ガソリンエンジンのキャブレターに付属する装置ですが、構造はどうなっているのでしょうか?

 また、ティクラーと構造が似ているチョークの違いを知らない方も多いのではないでしょうか?

 そこで今回は、ティクラーの構造やチョークとの違いなどについてまとめてみました。
 ■ ティクラーとは?
手で持っているティクラー
ティクラーの構造
 ティクラーとは、ガソリンエンジンのキャブレターに付属する装置で、エンジン始動時に混合気の空熱比を一時的に濃くし、冷間時の始動を容易にします。

  • キャブレターに付属する装置
  • 冷間始動を容易にする装置

 また、ティクラーの構造としては、キャブレターにあるフロートバルブを開き、フロートチャンバーからベンチュリ内に燃料を溢れさせて混合気を濃くします。

  • プートバルブを開く
  • 混合気を濃くする

 さらに、ティクラーはキャブレターに備え付けられた操作スイッチを押すことで作動します。

 また、ティクラーは操作スイッチを押している間は燃料が溢れ続けるため、混合気が濃くなりすぎて逆に始動が困難になる場合があります。

 このため、操作上の慣れが必要であることから、現在では、操作が容易なチョークが普及しています。
 ■ チョークとは?
単体のチョーク
チョークの構造
 では、ティクラ-と構造が似ているチョークとは、どのようなものなのでしょうか?

 このチョークは、ガソリンエンジンなどを燃焼させるため、混合気の空燃比を一時的に多くするように調節する装置で、冷間始動を容易にします。

  • 混合気の空熱比を一時的に多くする
  • 冷間始動を容易にする装置

 また、チョークの構造としては、取り付けられているレバーを引いてキャブレターが吸入する空気量を絞って少なくし、一度に多くの燃料を供給して混合気を濃くする仕組みを持っています。

  • 空気量を少なくさせる
  • 混合気を濃くする

 さらに、エンジンの始動後、レバーを約半分程度戻し、エンジンの回転数が安定する状態まで待ちます。

 その後、回転数が安定したらレバーを元の位置に戻すことで、車両の走行が行えます。

 ここまではチョークについて説明してきましたが、次の項目ではティクラーとチョークの違いについて触れていきます。
 ■ ティクラーとチョークの違いは?
手で持っているキャブレター
違いは混合比の変え方
 さて、ティクラーとチョークの違いは、何が挙げられるでしょうか?

 この違いは、キャブレターが関係していて、燃料や空気量を送り込む方法が異なります。

  • 燃料や空気量を送り込む方法

 キャブレターとは、燃料と空気を混合する装置となり、ティクラーやチョークに付属されています。

 このため、ティクラーはキャブレターに燃料を送り込むことで混合気を濃くします。

 一方、チョークはキャブレターに送り込む空気量を減らして、一度に多くの燃料を供給して混合気を濃くします。

  • ティクラーはキャブレターに燃料を送り込む
  • チョークはキャブレターに送り込む空気量を減らす

 また、別の違いとしては、使用されている年代に違いがあります。

 これは、ティクラーが使用されていた年代は、1970年代前半までとなっていて、現在はほとんど使用されていません。

 また、チョークは現在でも使用されていて、一般的な方式となっています。

  • ティクラーは1970年代前半まで使用
  • チョークは現在でも使用

 上記の構造やチョークとの違いについて覚えておけば、ティクラーについて詳しくなれるのではないでしょうか?

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: ティクラー  とは  構造  チョーク  違い 
cm 0   tb 0   page top

国道と県道の違いとは?市道や標識など 

国道と県道の特徴
国道や県道の違いや標識など

 ■ 国道や県道の定義って?
国道3号の標識
国道や県道の違いは
 幹線道路を運転しているとよく見かける、国道や県道の標識。

 普段何気なく利用している国道や県道ですが、どんな点が違うかわからない方も多いのではないでしょうか?

 そこで今回は、国道や県道の違いや標識などについてまとめてみました。
 ■ 国道と県道の違い
国道6号の標識
国道の定義
 国道とは、一般国道と高速自動車国道(高速道路)の2種類分かれ、一般的に国道という名称は前者を指すことが多くなっています。

 この国道は主に国が管理を行ない、政治や経済、文化的に重要や県庁所在地などの都市を連絡する事を目的に作られています。

  • 一般国道と高速自動車国道
  • 主に国が管理
  • 県庁所在地などの都市を結ぶ

 さらに、国道の種類は、国が管理を行う指定区間(直轄国道)と、国から補助金を受けて都道府県や政令市が管理する指定区間外(補助国道)に分類されます。

  • 指定区間(直轄国道)
  • 指定区間外(補助国道)

 また、国道の意義は道路法第5条によって定められ、第5条を要約すると以下のような内容になります。

  • 都道府県庁所在地や重要都市を連絡
  • 人口10万人以上の市と連絡
  • 重要な港湾、飛行場、観光地と連絡
  • 整備が必要な都市などと連絡

 ちなみに2016年現在、国道は路線数が1号から507号まで指定されていますが、歴史的な経緯により欠番があり、459路線が実在しています。

  • 1号から507号まで
  • 実際は459路線
県道311号の標識
県道の定義
 県道は、別名都道府県道とも呼ばれる道路の事を指しています。

 この県道は県や政令指定都市が管理を行ない、主要地と呼ばれる市や人口5000人以上の町などを連絡する事を目的に作られています。

  • 都道府県道とも呼ばれる
  • 県や政令指定都市が管理
  • 主要地間を結ぶ

 さらに、都道府県道の種類は、建設大臣が指定を行う主要地方道と、東京都知事が指定する特例都道、上記以外の一般都道府県道に分類されます。

  • 主要地方道
  • 特例都道
  • 一般都道府県道

 また、県道は道路法7条で定められていて、第7条を要約すると以下のような内容になります。

  • 主要地と港湾、観光地などと連絡
  • 主要港と関係する停車場などと連絡
  • 主要停車場と関係する観光地と連絡
  • 2つ以上の市町村などと連絡
  • 主要地と関係する高速道路と連絡
  • 上記以外の地方開発に必要な道路

 さらに、上記の項目は各都道府県によって認定要件が異なっています。

 また、県道は国道と違い、整理番号と呼ばれる路線番号と路線名が設けられていて、昔からの街道や、かつて国道だった旧道が県道に指定されています。

  • 路線番号と路線名がある
  • 街道や旧道が指定される
 ■ 市道との違いは
市道132号の標識
市道は二種類に分かれる
 さて、上記のように定義される国道や県道と異なる、市道とはどういった道路なのでしょうか?

 市道とは市町村道とも呼ばれ、各市町村が管理を行っています。

 この市道は市町村の区間内に設けられていて、市町村の議会によって路線が決められいます。

  • 市町村道とも呼ばれる
  • 各市町村が管理
  • 市町村の区間内に設置
  • 市町村議会で路線決定

 さらに、市道は都市計画された街路や戸数50戸以上の主要集落を結ぶ幹線一級市町村道と、戸数30戸以上の集落を結ぶ幹線二級市町村道に分かれています。

  • 幹線一級市町村道
  • 幹線二級市町村道

 また、市道は道路法8条で定められていて、第8条を要約すると以下のような内容になります。

  • 市町村の区域内に存在する
  • 市町村の議会の議決が必要
  • 市町村道の路線も設定可能
  • 関係市町村の議決が必要
  • 主要地と関係する高速道路と連絡

 さらに、市道の標識は市町村によって定められ、それぞれ形が異なっています。

 ちなみに、整備不十分な国道を「酷道」と呼ぶように、市道を「死道」と呼ぶこともあり、中には登山道であったり、人が通れない道もあるそうです。
 ■ 標識やマーク
国道1号のアイコン
標識の違いは
 では、国道や県道、市道の標識は、どのような違いがあるのでしょうか?

 国道の標識は逆三角形で、国道が設定された1960年代から使用されていて、国道表記と国道番号が表示されています。

  • 国道は逆三角形
  • 1960年代から使用
  • 国道表記と国道番号の表示

 また、県道の標識は六角形で、県道が設定された1970年代から使用され、整理番号と路線名が表示されています。

  • 県道は六角形
  • 1970年代から使用
  • 整理番号と路線名の表示

 さらに、市道の標識は主に五角形が使われ、台形や長方形の物も採用されたり、市町村によって形が異なります。

 市道の標識は、市町村の議会によって市道が議決されてから設置が行われ、主に地域名と路線番号が表示されています。

  • 市道は主に五角形
  • 議決されてから使用
  • 地域名と路線番号の表示

 ちなみに、地図に国道や県道が表記される場合は、大文字の「R」が国道にあたり、小文字の「r」が県道を示しています。

 この「R」は英語のRouteの略を表しています。

 以上のような国道や県道の違いを知っておけば、道路についてさらに詳しくなるのではないでしょうか?

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 国道  県道  違い  市道  標識 
cm 0   tb 0   page top

【違いや速度】バイパス道路とは? 

バイパス道路とはどんな道路?
バイパス道路と他の道路の違いや速度など

 ■ バイパス道路とは?
新しいバイパス
バイパス道路の意味
 数多く存在する道路のなかでも、バイパス(BP)道路という種類があります。

 このバイパス道路とは、一体どのような特徴を持つ道路なのでしょうか?

 そこで今回は、バイパス道路の特徴や他の道路との違いなどについてまとめてみました。
 ■ そもそもバイパス道路とは?
迂回に使うバイパス
迂回のために作られる
 バイパス(BP)道路とは、市街地などの混雑する区間を迂回したり、山間部の道幅が狭い区間の通行を避けるために作られた、自動車専用道路です。

  • 混雑区間の迂回
  • 道幅が狭い区間を避ける

 このバイパス道路は新たに土地を購入して作られることから、迂回路や新道とも呼ばれています。

 また、このバイパス道路は高規格な構造で作られ、道幅が広く、カーブも少なく立体交差が多いといった特徴があります。

 さらに、バイパス道路は通行が無料の場合と有料の場合があり、有料の場合は多額の事業費がかかっているため、その補てんのために利用者から料金が徴収されます。

  • 迂回路や新道とも呼ばれる
  • 高規格な構造で作られる
  • 通行が無料と有料に分かれる
 ■ 他の道路との違い
山間部のバイパス
国道や高速道路との違い
 さて、上項のような特徴を持つバイパス道路ですが、国道や高速道路といった道路とは何が異なるのでしょうか?

  • 使用目的
  • 管理先
  • 速度

 バイパス道路は混雑区間などからの迂回や、他の幹線道路につなぐのが目的ですが、国道は幹線道路として全国的な拡張を目的として作られています。

 また、高速道路は各区間ごとの走行した際の、時間短縮を目的としています。

 さらに、それぞれの道路の管理先も分かれ、バイパス道路は県や市町村、国道は県や国、高速道路は東日本・中日本・西日本の各道路会社によって管理されています。

  • バイパス道路は県や市町村が管理
  • 国道は県や国が管理
  • 高速道路は各道路会社が管理

 次の項目では、バイパス道路や他の道路の最高速度と最低速度について、詳しく解説したいと思います。
 ■ バイパス道路の速度
都市部のバイパス
最高・最低速度は
 では、バイパス道路の最高・最低速度は、国道や高速道路とどう異なるのでしょうか?

  • バイパス、国道… 最高60km、最低なし
  • 高速道路… 最高100km、最低50km

 バイパス道路と国道は自動車専用道路であるために、最高速度と最低速度が同じになっています。

 しかし、2009年に制限速度の法改正が行われ、安全性に優れ、走行上の危険が少ないバイパス道路の一部区間は、最高速度が70kmから80kmに変更されました。

 また、高速道路の最高速度は100km、最低速度は50kmと定められていますが、2016年から安全条件を満たした区間は最高速度を120kmに引き上げる方針を警察庁が発表しました。

 以上のような特徴や目的、速度の違いを知ることによって、バイパス道路についてより詳しくなれたのではないでしょうか?

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: バイパス道路  とは  違い  速度 
cm 0   tb 0   page top

【意味や駐車】路肩と路側帯の違いは? 

路肩と路側帯とは
路肩の意味や駐車について

 ■ 路肩と路側帯とは
狭い路肩
違いが分からない
 教習所の練習問題に、路肩と路側帯の違いに関する問題があった…。

 この路肩や路側帯とは、どのような違いを持った道路なのでしょうか?

 そこで今回は、路肩の意味や路側帯などについてまとめてみました。
 ■ 路肩の意味は
路肩2
車道の効用を保つ
 路肩とは、車道の効用を保つために車道や歩道、自転車道などに接続して設けた、帯状の道路の事を指します。

  • 車道の効用を保つ
  • 車道や歩道、自転車道に接続
  • 帯状の道路

 この路肩を車道の左側に設ける際は、道路構造令第八条によって幅が定められています。

 また、地方や都市、道路の種類によってそれぞれ幅が異なります。

  • 地方の一般道… 1.25m
  • 地方の高速道… 2.5m

  • 都市の一般道… 0.5m
  • 都市の高速道… 1.25m

 さらに、歩道や自転車道がない場合は、自動車の車輪が路端から50cmの部分にはみ出してはいけないというルールがあります。

 これは路肩の保護と、脱輪事故を防止するためであり、車両制限令第九条によって定められています。

  • 自動車の車輪が50cmはみ出さない
  • 路肩の保護と脱輪事故の防止
 ■ 路側帯とは
路側帯
歩行者の通行用
 路側帯とは、歩道のない道路に白い実線を引かれた部分を指し、歩行者の通行の為に作られています。

この路側帯は、幅員が0.5mから1m程度と定められており、地方によって幅が異なります。

  • 歩行者の通行用
  • 幅員0.5mから1m程度

 また、この路側帯は車両の通行ができませんが、通常の路側帯であれば駐車が可能となっています。

 さらに路側帯には、内側にもう一本白線の破線が引かれた駐停車禁止路側帯、内側にもう一本実線が引かれた歩行者専用路側帯に分類されます。

  • 駐停車禁止路側帯
  • 歩行者専用路側帯
 ■ 駐車を行う際は
0.75m以下
幅に注意して停める
 さて、一般道の路肩や路側帯に駐車が出来る場合は、何に気をつければ良いのでしょうか?

 路肩への駐車の際は、車両右側に3.5m以上の余地をもって左端に駐車します。

  • 右側に3.5m以上の余地
  • 左端に駐車

 また、路側帯への駐車の際は、幅が0.75m以下の際は左側の線に沿り、幅が0.75m以上の際は路側帯内に停めて、左側を0.75m開けて駐車します。

 さらに、路肩と同様に、車両右側に3.5m以上の余地を持たなければいけません。

  • 0.75m以下の際は左側に沿る
  • 0.75m以上の際は左側を開ける

 また、高速道路の路肩への駐車は、体調不良や急病などのやむを得ない場合のみ許されています。

 この際は車両の後ろに停止板表示板を設置しないと、後続車との追突事故が発生する可能性があるので、事前に用意しておきましょう。

  • やむを得ない場合のみ
  • 停止板表示板を設置

 以上の説明を覚えておけば、路肩や路側帯の違いについて詳しくなれるのではないでしょうか?

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 路肩  路側帯  意味  駐車  違い 
cm 0   tb 0   page top

【違いや比較】インチアップとリフトアップのメリットやデメリット 

インチアップとリフトアップの違いやメリットなど
それぞれの違いや特徴

 ■ インチアップとリフトアップの違いは?
リフトアップしたトラック
インチアップとリフトアップの特徴
 車には、使い道や楽しみ方によって人それぞれのこだわりが出せるという魅力があるのではないでしょうか?

 インチアップとリフトアップは、乗っている車を好きな形へと変えていく事で、日々の楽しみを深めてくれるものです。

 見た目として、改造することによって違いがでてくるのは分かると思いますが、どんな良さがあるかというと、分からない方も多いと思います。

 そこで、今回はインチアップとリフトアップのメリットやデメリットについてまとめてみました。
 ■ インチアップの特徴やメリットって?
タイヤのホイール
インチアップとは?
 まず、インチアップとは自動車に装着しているホイールのリム径をより大きなものに交換することを言います。

 リム径とは、ホイールの直径であるタイヤが組み込まれる部分の事です。

 また、ホイールは車とタイヤをつなぐ重要な部品で、走る、曲がる、などの車の走りに影響を与えます。
インチアップのメリット
 さて、ホイールをインチアップするメリットとして挙げられるのは以下の通りです。

  • ファッション性を高める
  • 性能を高める

 ファッション性を高め、車の足回りを好みのデザインに変える事ができるので、自分の服装を整えるようにカッコイイ感じにしたり可愛くしたり、好みに合わせたカスタマイズが可能になります。

 また、ホイールを変える事により性能面でも違いが出てきます。

 ホイールは車の走行に対して影響が出るので、その車に合わせた大きさを選ぶ事で、カーブの走行が安定するといった、より走りやすくなるというのもメリットの1つです。
インチアップのデメリット
 一方、インチアップのデメリットとして挙げられるのは以下の通りです。

  • タイヤの内側が薄くなり、幅が広くなる
  • ホイールの値段だけでなくタイヤの値段がかかる

 ホイールを大きなものに交換する事によりタイヤの内側が薄くなり、幅が広くなります。

 タイヤサイズが広がる事により接地面が大きくなり、ゴツゴツとした道路の感覚が車体に伝わりやすくなってしまい、乗り心地が悪くなるということが起きます。

 また、デザイン性を高めるものなのでホイールの値段が高額なのと、タイヤもホイールに合わせて新しいものに変えるので、相対的にコストがかかるというのがデメリットです。
 ■ リフトアップの特徴やメリットって?
リフトアップした自動車
リフトアップとは?
 リフトアップとは、主に自動車を改造して車高を上げることや、車高を上げた車の状態を言います。

 車高とは、タイヤの接地面から屋根などの最上部までの自動車の高さの事を指します。

 車のタイヤを大きくする事で、リフトアップを行う方法が一般的です。
リフトアップのメリット
 さて、リフトアップするメリットとして挙げられるのは以下の通りです。

  • 障害が多い道の走行がラク
  • 力強さや迫力がある

 車高が上がる事により、地面と車底との距離が長くなるので、オフロードや林道、雪道などの障害が多い道の走行がラクになります。

 また、見た目として力強さや迫力のある車を演出できる事がメリットの1つです。
リフトアップのデメリット
 一方、リフトアップのデメリットとして挙げられるのは以下の通りです。

  • 風の抵抗を受けやすい
  • 車高の制限に外出先で困ることがある
  • 視点が上がるので死角が増える

 高速で走行する際、車高を高めた事により横風の影響を通常の場合よりも受けやすく横転の危険性が出てきてしまい、走行する際の安定性が悪くなります。

 また、極端に高くしてしまうと鉄道や高架、トンネルなどの通過が難しくなり場所にもよりますが、屋内にある駐車場によっては車高の制限により駐車できないといった事も起きてしまいます…。

 リフトアップによって視点が上がるので死角が広がり、街なかを走行する際には注意が必要になりますが、普段とは違う視点で走行が行えるという新鮮さもあるので、安全運転を心がけていきましょう。
 ■ インチアップとリフトアップの使い方は?
インチアップした自動車
使われる場面や機能は?
 インチアップとリフトアップの違いを説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

  • インチアップ…デザインや機能面を考えてホイールを交換すること。
  • リフトアップ…見た目の迫力を増し、障害物の多い道に対応するためにタイヤを大きくすること。

 この違いを踏まえたうえで、自分のこだわりを実現してみてはいかがでしょう。

 ちなみに、インチアップする際の費用は、次のようになっています。

  • ホイール…約3万円~10万円
  • 取り付け工賃…約5千円~1万円
  • その他部品…約1万円~2万円

 また、リフトアップを行なう際の、タイヤ代を含めた工費は30万円くらいが相場のようです。

 どちらも業者によって、専用の工具や部品を注文してから作るという事になるので、素材や見た目により金額が変わってきます。

 また、より詳しいリフトアップについてはこちらの記事に書かれているので、参考にして下さい。
○【方法・費用etc...】軽トラックのリフトアップはどうやればいいの?
http://trucktorack.blog.fc2.com/blog-entry-342.html

 車の個性や、見た目のカッコ良さにこだわりたい!と言う方におすすめのインチアップやリフトアップといった改造、出来栄えを考えながらイメージを膨らませてみてはいかかでしょう。

category: 性能・機能・構造

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: インチアップ  リフトアップ  違い 
cm 0   tb 0   page top

PR

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ