軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【意味や駐車】路肩と路側帯の違いは? 

路肩と路側帯とは
路肩の意味や駐車について

 ■ 路肩と路側帯とは
狭い路肩
違いが分からない
 教習所の練習問題に、路肩と路側帯の違いに関する問題があった…。

 この路肩や路側帯とは、どのような違いを持った道路なのでしょうか?

 そこで今回は、路肩の意味や路側帯などについてまとめてみました。
 ■ 路肩の意味は
路肩2
車道の効用を保つ
 路肩とは、車道の効用を保つために車道や歩道、自転車道などに接続して設けた、帯状の道路の事を指します。

  • 車道の効用を保つ
  • 車道や歩道、自転車道に接続
  • 帯状の道路

 この路肩を車道の左側に設ける際は、道路構造令第八条によって幅が定められています。

 また、地方や都市、道路の種類によってそれぞれ幅が異なります。

  • 地方の一般道… 1.25m
  • 地方の高速道… 2.5m

  • 都市の一般道… 0.5m
  • 都市の高速道… 1.25m

 さらに、歩道や自転車道がない場合は、自動車の車輪が路端から50cmの部分にはみ出してはいけないというルールがあります。

 これは路肩の保護と、脱輪事故を防止するためであり、車両制限令第九条によって定められています。

  • 自動車の車輪が50cmはみ出さない
  • 路肩の保護と脱輪事故の防止
 ■ 路側帯とは
路側帯
歩行者の通行用
 路側帯とは、歩道のない道路に白い実線を引かれた部分を指し、歩行者の通行の為に作られています。

この路側帯は、幅員が0.5mから1m程度と定められており、地方によって幅が異なります。

  • 歩行者の通行用
  • 幅員0.5mから1m程度

 また、この路側帯は車両の通行ができませんが、通常の路側帯であれば駐車が可能となっています。

 さらに路側帯には、内側にもう一本白線の破線が引かれた駐停車禁止路側帯、内側にもう一本実線が引かれた歩行者専用路側帯に分類されます。

  • 駐停車禁止路側帯
  • 歩行者専用路側帯
 ■ 駐車を行う際は
0.75m以下
幅に注意して停める
 さて、一般道の路肩や路側帯に駐車が出来る場合は、何に気をつければ良いのでしょうか?

 路肩への駐車の際は、車両右側に3.5m以上の余地をもって左端に駐車します。

  • 右側に3.5m以上の余地
  • 左端に駐車

 また、路側帯への駐車の際は、幅が0.75m以下の際は左側の線に沿り、幅が0.75m以上の際は路側帯内に停めて、左側を0.75m開けて駐車します。

 さらに、路肩と同様に、車両右側に3.5m以上の余地を持たなければいけません。

  • 0.75m以下の際は左側に沿る
  • 0.75m以上の際は左側を開ける

 また、高速道路の路肩への駐車は、体調不良や急病などのやむを得ない場合のみ許されています。

 この際は車両の後ろに停止板表示板を設置しないと、後続車との追突事故が発生する可能性があるので、事前に用意しておきましょう。

  • やむを得ない場合のみ
  • 停止板表示板を設置

 以上の説明を覚えておけば、路肩や路側帯の違いについて詳しくなれるのではないでしょうか?
豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 路肩  路側帯  意味  駐車  違い 
cm 0   tb 0   page top