軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【区分や料金】仮ナンバーの高速道路走行って? 

仮ナンバー使用時の高速道路走行とは
仮ナンバーの区分や料金について

 ■ 仮ナンバーで高速を走行したい
仮ナンバーのトラック
走行は可能か
 遠方で購入した車検の切れている車を移動させるために、仮ナンバーで高速道路を使用したい。

 この場合は、仮ナンバーを備えた状態で、高速道路を走行できるのでしょうか?

 そこで今回は、仮ナンバーの装着時の高速道路上の車両区分や、料金についてまとめてみました。
 ■ 仮ナンバーの車両区分とは
仮ナンバーの大型車
ナンバーによって変わる
 さて、国土交通省が定める仮ナンバーとは、車検切れ時の運行に使われる臨時運行許可番号標と、自動車販売業者などが、複数台の車検運行に使用する回送運行許可番号標に分かれています。

 さらに、二輪の軽自動車や検査対象外軽自動車が使用できる臨時運転番号標もあります。

  • 臨時運行許可番号標
  • 回送運行許可番号標
  • 臨時運転番号標

 臨時運行許可番号標の対象となる車両は、普通車や軽自動車など、以下の車両が挙げられます。

  • 普通自動車
  • 小型自動車
  • 大型特殊自動車
  • 二輪小型自動車(251cc以上)

 また、回送運行許可番号標を得るための条件は、車の販売台数によって定められています。

  • 3ヶ月間の販売台数が36台以上

 さらに、臨時運転番号標の対象となる車両は、二輪の軽自動車などがあります。

  • 二輪の軽自動車、検査対象外軽自動車

 また、臨時運行許可と臨時運転番号標の申請は市町村か運輸支局で可能で、回送運行許可番号標の申請は運輸支局で行えます。

 これらの仮ナンバーの貸与期間は、臨時運行許可と臨時運転番号標が5日間、回送運行許可番号標は1年間となっています。
 ■ 仮ナンバーの高速料金とは
仮ナンバーの車2
通常の車両と一緒
 さて、上記の仮ナンバーを備えている場合でも、高速道路を走行する事は可能となっています。

 また、仮ナンバーを備えた車両が高速道路を走行する際は、高速道路が定める標準の料金に当てはめられます。

  • 仮ナンバーの車両=標準の高速料金

 このため、仮ナンバーで高速道路を走行する際は、実質的に料金は変わらないのです。

 例えば、軽トラックで東名高速道路の東名川崎ICから東京ICまで走行した場合は、通常310円かかりますが、仮ナンバーの場合も同額の310円を支払うことになります。

  • 東名川崎IC~東京IC…軽トラックは310円
 ■ 仮ナンバーはETCを使える?
ETCを通る仮ナンバー車
例外的に使える場合も
 では、有料道路の料金所をノンストップで通過できるシステムであるETCは、仮ナンバーを備えた車でも利用できるのでしょうか?

 実はETCを利用する際は、ナンバープレート情報が必要であるため、仮ナンバー時に使用すると不正使用に問われてしまいます。

  • 仮ナンバーはETCを使用できない

 しかし、既に車載器を搭載していた自動車が、ナンバープレートの破損などのために一時的に仮ナンバーを装着している場合は、例外的に仮ナンバーでも無線通行ができ、ETC割引も適用されます。

  • 例外的に利用可能な場合も

 このような特定も存在しているので、仮ナンバーでETCを使用したい場合は、利用する高速道路に問い合わせを行った方が良いでしょう。
免許・資格の関連記事

category: 免許・資格

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 仮ナンバー  高速道路  走行  区分  料金 
cm 0   tb 0   page top