軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【車検】指定工場と認証工場の違いとは? 

指定工場と認証工場のメリット・デメリット
車検に出す指定工場・認証工場の違いってなに?

 ■ 指定工場と認証工場の違い
工場
車検に出す工場
 自動車整備業者、ディーラーを含め、整備工場には指定工場と認証工場の2種類が存在しています。

 この2つはどちらも国から自動車を整備する事を認められた工場ですが、車検を受ける際、検査方法が異なります。

 では車検に出す場合、どちらに車検を出したら良いのでしょうか?

 そこで今回は指定工場と認証工場の特徴と違いについてまとめてみました。
 ■ 指定工場とは?
指定工場
指定工場の概要
 指定工場は民間車検場と呼ばれ、自動車の分解・整備をおこなう事が許可されており、陸運支局に代わって、車検もおこなうことができる工場になります。

 そのため、陸運局と同じ検査ラインを自社の工場に持っていますので車検場に車両を持ち込む必要がなく、必要書類だけを陸運支局に提出するだけで新しい車検証を発行してもらえるので、車検にかかる手間や時間が短くて済みます。

 ディーラーや車検専門フランチャイズ店は、ほとんどがこの指定工場になります。
 ■ 認証工場(認定工場)とは?
認証工場
認証工場の概要
 認証工場とは、車の点検整備や分解・修理などは指定工場と同様、行うことができますが、検査ラインを自社に持っていませんので、実際の車検は陸運支局に直接持ち込まなければなりません。

 そのため、もし車検に不合格箇所があると、一旦車を工場に持ち帰り、整備をし直してから再度、陸運支局に持ち込むという方法を取ります。
 ■ 結局のところ、どっちがいいの?
車検
車検にだすならどっち?
 さて、車検に出す場合は指定工場と認証工場のどちらがいいのかといいますと、一概にはどちらが良いとは言い切れません。

 しかし、指定工場と認定されるためには、国の厳しい認定基準に合格しなければなりませんので、指定工場は国からの厳しい認定基準をクリアするために、高価な検査機器を設備したり、整備のスペシャリスト(国家整備士)を揃えたりしています。

 そのため、指定工場の方が安心な気はしますが、整備や点検はその工場や整備士の腕次第になってきますので必ずしも指定工場がいいというわけではなく、認証工場が悪いというわけでもありません。

 この指定工場と認証工場はどちらも見やすい場所に標識を掲げるように定められているので、修理や車検を依頼するときにどちらか選ぶという場合は確認しておくといいでしょう。
豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 指定工場  認定工場  違い  車検 
cm 0   tb 0   page top