軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

 【構造やチョークとの違い】ティクラーとは? 

ティクラーってなに?
ティクラーの構造やチョークとの違いなど

 ■ ティクラーについて
イラストのティクラー
ティクラーの意味は
 ティクラーとは、ガソリンエンジンのキャブレターに付属する装置ですが、構造はどうなっているのでしょうか?

 また、ティクラーと構造が似ているチョークの違いを知らない方も多いのではないでしょうか?

 そこで今回は、ティクラーの構造やチョークとの違いなどについてまとめてみました。
 ■ ティクラーとは?
手で持っているティクラー
ティクラーの構造
 ティクラーとは、ガソリンエンジンのキャブレターに付属する装置で、エンジン始動時に混合気の空熱比を一時的に濃くし、冷間時の始動を容易にします。

  • キャブレターに付属する装置
  • 冷間始動を容易にする装置

 また、ティクラーの構造としては、キャブレターにあるフロートバルブを開き、フロートチャンバーからベンチュリ内に燃料を溢れさせて混合気を濃くします。

  • プートバルブを開く
  • 混合気を濃くする

 さらに、ティクラーはキャブレターに備え付けられた操作スイッチを押すことで作動します。

 また、ティクラーは操作スイッチを押している間は燃料が溢れ続けるため、混合気が濃くなりすぎて逆に始動が困難になる場合があります。

 このため、操作上の慣れが必要であることから、現在では、操作が容易なチョークが普及しています。
 ■ チョークとは?
単体のチョーク
チョークの構造
 では、ティクラ-と構造が似ているチョークとは、どのようなものなのでしょうか?

 このチョークは、ガソリンエンジンなどを燃焼させるため、混合気の空燃比を一時的に多くするように調節する装置で、冷間始動を容易にします。

  • 混合気の空熱比を一時的に多くする
  • 冷間始動を容易にする装置

 また、チョークの構造としては、取り付けられているレバーを引いてキャブレターが吸入する空気量を絞って少なくし、一度に多くの燃料を供給して混合気を濃くする仕組みを持っています。

  • 空気量を少なくさせる
  • 混合気を濃くする

 さらに、エンジンの始動後、レバーを約半分程度戻し、エンジンの回転数が安定する状態まで待ちます。

 その後、回転数が安定したらレバーを元の位置に戻すことで、車両の走行が行えます。

 ここまではチョークについて説明してきましたが、次の項目ではティクラーとチョークの違いについて触れていきます。
 ■ ティクラーとチョークの違いは?
手で持っているキャブレター
違いは混合比の変え方
 さて、ティクラーとチョークの違いは、何が挙げられるでしょうか?

 この違いは、キャブレターが関係していて、燃料や空気量を送り込む方法が異なります。

  • 燃料や空気量を送り込む方法

 キャブレターとは、燃料と空気を混合する装置となり、ティクラーやチョークに付属されています。

 このため、ティクラーはキャブレターに燃料を送り込むことで混合気を濃くします。

 一方、チョークはキャブレターに送り込む空気量を減らして、一度に多くの燃料を供給して混合気を濃くします。

  • ティクラーはキャブレターに燃料を送り込む
  • チョークはキャブレターに送り込む空気量を減らす

 また、別の違いとしては、使用されている年代に違いがあります。

 これは、ティクラーが使用されていた年代は、1970年代前半までとなっていて、現在はほとんど使用されていません。

 また、チョークは現在でも使用されていて、一般的な方式となっています。

  • ティクラーは1970年代前半まで使用
  • チョークは現在でも使用

 上記の構造やチョークとの違いについて覚えておけば、ティクラーについて詳しくなれるのではないでしょうか?

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: ティクラー  とは  構造  チョーク  違い 
cm 0   tb 0   page top

【構造や費用】シートベルトのバックルの交換 

シートベルトのバックルを交換する
バックルの構造や修理費用など

 ■ シートベルトのバックルを交換したい
バックルの標識
脱着がうまくいかない
 シートベルトのバックルが外れなくなったり、ギシギシという異音が発生する…。

 このような場合は、シートベルトのバックルを交換したり、修理しないといけません。

 そこで今回は、シートベルトのバックルの構造や、交換費用などについてまとめました。
 ■ バックルの構造とは
バックルの写真
緊急時でも脱着が容易
 さて、シートベルトのバックルとは、シートベルトのストラップを座席に固定する事ができる機能を持っています。

 このバックルは、べルトの先端部を組み込む事ができ、ラップ(腰のベルト)やショルダーベルトのタングと結合しています。

  • ストラップを座席に固定する
  • べルトの先端部を組み込む
  • タングと結合している

 また、このバックルは緊急時に認識しやすい赤色の文字で表示され、第3者が簡単に取り外せるように脱着操作を片手で出来るよう作られています。

  • 認識しやすい赤色の文字で表示
  • 脱着操作を片手で行える
 ■ バックルの交換・修理
バックルの修理
バックルが外れにくくなる
 では、バックルの交換や修理は、どのような際に行うのでしょうか?

 実はバックルは、寿命が10年から14年程度と言われており、目安の年数を使用したら交換した方が良いと言われています。

  • 10年から14年程度で交換

 また、バックルの故障時はボタンが硬くなってしまい、バックルが外れなくなったり、ギシギシという異音が発生します。

 このような故障時は、バックルの可動部に潤滑油を注入すれば、ボタンが柔らかくなったり、異音を解消させる事ができます。

  • バックルが外れない
  • 異音が発生する
  • 潤滑油の注入で解消

 この潤滑油の注入でもボタンが硬かったり、異音が残るようであれば交換が必要であり、交換の際の手順は以下のようになります。

  • 内装を外す
  • バックルのボルトを外す
  • 配線を外す
  • 新しいバックルを付ける
  • 警告灯の点灯を確認
  • ボルトや内装を戻す

 また、このバックルの交換作業は、緊急時の命に関わる部品の交換のため、作業に自信のない人はディーラーや修理工場に依頼した方が良いでしょう。
 ■交換にかかる費用
べルトの警告灯
安上がりに済ませられる事も
 さて、バックルの交換の際にかかる費用は、いくらぐらいになるのでしょうか?

  • 2000円から6000円程度

 バックルの交換時にかかる費用は、工費込みで2000円から6000円程度となっています。

 また、修理工場では純正品の同等品や中古品を用意して貰う事も可能な場合があるので、費用を2000円程度に抑える事も可能になります。

 さらに、オークションなどで中古品を購入して修理工場に持参できれば、工費のみで交換することもできます。

  • 同等品や中古品にすれば安価に
  • 修理工場への持ち込みも可能

 以上のような構造や交換方法を知った上で、修理が可能な方は自力で直してみたり、自信のない人はディーラーや修理工場に頼んでみてはいかがでしょうか?

category: 修理・メンテナンス

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: シートベルト  バックル  交換  構造  費用 
cm 0   tb 0   page top

【調整・清掃】キャブレターの構造とは 

エンジンの混合気器、キャブレターとは?
キャブレターの調整や清掃について

 ■ 古い車のエンジンが不調に
キャブレターの確認
アイドリングの不調
 古い車の運転時に、アイドリングが不安定になることはありませんか?

 このような状態時は、キャブレターの清掃が必要な場合も考えられます。

 そこで今回は、今回はキャブレターの構造や、調整や清掃方法についてまとめてみました。
 ■ キャブレターの構造とは
キャブレターの構造
仕組み・構造
 さて、キャブレターとはどういったものかと言うと、主に古い車のエンジンに含まれるパーツで、エンジンの爆発に必要な混合気を作る、混合気器の事を指します。

 このキャブレターは様々な種類があり、空気の通路であるベンチュリーの数や方向、機能に加え、燃焼チェンバーの種類により分けられます。

  • ベンチュリーの数
  • ベンチュリーの方向
  • ベンチュリーの機能
  • 燃焼チェンバーの種類

 また、キャブレターの基本構成はエンジン内で負圧を生じさせるベンチュリー部、燃料が噴出するジェットノズル、燃料液を一定に保つフロート室、混合気量を制御して出力調整を行うスロットル弁、車の始発時に濃い混合気を供給するチョーク弁、急加速時に燃料不足を補う加速ポンプに分類されます。

  • ベンチュリー部
  • ジェットノズル
  • フロート室
  • スロットル弁
  • チョーク弁
  • 加速ポンプ
 ■ キャブレターの調整方法とは
色が違うキャブレター
点火プラグの調整
 さて、キャブレターの調整とは、エンジンが吹くなどの症状を起こし不調になった際に、キャブレター内の空気とガソリンの割合を整えるために行ないます。

 このキャブレターの調整は、キャブレター内の点火プラグの焼け具合が目安となり、色合いによって以下のような判断が出来ます。

  • 白い場合 調整が足りない状態
  • 灰色の場合 理想的な状態
  • 黒い場合 通常の状態

 また、点火プラグが白い状態であれば、車を80分程度走行すれば、中間色の灰色となり、エンジンの状態もちょうど良くなると言われています。

 しかし、この調整具合は車種や個人の感覚によって異なるため、あくまでも目安としてお考えください。

 ちなみに、この燃焼調整は最寄りのディーラーや整備工場でも行こなうことが可能なので、個人で行うのが難しい場合は相談してみましょう。
 ■ キャブレターの清掃手順
キャブレターの清掃
クリーナーによる清掃
 では、古い車のアイドリングが不調の際は、どのような対策を取れば良いのでしょうか?

  • キャブレターの清掃

 古い車のアイドリングが不調な場合は、エンジン内部にあるキャブレターを清掃すれば、アイドリングが安定します。

 この際の清掃方法は、以下のような手順になり、市販のキャブクリーナーを用意すれば行えます。

  • エンジンを開ける
  • エアクリーナーを外す
  • クリーナー内のパーツを外す
  • キャブレターにクリーナーを吹く

 キャブレターの清掃時は、エンジンを開けてから、エアクリーナーのボックスを開いて、エアクリーナーを外して取り出します。

 エアクリーナーを取り出したらキャブレターが現れますので、中央部分にある鉄のパーツを外し、更に内側のゴムのパーツも取り外します。

 キャブレターのゴムパーツまで取り外したら、内部にゴミなどが無いか確認して、誰かにアクセルの回転数を保ちながらアクセルを踏んでもらい、クリーナーを少量ずつ断続的に吹きかけます。

 また、キャブレターが汚れている場合にクリーナーを吹き付けると、マフラーから白煙が出るので、人に迷惑にならない場所で清掃を行ないましょう。

 ちなみに、この清掃でかかる費用は、クリーナーの代金である2,000円から3,000円だけで済みますので、エンジンの内部構造に詳しい方は試してみてはいかがでしょうか?

category: 性能・機能・構造

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: キャブレター  構造  調整  清掃 
cm 0   tb 0   page top

ラジアルタイヤとバイアスタイヤの違いとは? 

タイヤのラジアル構造とバイアス構造の違い
ラジアルタイヤとバイアスタイヤの特徴まとめ

 ■ タイヤの構造の違い
ラジアルタイヤ
ラジアルorバイアス
 自動車を使用する人は「ラジアルタイヤ」「バイアスタイヤ」といった言葉を耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

 最近では一般的な乗用車はラジアルタイヤが主流なので、あまりバイアスタイヤという言葉を聞かなくなりましたが、まだまだトラックやバス、小型トラック用のタイヤとして活躍しています。

 では、その違いは一体何なのか?それぞれの特徴をまとめてみました。
 ■ ラジアル構造の特徴
ラジアル構造
ラジアル構造とは
 ラジアル構造は、左図のようにカーカスがトレッドと直角になるような構造になっており、タイヤの中心から放射状(RADIATION)にカーカスが配置され、それをベルトで締め付けています。

 ラジアルタイヤの素材は以下のようになっています。

●カーチス
  • 乗用車用タイヤ…主にポリエステル
  • トラック・バス用タイヤ…主にスチール
  • 小型トラック用タイヤ…スチールまたは、ナイロンまたは、ポリエステル

●ベルト
  • 乗用車用タイヤ…スチールやアラミド
  • トラック・バス用タイヤ…主にスチール
  • 小型トラック用タイヤ…主にスチール
ラジアル構造のメリット
 ラジアル構造の良い所は、柔軟性があり、乗り心地が良いことでしょう。他にも、走行安定性やトラクションの工場、軽量化、トレッド面の長寿命化など多くの利点を持ち揃えています。

 しかし、サイドからの耐衝撃性能はバイアスタイヤに比べると弱く、損傷に弱いというデメリットがあります。

●ラジアルのメリット
  • 耐摩擦性に優れている
  • 高速耐久性に優れている
  • グリップ力に優れている
  • 操縦安定性に優れている
  • 転がり抵抗が小さく、燃費性能に優れている
  • 発熱が少ない
 ■ バイアス構造の特徴
バイアス構造
バイアス構造とは
 バイアス構造は、左図のようにカーカスと呼ばれるゴムの繊維を、斜めに配置し、逆方向にクロスして重ねていく構造になっています。それをブレーカーで締め付けているのがバイアス構造になります。

 バイアスタイヤの素材は以下のようになっています。

●カーチス
  • 主にナイロン
●ベルト
  • 主にナイロン
バイアス構造のメリット
 バイアス構造の良い所は、タイヤ全体が屈曲するので、乗り心地が良く、外部の衝撃に対する強度が高い頑丈なタイヤという点です。
 しかし、タイヤ自体が重く、高速時の転がり抵抗が大きいため、高速時のコントロール性やトラクション性能はあまり良くないというデメリットがあります。

●ラジアルのメリット
  • 製造工程が単純なため価格が安価
  • 乗り心地に優れている
  • 耐衝撃性に優れている
 ■ 結局のところどっちがいいの?
タイヤ 高速回転
時代はラジアルタイヤ?
 さて、ラジアルタイヤとバイアスタイヤの違いについて説明しましたがいかがだったでしょうか。

 それぞれ良し悪しがありますが、最近ではバイアスタイヤだった車両もラジアルタイヤに移行しつつあります。

 ラジアルタイヤはバイアスタイヤが誕生した60年後に発明されたものなので、性能が良いのは当然ですね。

 しかし、バイアスタイヤは比較的製造方法が容易というメリットがあるため、コストを重視する車や緊急時のスペアタイヤなどには適しており、まだまだ需要はあるのではないでしょうか。

 また、バイアスタイヤからラジアルタイヤに変えたいという人も中にはいると思いますが、車体自体がもともとのタイヤがバイアスならバイアスのラジアルならラジアルに合わせたサスペンションやフレーム構造で設計されているため、特に理由のない限りは上のような交換はパーツに無駄な負担を与えないためにも避けた方が良いでしょう。

category: 性能・機能・構造

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: ラジアルタイヤ  バイアスタイヤ  違い  構造 
cm 0   tb 0   page top

軽トラックの人気機能、デフロックの構造 

デフロック機能の構造について
ぬかるみからの脱出に便利なデフロック

スーパーデフロック
 ■ デフロックとは?
デフロック機能の概要
 デフロック(Diff-Lock)とは、自動車の差動装置一つでデフロックは左右の車輪の駆動状態に関係なく常に同じ回転速度で双方の車輪を回転させ続けることができます。
主に駆動軸の左右車輪の差動を固定する為に用いられるほか、四輪駆動(4WD)や全輪駆動(AWD)の車両では各車軸間の差動(センターデフ)を固定する目的で装着される場合もあります。
具体的には
 悪路を走る際やぬかるみにはまってしまった際に大きな効果を発揮する機能です。
 デフは構造上空回りするようなタイヤを回転させようとしてグリップしてる方を回転させないようにするので、デフロックをONにすることでグリップしてようが空回りしてようが同じ比率で回転するようになります。
 そのためグリップしてるタイヤが回るので車が前に進むようになる、という寸法です。

 ■ デフロックが有効な場面
沼地
 沼地ではタイヤが空転すればするほど状況を悪化するので、自力での脱出が困難な場合は無理せず早々に救援を呼ぶのが無難です。
砂地
 スタックした時用のラダーなどがあるとさらに便利で、ない場合は毛布・カーペットなどで代用できるほか小石や砂利をタイヤにかませるのも有効です。
雪道
 スタッドレスタイヤやタイヤチェーンのほかスコップや軍手などがあると便利です。
 ただ、もし亀の子状態になってしまった場合はおとなしくロードサービスを呼びましょう。

category: 性能・機能・構造

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: 軽トラック  デフロック  とは  構造  意味 
cm 0   tb 0   page top

PR

カテゴリ

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ