軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【サウナ状態脱却!】夏の車内温度を下げるには? 

真夏日でも車内を涼しくする方法を教えて!
車内温度の上昇対策まとめ

車内温度
 ■ 夏の車内気温の上昇、どうにかならない?
真夏の車内気温
 厳しい日差しが照りつける夏の日に、停めていた車がサウナ状態になってしまった、というのはもはや車の"あるある"といった万人の共感ネタ。

 とはいえ、エアコンが効くまで車内外で待つのも辛いし、どうにかならないかと悩むところですね。
そこで、今回は車内を少しでも涼しく保てる方法を調べ、まとめてみました。


 ■ 車内を涼しく保つための方法まとめ
冷却アイテムを使う
 この季節カー用品店に行くと、冷却スプレーや扇風機など、様々な暑さ対策のグッズが売っていますね。
しかし、スプレーなどはエアコンと併用して使うように書いてありますから、本当に効果があるのかどうかは判断が難しいところ。ただ、冷却効果と同時に消臭・防カビ効果のあるものもありますから、一度試してみる価値はありそうですね。

 また、もう少しお財布に優しく済ますならば、水を車体にかける方法もあります。
ただ、これは車内気温が上がってしまうと意味をなさないので、駐車させてすぐにおこないましょう。また、蒸発してしまうとこれまた無意味。そのため、何時間かおきに繰り返さねければならなく、長時間の駐車には向いていませんね。

走行中に窓を開ける
 なんらかの理由でエアコンが使えなかったり、軽トラなどで元々エアコンが付いていなかったりするときには、大半の人は窓を開けて熱を逃がすでしょう。

 実は、ここにもポイントが。熱を逃がすには全開にする人も多いですが、全開よりも3~4cm(バイザーがある場合には6㎝~7㎝)ほど開け、対向の窓を全開にしましょう。こうすることで、風の通りが良くなり、涼しさを感じられます。

ドアを開け閉めする
 かつて、某裏技紹介のテレビ番組で放送された方法です。
やり方は難しいものではなく、運転席の対角にあるドア(2ドアの場合は助手席側ドア)を大きく開け、運転席側のドアを開閉させるだけ。これを5、6回繰り返すだけで、外気温と同じくらいまで下がります。





 ■ 結局、どの方法が有効なの?
車内温度を下げる方法まとめ
 これまで3つの方法を説明しましたが、手軽さやコストを考えると、三番目のドア開閉がおすすめです。
とはいえ、隣の車との距離が近かったり、バンバンと開け閉めを繰り返すのに抵抗があるといった方には、事前に対策してしまうのも有効な手。例えば、サンシェードなどを使うと、車内の温度上昇を防げます。あるデータでは、30度も気温の上昇を防いだという結果を出してますので、試す価値はありそうですよね。

 また、黒い車は暑く、白い車は涼しいという話もありますが、あれはガセネタ。表面温度こそ黒の方が圧倒的に高くなりますが、車内気温は1、2度程度の差しか生まれません。


豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag: 軽トラック  車内  温度  下げる  方法  対策 
cm 0   tb 0   page top