軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【意味や標示】道路の安全地帯とは? 

道路の安全地帯ってなに?
道路の安全地帯の意味や標示など

 ■ 道路の安全地帯について
道路の安全地帯
安全地帯の意味は
 道路には、歩行者の安全を確保するために車の進入を規制している安全地帯があります。

 この安全地帯は、意味や標示のルールなどが定められています。

 そこで今回は、安全地帯の意味や標示のルールなどについてまとめてみました。
 ■ 安全地帯の意味は?
横断歩道と安全地帯
安全を確保
 さて、安全地帯とは、歩行者や乗客の安全を確保するために車の進入を規制している場所のこと指しています。

  • 安全地帯とは
  • 車の進入を規制している場所

 この安全地帯は、主に距離の長い横断歩道の中央に設置されていて、信号が赤になり渡りきれなかった歩行者などが停留するために利用します。

  • 横断歩道の中央に設置
  • 歩行者が利用

 また、別の安全地帯としては、路面電車などの停留所に設置されていることが挙げられ、これはプラットホームと呼ばれています。

 このプラットホームは、路面電車の乗客が乗降するために利用しています。

  • 路面電車などの停留所
  • 乗客が利用

 ■ 道路標示について
標識
道路標示の義務
 では、安全地帯の道路標示とは、どのようなものなのでしょうか?

 この道路標示は、横断歩道やプラットホームなどに構造物の安全地帯を設置できない場合に設置されます。

 また、道路の幅員に余裕がなかったり、交差点が近いなどの理由がある場合に安全地帯を標示と標識で設けます。

  • 構造物の安全地帯を設置できない場合
  • 安全地帯を標示と標識で設置

 このため、スペースが狭い場所などでも安全地帯を設置することが可能となっています。

 また、道路標示は道路交通法で定められていて、黄色のラインの内側に白いラインで囲んだ四角い形となっています。

  • 道路標示
  • 黄色のラインの内側に白いラインで囲んだ四角形

 さらに、安全地帯の道路標識としては、青字のベースに白のV字が表記されています。

  • 道路標識
  • 青字のベースに白のV字が表記

 ここまでは道路標示について説明してきましたが、次の項目では安全地帯の車の停止について触れていきます。
 ■ 車の停止はできるの?
道路
停止の決まり
 さて、安全地帯の車の停止は、禁止されているのでしょうか?

 これは、以下の道路交通法17条第6項で定められています。

  • 車両は、安全地帯又は道路標識等により車両の通行の用に供しない部分であることが表示されているその他の道路の部分に入つてはならない。

 このため、安全地帯への車両の進入は、禁止となっています。

 また、安全地帯の左側と前後10m以内は、車の停止や駐車が禁止されているため、停車させてはいけません。

 さらに、プラットホームなどに歩行者がいる場合は、路面電車の有無および乗降の状況に関わらず徐行することが義務づけられています。

  • 安全地帯への車両の進入禁止
  • 安全地帯の左側と前後10mは停止や駐車禁止
  • プラットホームに歩行者いる場合は徐行

 ちなみに、車で安全地帯を通行し交通事故を起こして人を死傷させた場合は、刑法の危険運転致死傷罪にあたります。

  • 安全地帯を通行し死傷させた場合
  • 危険運転致死傷罪

 この場合は、最長で20年以下の懲役に処され、運転免許の取消と欠格期間が5年から8年となります。

 上記の意味や標示などについて覚えておけば、安全地帯の理解が深まり、運転マナーの向上を心掛けられるのではないでしょうか?

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 道路  安全地帯  とは  意味  標示  停止 
cm 0   tb 0   page top

【意味や基準】道路の区画線の種類は? 

道路の区画線ってなに?
区画線の意味や基準など

 ■ 区画線について
単体の区画線
区画線の意味は
 車で走行していると、道路に引かれている線を見掛けることがありますよね。

 この線は区画線と呼ばれ、いくつかの種類があり、それぞれ意味があるのをご存じでしょうか?

 そこで今回は、区画線の種類や意味などについてまとめてみました。
 ■ 区画線の種類とは?
上から見た区画線
区画線の種類
 さて、区画線とは、道路管理者が設けている道路の路面に描かれた線のことを指しています。

  • 区画線とは
  • 道路管理者が設けている道路の路面に描かれた線

 この区画線は、設けられている場所によって種類が分けられています。

  • 走行車線
  • 中央車線
  • 車道外側線
  • 減速マーク

 区画線の種類としては、走行車線が挙げられます。

 この走行車線は、高速道路や自動車専用道路の本線車道において、複数の車線が設けられている場合に引かれている線です。

 また、別の線としては中央車線が挙げられ、進行方向が異なる対向車との間に引かれている線のことを指しています。

 さらに、車道外側線は、道路右側の端に設けられている線です。

 また、車道外側線の内側に設けられている点線の減速マークも挙げられます。
 ■ 区画線の意味は?
車と区画線
区画線は道路区分のため
 さて、区画線には、種類ごとにそれぞれ意味があるのをご存じでしょうか?

 走行車線は、同じ方向に進行する車と車の間に引かれている線のことを指していますが、点線の場合は車線変更が可能となります。

 また、実線は、車両通行帯を区分するために設けられていて、車線変更が可能ですが、黄色の実線の場合は車線変更が禁止されています。

  • 走行車線の場合
  • 車と車の間に引かれる
  • 点線の白線は車線変更が可能
  • 実線の白線は車線変更が可能
  • 実線の黄色は車線変更が禁止

 さらに、中央車線は、進行方向が異なる対向車線との間に引かれている線のことで、中央を区別するために設けられています。

 この中央車線は、進行方向を分離するために引かれていますが、中央分離帯などが設置されている場合は引かれていません。

 また、中央線でも点線と実線では意味が大きく異なり、点線の場合は追い越しのためのはみ出しが可能となります。

 また、実線の場合は、はみ出しが禁止となり、実線の黄色の場合ははみ出しと追い越しが禁止されています。

  • 中央車線の場合
  • 対向車線との間に引かれている線
  • 実線の白線は車線変更が可能
  • 実線の黄色は車線変更が禁止

 さらに、車道外側線の意味は、車両が通行する際に端に寄り過ぎると危ないので、この線の右側を走行するように促す目印となっています。

  • 車道外側線の場合
  • この線の右側を走行するように促す目印

 さらに、減速マークの意味としては、急カーブの手前や先に交差点などがある場合に設けられていて、速度を落とすように促しています。

  • 減速マークの場合
  • 急カーブや交差点の前で速度を落とすように促す

 ここまでは区画線の意味について説明してきましたが、次の項目では基準や幅についてふれていきます。
 ■ 区画線の基準や幅は?
長い道路と区画線
線の幅や道幅
 さて、道路の区画線の基準や幅は、どのように定められているのでしょうか?

  • 区画線の基準
  • 国土交通省によって定められている

 この区画線の基準は、国土交通省の道路標識、区画線及び道路標示に関する命令によって定められています。

  • 走行車線の間隔は3.5m~3.75m
  • 中央線の道路で道幅が6m以下は点線
  • 中央線の道路で道幅が6m以上は実線
  • 車道外側線の線の幅は15cm~20cm

 区画線の基準としては、走行車線の間隔が3.5mから3.75mと定められています。

 これは、車両のサイズを考えた上で最低限必要な道幅として決められています。

 また、中央線が設けられる道路で道幅が6m以下の道路は点線となっています。

 さらに、道幅が6m以上の道路の場合は、実線と定められています。

 また、車道外側線の線の道幅は15cmから20cmになります。

 上記のような、種類や意味について覚えておけば、交通ルールを守って安全に運転ができるのではないでしょうか?

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 道路  区画線  種類  意味  基準   
cm 0   tb 0   page top

【交通ルール】信号のない交差点の優先について 

信号がない交差点での優先ルールはどうなってるの?
信号機が設置されていない交差点での優先道路について

 ■ 交差点のルール
ラウンドアバウト
交差点の事故
 交通事故の多い交差点。

 交通事故の60%が交差点の事故となっており、中でも信号機の設置されていない交差点は戸惑いも多く運転しづらいことでしょう。

 そこで今回は、そんな不安を解消するためにも、信号機のない交差点の優先ルールについてまとめてみました。
 ■ 優先ルール
優先道路標識
優先道路の道路標識
 優先道路という道路標識がある道路は優先道路になります。

 標識が出ている道路が優先道路であることを示しています。
中央線
中央線
 中央線が交差点内でつながっている道路は優先道路になります。

 交差する道路の中央線が交差点内でつながっている場合、通行する車の進行を妨害してはいけません。
交差点
道路の幅
 優先道路が標識などで示されていない場合に、交差する道路の道幅が広い方が優先となります(約2倍程度)。

 道幅が明らかに狭い方の道路を進行してきた場合は、交差する道路を通行する車両の進行を妨害してはいけません。
左方優先
左方優先
 交差点の道路に何も表示しておらず、道幅も変わらない状態(優先関係が定まらない)場合には、左方優先になります。

 そのため、左方向から進行してくる車両の進行を妨害してはいけません。
前方優先
徐行・一時停止の道路標識
 交差点の手前に徐行や一時停止の道路標識がある場合は、交差する道路を通行する車両の進行を妨害してはいけません。

 交差道路にも一時停止の道路標識がある場合は、左方優先に従うことになります。
 ■ まとめ
狭い道
狭い一本道では…
 いかがだったでしょうか?

 既に知っている人にとっては当たり前のことかもしれませんが、

 ちなみに、狭い山道などの一本道で対向車とすれ違う際、どちらが優先となるのかといいますと、交差点以外の対向車とのすれ違いには明確な決まりはありません。

 そのため、譲り合いにはなるのですが、この対向車との譲り合いにはいくつかの暗黙のルールがあります。

 基本的には、先に着いたほうが優先となります。

 坂道の場合では、登りの車に譲るのがマナーになります。

 登りの車が一時停止すると、MT車であれば、坂道発進となって大変です。

 さらに、下りながら後退するのは危険ですので、上りが優先になるということですね。

 また、山道の場合は崖側が無理にすれ違うと危険になりますから、崖側が山側に止まって譲るようにしましょう。

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 交差点  優先  道路 
cm 0   tb 0   page top

PR

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ