軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【高速道路での交通事故】過失割合は何対何? 

高速道路上の交通事故の過失割合は?
高速道路で起きた事故の過失割合について

 ■ 基本的な過失割合
過失割合
高速道路の基本割合
 交通事故をすると、その発生した事故に対する責任がどちらにあるのか、その過失割合はどれくらいなのかを決めます。

 この過失割合は双方の意見を取り入れ、事故状況に応じて決定するのですが、基本的な割合は過去におこなわれた裁判などを元に設定されています。

 この基本割合は一般道と高速道路ではまた違った特性があります。

 また、車同士の事故なのか、単車との事故なのかでも過失割合が変わってきます。

 そこで今回は、高速道路上で起きた事故の基本的な過失割合についてまとめてみました。
 ■ 進路変更時に起きた事故の過失割合
進路変更
車対車の場合
 Aが追い越し車線を直進中に走行車線を走行していたBが進路変更してきた場合に起きた事故は20:80になります。

 また、Aが走行車線を直進中に追い越し車線を走行してたBが進路変更してきた場合に起きた事故は30:70になります。

 ケースによっては以下の様な修正要素が加えられる事になります。

  • Bが合図を出していなかった又は合図が遅れていた…Aに-10
  • Aに初心者マークなどの表示があった…Aに-10
  • 進路変更の禁止区間だった…Aに-10
  • Bの著しい過失であった…Aに-10~-20
  • Aが速度超過だった…Aに+10~+20
  • 出入口付近であった…Aに+10
  • Aの著しい過失であった…Aに+10~+20
  • ゼブラゾーンの走行であった…+20
車対バイクの場合
 バイクAが追い越し車線を直進中に走行車線を走行していたBが進路変更してきた場合に起きた事故は10:90になります。

 反対に、Aが追い越し車線を直進中に走行車線を走行していたバイクBが進路変更してきた場合に起きた事故は30:70になります。

 また、バイクAが走行車線を直進中に追い越し車線を走行していたBが進路変更してきた場合に起きた事故は20:80になります。

 逆の場合のAが走行車線を直進中に追い越し車線を走行していたバイクBが進路変更してきた場合に起きた事故は40:60になります。
 ケースによっては以下の様な修正要素が加えられます。

  • Bが合図を出していなかった又は合図が遅れていた…Aに-10
  • Aに初心者マークなどの表示があった…Aに0~-10
  • 進路変更の禁止区間だった…Aに-10
  • Bの著しい過失であった…Aに-10~-20
  • Aが速度超過だった…Aに+10~+20
  • 出入口付近であった…Aに+10
  • Aの著しい過失であった…Aに+10~+20
  • ゼブラゾーンの走行であった…+20
 ■ 合流地点で起きた事故の過失割合
合流地点
車対車の場合
 Aが本線を走行中にBが合流してきた場合に起きた事故は30:70になります。

 ケースによっては以下の様な修正要素が加えられる事になります。

  • Bが進入路より手前で進入してきた…Aに-10
  • Bの著しい過失であった…Aに-10~-20
  • Aが速度超過だった…Aに+10~+20
  • Aが急加速した…Aに+10~+20
  • Aの著しい過失であった…Aに+10~+20
車対バイクの場合
 バイクAが本線を走行中にBが合流してきた場合に起きた事故は20:80になります。

 また、Aが本線を走行中にバイクBが合流車の場合は40:60となります。

 ケースによっては以下の様な修正要素が加えられる事になります。

  • Bが進入路より手前で進入してきた…Aに-10
  • Bの著しい過失であった…Aに-10~-20
  • Aが速度超過だった…Aに+10~+20
  • Aが急加速した…Aに+10~+20
  • Aの著しい過失であった…Aに+10~+20
 ■ 追突事故の過失割合
追突事故
車対車の場合
 Aが本線に駐停車しているBに追突した場合は80:20になります。

 この時、Bが停止表示器材などの設置等をおこなっており、過失がない場合は100:0になります。

 この場合、ケースによっては以下の様な修正要素が加えられる事になります。

  • 視界不良であった…Aに-10~-20
  • 追い越し車線であった…Aに-10
  • Bが車道を塞いでいた…Aに0~-10
  • Bの著しい過失であった…Aに-10~-20
  • Aが速度超過だった…Aに+10~+20
  • Aの著しい過失であった…Aに+10~+20

 また、Aが路肩に駐停車しているBに追突した場合は100:0になります。

 この場合もケースによっては以下の様な修正要素が加えられる事になります。

  • 視界不良であった…Aに-10~-20
  • Bのはみ出しがあった…Aに-20
  • Bの著しい過失であった…Aに-10~-20
  • Aが速度超過だった…Aに+10~+20
  • Aの著しい過失であった…Aに+10

 さらに、Aが理由のない急ブレーキをかけたBに追突した場合は50:50になります。

 この場合のケースによって加えられる修正要素は以下のとおりです。

  • Bの制動灯が故障していた…Aに-20
  • 追い越し車線であった…Aに-10
  • Bの著しい過失であった…Aに-10~-20
  • 出入り口付近であった…Aに+10
  • Aが速度超過だった…Aに+10~+20
  • Aの著しい過失であった…Aに+10~+20
車対バイクの場合
 バイクAが駐停車しているBに追突した場合は80:20になります。

 また、Aが駐停車しているバイクBに追突した場合は90:10となります。

 ケースによっては以下の様な修正要素が加えられる事になります。

  • 視界不良であった…Aに-10~-20
  • 追い越し車線であった…Aに-10
  • Bが車道を塞いでいた…Aに0~-10
  • Bの著しい過失であった…Aに-10~-20
  • Aが速度超過だった…Aに+10~+20
  • Aの著しい過失であった…Aに+10~+20

 さらに、バイクAが理由のない急ブレーキをかけたBに追突した場合は40:60になります。

 また、Aが理由のない急ブレーキをかけたバイクBに追突した場合は60:40となります。

 この場合のケースによって加えられる修正要素は以下のとおりです。

  • Bの制動灯が故障していた…Aに-20
  • 追い越し車線であった…Aに-10
  • Bの著しい過失であった…Aに-10~-20
  • 出入り口付近であった…Aに+10
  • Aが速度超過だった…Aに+10~+20
  • Aの著しい過失であった…Aに+10~+20

 また、玉突き事故の過失割合についてはこちらを参照ください。

●玉突き事故の過失割合ってどんな感じなの? http://trucktorack.blog.fc2.com/blog-entry-461.html
 ■ 人と事故をした場合の過失割合
高速 歩行者
車対歩行者
 さて、高速道路に歩行者はいないはずですが、たまに事故になりニュースで取り上げられることがあります。

 高速道路に歩行者がいる理由はさておき、この場合の過失割合についてみていきましょう。

 歩行者が本線車道を歩行中の事故は歩行者が80%の過失相殺になります。

 この場合でも、以下の様な修正要素があります。

  • 車に著しい過失があった…歩行者に-10~-30

 また、歩行者が駐停車車両の近くにいた場合は、歩行者が40%の過失相殺になります。

 この場合の、修正要素は以下のとおりです。

  • 車に著しい過失があった…歩行者に-10~-30
  • 視界不良があった…歩行者に+10
  • 歩行者の著しい過失があった…歩行者に+10~+20
ニュース・コラムの関連記事

category: ニュース・コラム

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 高速道路  交通事故  過失割合 
cm 0   tb 0   page top