軽トラック情報館|大阪事業所

今年のオススメ、必要な免許・資格、各車種の寸法、豆知識などなど軽トラの情報が満載!軽トラックの事なら軽トラ情報館に何でもおまかせ!!

ルーフキャリアの取り付け方法や工賃など 

車にルーフキャリアを設置する際に掛かる費用は?
ルーフキャリアの取付けに関する情報

 ■ 屋根に荷物を載せたい!
ルーフキャリア フィギュア
ルーフキャリアとは?
 自動車には荷物を載せる事ができるスペースが付いている事がほとんどですが、ルーフキャリアを設置することで車の屋根にも荷台を確保する事ができます。

 ルーフキャリアとは、車の屋根に荷物を載せるための荷台の事で、ハシゴを横にしたような形状をしており、多くの荷物を運びたい時や車内に積むことができない物を運びたい時に活躍する便利なツールです。

 しかし、純正でルーフキャリアが付いている車両は稀で、ほとんどの場合は後付けする必要があります。

 そこで今回は、このルーフキャリアを取付る方法や設置にかかる費用などについてまとめてみました。
 ■ どんな車両にも取り付ける事ができるの?
ルーフキャリア 動物
ベースキャリア
 さて、ルーフキャリアは、オープンカーでなければ、屋根のある車両であれば、軽トラであっても取り付ける事ができます。

 とはいえ、車種によって、屋根の形状が異なるので、取り付ける方法も様々です。
 取り付けるベースとなるベースキャリアには様々な取付方法があり、大きく分けると以下のようなタイプがあります。

  • ルーフオンタイプ(取付部分が付いていない車両)
  • ルーフオンタイプ(純正で取付ポイントがある車両)
  • ルーフレールが付いているタイプ
  • ダイレクトルーフレールが付いているタイプ(ボディと一体型のルーフレールが付いている車両)
  • レインガーターが付いている場合

 それぞれ、製品の形状と取り付け方法が異なりますので、自分の車はどの形状なのか把握しておくようにしましょう。

 では次にそれぞれの取り付け方法について見て行きましょう。
 ■ ルーフキャリアの取り付け方法
ルーフオンタイプ
ルーフオンタイプ(取付部分が付いていない車両)
 さて、ルーフキャリアの取り付けポイントがついていない場合は、屋根とドアが重なり合う部分に引っ掛けるフックが付いているタイプのルーフキャリアを選ぶ事で設置する事が可能です。

 このタイプの詳しい取り付け方に関しては、製品によって異なりますが、以下の動画のように取り付ける事になります。


ルーフオンタイプ
ルーフオンタイプ(純正で取付ポイントがある車両)
 次に、ルーフキャリアの取り付けポイントが純正で備わっている車両の場合は、屋根に溝が入っていたり、蓋があって穴が設置されています。

 その車に適合するタイプの製品を選ぶ必要があるので、注意してください。

 このタイプの詳しい取り付け方に関しては、製品によって異なりますが、以下の動画のように取り付ける事になります。


ルーフレール
ルーフレールが付いているタイプ
 ルーフレールが付いている車両の場合は、ルーフレール自体を挟んで固定し、外側から左右のルーフレールを挟むような感じで設置します。

 このタイプの詳しい取り付け方に関しては、製品によって異なりますが、以下の動画のように取り付ける事になります。


ダイレクトルーフレール
ダイレクトルーフレールが付いているタイプ
 ダイレクトルーフレールは、ルーフレールとボディが一体化している特殊な形状の車両になります。

 一般的なルーフキャリアでは、設置する事が難しく、それぞれの車種に合った製品を選ぶ必要があります。

 取り付け方も難しくなる可能性もあるので、カー用品の専門店などに相談すると良いでしょう。
レインガーター 雨どい
レインガーターが付いている場合
 トヨタハイエースや日産キャラバンといったの商用車などでは、レインガーターが装備されている場合があります。

 レインガーターが取り付けられている車両には、それ専用のレインガーターを挟むように取り付けるタイプのルーフキャリアを選ぶ必要があります。

 稀な構造で取り付け方も難しくなる可能性も考えられますので、カー用品の専門店などに相談すると良いでしょう。
 ■ ルーフキャリアの取り付けにかかる費用
ルーフキャリア荒らし
荷物を載せる際の注意点
 さて、ここまでルーフキャリアの取付方法に関して述べましたが、いかがだったでしょうか?

 基本的に取り付けは自分で行うことができますが、その車種に適合するかどうかは製品によるので、購入前にはきちんと確認しておく事が必要です。

 ルーフキャリア自体の価格は、1万円~5万円くらいで、形状もラック型やボックス型、自転車専用やサーフボード専用、スキー・スノーボード専用の物まであります。

 もし、カー用品店などで依頼する場合は、3,000円~10,000円程度工賃がかかるようです。

 お店によっては、購入後に取り付けサービスを行っている場合もあるんだとか。

 製品自体はいきなりネットなどで購入するのではなく、実店舗で相談した上で、その車に合ったルーフキャリアを選ぶというのが無難そうですね。

 また、ルーフキャリアに荷物を載せる際は、盗難や車上荒らしなどには十分気をつけてくださいね。
改造・パーツの関連記事

category: 改造・パーツ

thread: 自動車全般 - janre: 車・バイク

tag: ルーフキャリア  取り付け  費用  工賃  方法 
cm 0   tb 0   page top