軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【何キロまで大丈夫?】小型特殊車両の最大積載量 

小型特殊自動車に積める荷物の量はどれくらい?
小型特殊運搬車の積載量について

 ■ 小型特殊自動車に荷物を積載したい
小型特殊 ホイールタイプ
小型特殊の積載量は?
 日本には小型特殊車両という分類の車両がありますが、その中でもトラックのように荷台が備わっており、そこに荷物を積載し、運搬することを目的とする車両があります。

 農業従事者にとっては馴染みのある、ホイール運搬車やクローラ運搬車、4輪運搬車などが代表例です。

 しかし、小型特殊車両は一般的な自動車とは異なり、速度やサイズが制限されています。

 となれば、積載する事ができる荷物の量もやはり制限されるのでしょうか?

 そこで今回は、小型特殊車両の最大積載量についてまとめてみました。
 ■ 小型特殊自動車とは?
小型特殊 積載
小型特殊の定義
 さて、小型特殊自動車は小型特殊免許で運転することができる車両の種類のことで、以下のように定義されます。

●小型特殊自動車の定義

  • 車両の長さ…4.7m以下
  • 車両の幅…1.7m以下
  • 車両の高さ…2m以下
  • 最高速度が15km/hしか出せない車両

 小型特殊免許については以下で詳しく説明しています。

○【トラクター用】小型特殊免許ってどんなものなの?取得費用はいくら?
http://trucktorack.blog.fc2.com/blog-entry-263.html
 ■ 小型特殊自動車の最大積載量とは?
小型特殊トラック ライガー
小型特殊車両の最大積載量
 さて、貨物を積載・運搬することを目的とした自動車の中で、一番小さいのは軽トラックですが、軽トラックの場合は最大積載量が350kg以下と決められています。

 では、この軽トラックよりも小さい特殊車両の場合はどうなるのでしょうか?

 実は、小型特殊自動車は軽トラックの最大積載量よりも多い500kgまで積載する事ができます。

 というのも、小型特殊自動車と言っても、小型のショベルやフォークリフトなど、作業で重量のある物を取り扱う事があるため、軽自動車よりも最大積載量が多く設定されているのです。

 とはいえ、最大積載量以外にも、積載する荷物については以下のような制限があるので、中々500kgを超える事はないんだとか…。

●小型特殊自動車の積載制限

  • 乗車定員は1人
  • 積載物の長さは車両の長さの1.1倍以下
  • 積載物の高さは地上から2メートル以下
  • 積載物の幅は車両の幅以下
  • 牽(けん)引は、1台まで
  • 積載物の幅は車両の幅以下

 また、車両によっても、最大積載量が変わりますので、きちんと確認してから積載するようにしてください。
 ■ 最大積載量の500kg以上積むとどうなる?
小型特殊 過積載
過積載
 さて、小型特殊自動車の最大積載量である500kgを超えて走行した場合は、どうなってしまうのでしょうか?

 この場合、過積載として、反則金と違反点数による処分が課せられることになります。

交通違反の区分 反則金 違反点数
積載物大きさ制限超過違反 5,000円 1点
積載方法制限超過違反 5,000円 1点
積載物重量制限超過
「5割未満」
15,000円 1点
積載物重量制限超過
「5割以上10割未満」
20,000円 2点

 また、積載量を超えていなくても、荷物がきちんと固定されておらず、落下させてしまった場合は、転落積載物等危険防止措置義務違反になりますので、積載する荷物についてもしっかりと管理するようにしましょう。

 ちなみに、小型特殊自動車は車検はありませんが、ナンバープレートは必要です。
 市町村役場で申請し、交付して貰うようにしましょう(自賠責保険も必須です)。
豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: 小型特殊  最大積載量 
cm 0   tb 0   page top