軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【カスタム】車のエンブレムを塗装する方法 

【カスタム】車のエンブレムを塗装する方法
エンブレムを自分で塗装する手順

 ■ エンブレムを塗り替えたい
金のエンブレム
エンブレムを好みの色に
 車体の前後に付けられている、エンブレム。

 このエンブレムを自分の好みの色に塗装する場合は、いくらぐらいかかるのでしょうか?

 今回は、エンブレムの塗装方法や費用について、わかりやすくまとめてみました。
 ■ エンブレムの塗装方法
塗装の道具
塗装方法と道具
 さて、エンブレムを自分で塗装する際に必要な道具とは、何があるのでしょうか?

  • 釣り糸
  • 耐水ペーパー
  • 塗装スプレー
  • リムーバー
  • 密着剤

 次に、エンブレムの塗装方法について説明していきます。

エンブレムの取り外し
手順1:エンブレムを取り外す
 まずは、車体に付けられたエンブレムの隙間部分に釣り糸を引っ掛けて、エンブレムを引っ張って外します。

 この際は、周りの部分を傷つけないように慎重に引っ張りましょう。

エンブレム足付け
手順2:エンブレムの足付け
 次に、取り外したエンブレムを、600番や800番の耐水ペーパーなどの紙やすりで全体的に磨きます。

 全体的にメッキがくすむ位まで磨きましょう。

エンブレムの脱脂
手順3:エンブレムの脱脂
 エンブレムが全体的に磨き上がったら、シリコンリムーバーで脱脂を行ないます。

 脱脂の際も、全体をしっかり磨き上げましょう。

エンブレムの下塗り
手順4:下塗り
 脱脂が終わったら、塗料を使って下塗りを行ないますが、塗装の密着剤がある場合は先に3、4回塗っておき、塗ったら20~30分程度乾かしましょう。

 この際は、新聞紙などを下に敷いて、エンブレムにホコリが付かないように注意します。

 塗料の下塗り後は20~30分程度乾かしてから、再度塗装を行ないます。

エンブレムの塗装
手順5:塗装
 塗装の下塗りが出来たら、本塗装を行ないます。

 この際は、3、4回程度、薄くスプレーを吹きかけていき、一度の塗装が終わったら20~30分程度乾かしましょう。

 また、塗装の際は気温が10度以上無いと、スプレーが発射しにくかったり、乾きにくいことがあります。

 この際は、スプレーを人肌で温めたり、40度以下のお湯で短時間温めれば、スプレーの調子が良くなります。
 ■ 黒色や金色への塗装
マットブラックのエンブレム
メッキ仕様は工場に
 ちなみに、エンブレムを自分で塗装する際の人気色とは、何色があるのでしょうか?

  • マットブラック
  • ゴールド

 エンブレムの塗装は、主に黒色(マットブラック)か金色(ゴールド)に着色されることが多くなっています。

 特にマットブラックの場合は、塗料の重ね塗りが比較的簡単に行えることもあって、人気が高い色となっています。

 また、ゴールドの場合は、クリアイエローの塗料を使えば金色に、クリアオレンジの塗料を使えば金メッキっぽく仕上げることも可能です。

 ただし、完全な金メッキを求める場合は、光沢や質感などが個人では出しにくいので、工場に塗装を依頼した方が良いでしょう。
 ■ 塗装の際の費用は
金メッキのエンブレム
比較的安価
 さて、エンブレムを自分で塗装する際の費用は、いくら位になるのでしょうか?

  • 1千円~2千円

 また、工場に塗装を依頼した際は、以下の金額程度になります。

  • 2千円~3千円

 このようにエンブレムの塗装は、比較的に安価に行うことができます。

 また、工場に頼んだ場合も安価に済ませられますので、加工や塗装に自身が無い場合は、工場に依頼した方が良いでしょう。
改造・パーツの関連記事

category: 改造・パーツ

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag:   エンブレム  塗装  方法  黒色  金色 
cm 0   tb 0   page top