軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

ワイパーのゴムを交換する方法について 

ワイパーのゴムはどうやって交換すればいいの?
ワイパーゴムの交換手順や金額等まとめ

ワイパー1
 ■ ワイパーのゴムの価格はどれくらい?
ワイパーゴムの価格について
 まずは、ワイパーゴムの料金について見ていきましょう。カーショップやオンラインショップでは、大体一本1,000~1,500円くらいが相場です。

 ディーラーともなると、交換の工賃がかかる場合があり、2,500円~3,000円くらいと見積もると良いでしょう。

 ■ ワイパーゴムの交換方法は?
用意するもの
 バンパーゴムの交換で必要な道具は次のとおりです。

  • 替えのワイパーゴム
  • ペンチ
  • 薄手の軍手やビニール手袋

 ビニール手袋は無くても良いのですが、手が汚れてしまうので、気になる方は用意しておくといいでしょう。

1.古いゴムをとる
 ワイパーのゴムは、一箇所だけストッパーで止まっているだけ。ゴムの部分をブレード(骨)を折らないよう気をつけながら、ストッパーのある方から、ペンチ等で引っ張ります。

 ストッパーが外れたら、手でゴムを引きぬきましょう。

2.取り付ける
 新しいワイパーゴムを取り出し、ストッパーのない方からゆっくりはめ込みます。ブレードが爪を噛んでいるかを確認しながら、先端のストッパー(ロック穴)まではめ込めばOKです。たいていのワイパーはばらけないように金属クリップのようなものが付いていますので、取り外すのを忘れないようにしましょう。

 また、手順を動画で見たい方は、次の映像をご覧ください。


 ■ 季節によって適切なワイパーが変わる?
冬用ワイパーと夏用ワイパーについて
 タイヤなどと同じように、ワイパーも季節によって適したタイプがあります。

 例えば、冬になると雪や凍結によりワイパーが動かなくなります。それを防ぐために、販売されているのが、“冬用ワイパー”。普通のワイパーは片面だけゴムで覆う形ですが、これはブレード部分全体をすっぽりかぶせた形状となっています。また、それだけでなく、低音でも硬くなりにくい柔らかい素材が使われているのも特徴です。

 一方夏になると、冬用のワイパーでは柔らかくなり過ぎるため、夏用にかえた方がいいでしょう。あるメーカーでは、梅雨用に、撥水効果の高いワイパーを販売していますので、タイヤ交換の時期に、一緒に替えてはいかがでしょうか。

豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 軽トラ - janre: 車・バイク

tag:   ワイパー  ゴム  交換  方法  動画  価格 
cm 0   tb 0   page top