軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

【実は違反!】ライトの向きに関する法律や罰金・罰則 

夜間のハイビームやロービームに関する法律とは?
運転中のライトの向きは上向き?下向き?

 ■ ハイビーム・ロービームとは?
夜間運転
夜間走行
 夜に車を運転する場合、基本的にはヘッドライトを点灯させますが、ライトの向きはどうしているでしょうか?

 ほとんどの場合は、ロービーム(下向き)にして走行している事が多いと思いますが、実際のところはこの状態が本当に正しいのでしょうか?

 そこで今回は、夜間運転時のライトの向きに関しての法律についてまとめてみました。
 ■ ハイビーム・ロービームに関する法律やルール
ハイビーム 罰則
罰金・罰則
 さて、そもそも法律ではライトの向きはどのように定められているのかといいますと、道路交通法によると夜間のヘッドライトはハイビーム(上向き)が基本と定められています。

 つまり、ずっとロービームのままで走行しているのは道路交通法違反という事です。

 しかし、それだと対向車が眩しくて迷惑になるのでは?と思うでしょう。

 もちろんこれは、対向車がいない場合の話で、対向車や歩行者がいる時にハイビームにすると、逆に道路交通法違反になってしまいます。

 つまり、対向車や歩行者がいない時はハイビームにして、いる時はロービームにするのが、正しい運転という事です。

●道路交通法

(車両等の灯火)
第五十二条  車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間をいう。以下この条及び第六十三条の九第二項において同じ。)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあつても、同様とする。
2 車両等が、夜間(前項後段の場合を含む。)、他の車両等と行き違う場合又は他の車両等の直後を進行する場合において、他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、車両等の運転者は、政令で定めるところにより、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない。

●道路交通法施行令

第18条 車両等は、法第52条第1項前段の規定により、夜間、道路を通行するとき(高速自動車国道及び自動車専用道路においては前方200メートル、その他の道路においては前方50メートルまで明りように見える程度に照明が行われているトンネルを通行する場合を除く。)は、次の各号に掲げる区分に従い、それぞれ当該各号に定める灯火をつけなければならない。
1.自動車
車両の保安基準に関する規定により設けられる前照灯、車幅灯、尾灯(尾灯が故障している場合においては、これと同等以上の光度を有する赤色の灯火とする。以下この項において同じ。)、番号灯及び室内照明灯(法第27条の乗合自動車に限る。)

(他の車両等と行き違う場合等の灯火の操作)
第20条 法第52条第2項の規定による灯火の操作は、次の各号に掲げる区分に従い、それぞれ当該各号に定める方法によつて行うものとする。
1.車両の保安基準に関する規定に定める走行用前照灯で光度が1万カンデラを超えるものをつけ、車両の保安基準に関する規定に定めるすれ違い用前照灯又は前部霧灯を備える自動車すれ違い用前照灯又は前部霧灯のいずれかをつけて走行用前照灯を消すこと。
2.光度が1万カンデラを超える前照灯をつけている自動車(前号に掲げる自動車を除く。)
前照灯の光度を減じ、又はその照射方向を下向きとすること。

 これに違反する場合は以下の罰則が課せられる事になります。

  • 無灯火…点数1点 反則金6,000円
  • 減光等義務違反…点数1点 反則金6,000円
  • 車間距離不保持…点数1点 反則金6,000円

 また、地方によっては様々なローカルルールなどが存在しますが、上記で説明したとおり、法律でこのように定められているので、注意するようにしてください。
 ■ ハイビームをやめさせるには?
やめさせる
対処方法
 さて、ハイビームとロービームに関する法律については理解出来たと思いますが、対向車や後続車など周りの車両がハイビームのままで眩しい場合はどのように対処すれば良いのでしょうか?

 もし、対向車がハイビームのまま接近してきた時は、パッシングをして相手に知らせてあげましょう。

 後続車がハイビームの場合は、知らせる事が難しいので、車を路肩に寄せて先に追い越してもらいましょう。

 このような後続車のハイビームに対応した防眩ルームミラーをつけるのも効果的です。

 このように、法律で定められてはいるものの、法律自体を理解していなかったり、ロービームにする事を忘れていたりする事もあるので、もしこのような状況に出くわした場合は焦らず、安全に対応するようにしましょう。
豆知識の関連記事

category: 豆知識

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: ハイビーム  ロービーム  違反  罰金  罰則 
cm 0   tb 0   page top